FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

幸福への近道は一燈にある
人はピンチを迎えると、誰もが不安を感じ心が乱しがちになる。

心が乱れると弱気になり迷いが生じる。

人の心は一旦迷いだすと、その弱さゆえ次から次へと迷いの連鎖を起こす。

そして一度病んでしまった心は、なかなか元には戻らない。


江戸時代の儒学者・佐藤一斎が書した『言志四録』に次の言葉がある。

一燈を提(さ)げて暗夜を行く。
暗夜を憂うること勿(なか)れ、只(た)だ一燈を頼め


暗い夜道を歩くときには一張の提灯を下げて行くならば、暗い闇の中でも心配することはない。
ただひたすらに一つの提灯を頼りにすればよい、という意味。


迷った心の闇を照らしてくれるのは、自分が頼りにする僅かな灯りだけ。

窮地にいて冷静な判断のできなくなった者は、慌てふためき進む道を誤る。

窮地にある現在の境遇を嘆き悲しむなことをしていると、救済幻想が心の底で強くなる。

これは、自らの自立心を失うことになり、益々弱気や迷いが増徴し、確実に自滅の方向に進む。


だから救済幻想に頼るよりも提灯の明かりを頼りに、一心不乱に心を注ぐ事が大切なのです。

心を弱くして万に一つも無い妄想に騙され右往左往することなく、きっぱりと迷いを捨て、必ずやり抜くという心で前に進めということです。

そして生きる糧となる書を読んだり良き師に就くことが、人生に迷った時の一筋の光にもなる。


人は苦悩の身になった時、周りのことがずっとよく見えてくる。

そしてその経験が次のプラスの結果に繋がる。

人生は糾(あざな)える繩のように吉区禍福が来るのではなく、まず区がきてその中で自分が必至の思いをして何かを掴んだ時、初めて吉がやってくるように思える。


先人が築いてきた歴史や伝統文化、知恵といったものを置き去りにし、人としての志まで失い人生を過ごしている人も多い。

志は目に見える尺度で図れるものではない。

しかし、目に見える世界の価値判断だけでは、いくら物は豊かであっても私たちは決して幸福を手にすることはできないことを先人は教えている。



「言志四録」心の名言集
「言志四録」心の名言集佐藤 一斎 細川 景一

講談社 2004-09-11
売り上げランキング : 163405


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

仰るとおり、心が乱れて命さえも落としかねない状況はありますよね。
船が座礁して、いきなり海に投げ出された時に、人はパニックを起こして
もがきますが、その心の動揺が過ぎてしまい、交感神経が異常に興奮し
アドレナリンが過剰に排出されてしまい
心筋梗塞を起こすような形で溺れてしまうという話を伺った事があります。
心の動揺を何とか回避し、冷静に落ち着きを取り戻して無駄な動きを止めれば
体は自然に浮いて来ます。よって救助する人にもすぐに発見され、救済される場合もありますね。
きっと窮地に立たされた時は、下手に心を奮起させずに、まずは心を落ち着かせて
冷静にやり過ぎす事が試される時期なのかも知れませんね。

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 仰るとおり、心が乱れて命さえも落としかねない状況はありますよね。
> 船が座礁して、いきなり海に投げ出された時に、人はパニックを起こして
> もがきますが、その心の動揺が過ぎてしまい、交感神経が異常に興奮し
> アドレナリンが過剰に排出されてしまい
> 心筋梗塞を起こすような形で溺れてしまうという話を伺った事があります。
> 心の動揺を何とか回避し、冷静に落ち着きを取り戻して無駄な動きを止めれば
> 体は自然に浮いて来ます。よって救助する人にもすぐに発見され、救済される場合もありますね。
> きっと窮地に立たされた時は、下手に心を奮起させずに、まずは心を落ち着かせて
> 冷静にやり過ぎす事が試される時期なのかも知れませんね。

人間誰しもパニックになる経験をしたことがあると思います。
パニックを起こさなくても、仕事で問題が起き冷静さを欠くような状況も
一度や二度ではないように思いますが、その瞬間は冷静に対処できた試しがありません。
人間の器がまだまだ私は小さいようです。

ではまた、お伺いさせて頂きます!!
>
> 応援凸


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人はピンチを迎えると、誰もが不安を感じ心が乱しがちになる。心が乱れると弱気になり迷いが生じる。人の心は一旦迷いだすと、その弱さゆえ次から次へと迷いの連鎖を起こす。そして一度病んでしまった心は、なかなか元には戻らない。江戸時代の儒学者・佐藤一斎が書した『...
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ