FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

リーダーとは
かつて日本的経営は世界から注目され、戦後の高度成長ともあいまって世界のバイブルとまで評価されていた。

ところがバブルが崩壊し、その後長らく経済停滞が続いた結果、その手法に疑問が持たれるようになった。

日本企業はそれまで築き上げてきたよさを失い、一時的な利益を追求する傾向が強くなる。

利益優先主義を定着させ、株主の権利を過剰に認めるなど、行き過ぎたグローバリズムによって、日本人は不幸になったともいえる。


バブル崩壊後の日本は、まさしく破綻に向けて一直線に走り出しているようにも思える。

政治家や官僚をはじめ、組織の腐敗が顕在化し、企業においてもモラルが低下し、信頼が揺らぎ、昔の栄光は紙の上でしか語ることができない。

自分の不平不満を他人のせいにするのを当然とし、将来展望もなく、目先の金儲けばかりを考える人が多くなり、総じて人間としての器が小さくなっているように思う。


公のことを真剣に考えて自分を捧げようとする人は数えるほどしかいない。

国のリーダーには本来、国家、国民を守るための確固たる人間観、国家観、世界観を備え、国民や他国と高度な駆け引きができる大局観が求められている。

1年も仕事ができないようなリーダーでは、世界観や駆け引きを求めること自他無意味である。


今のように自分勝手な国民の要求を呑んで、際限もなくバラマキ政治を続けていたのでは、国は早かれ遅かれ滅びてしまう。

リーダーとは、非常識で自分勝手な主張ばかりし、国を思う気持ちもない国民を叱りとばし、真の国益へ向かって国民を導いていけるだけの腹の据わった人物でなければならない。

今のこの国のリーダーには、その資質が有るかどうか考えてみたいと思います



人を動かす力―歴史人物に学ぶリーダーの条件 (PHPビジネス新書)
人を動かす力―歴史人物に学ぶリーダーの条件 (PHPビジネス新書)渡部 昇一

PHP研究所 2011-02
売り上げランキング : 173954


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

記事の内容と離れてしまうことをお許し下さい。
私の近所は皆、農家を営まれている方がほとんどなのですが、
それぞれのお宅で採れた野菜や、果実などを私の家にも
おすそわけとして毎年いただくのですが、あるお宅は
市場にも出荷出来ないいわゆるハネモノと呼ばれる果物を
比較的大量にいつも持ってきてくださいます。
そしてまたある農家さんは、市場に出荷する前、最初に採れた
一番美味しい所の野菜をほんの少しで申し訳ありませんが・・と恐縮しながら
持ってきてくれます。
私としてはどちらも有難いいただきものです。
けれど、どちらかと言うと、ほんの僅かでも良いのですが、
相手の為と思って、一番おいしいとおもわれる野菜を持参してくださる
農家さんの気持ちを重視したいと思っています。
傷みかけた果物を大量に消費するまもなく、結局は処分せざる負えない
状況にさせてしまうよりも、少しでも十分心は満たされます。
よくいただきものをして、そのまま、横流しでもするかのように、
調度良い、これをお遣いものにすればいいわ。と他人からいただいたものを
そのまままた他人へ贈る方が居ますが、そこには相手への気持ちが
込められておらず、形式だけ、体裁だけ整えられればそれで良いという
思いだけが伝わってしまいます。ほんの少しでも良い。
身銭を切ったもの、丹精込めて作り上げた一番美味しく出来たものを
相手の為に届けてあげたいという思いを受け取った時は、こちらも
本当に有難い。。という感謝の念が浮かんで来るものです。
相手を思いやる気持ちは、ひいては自分の所へすべて返って来るものです。
そういうほんの小さな思いやりや、相手を思う気持ち。
忘れかけていた日本人としての誇りを今一度思い出してみることが
今後の日本の課題でもあるように思います。

長々と大変失礼致しましたm(_ _)m

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 記事の内容と離れてしまうことをお許し下さい。
> 私の近所は皆、農家を営まれている方がほとんどなのですが、
> それぞれのお宅で採れた野菜や、果実などを私の家にも
> おすそわけとして毎年いただくのですが、あるお宅は
> 市場にも出荷出来ないいわゆるハネモノと呼ばれる果物を
> 比較的大量にいつも持ってきてくださいます。
> そしてまたある農家さんは、市場に出荷する前、最初に採れた
> 一番美味しい所の野菜をほんの少しで申し訳ありませんが・・と恐縮しながら
> 持ってきてくれます。
> 私としてはどちらも有難いいただきものです。
> けれど、どちらかと言うと、ほんの僅かでも良いのですが、
> 相手の為と思って、一番おいしいとおもわれる野菜を持参してくださる
> 農家さんの気持ちを重視したいと思っています。
> 傷みかけた果物を大量に消費するまもなく、結局は処分せざる負えない
> 状況にさせてしまうよりも、少しでも十分心は満たされます。
> よくいただきものをして、そのまま、横流しでもするかのように、
> 調度良い、これをお遣いものにすればいいわ。と他人からいただいたものを
> そのまままた他人へ贈る方が居ますが、そこには相手への気持ちが
> 込められておらず、形式だけ、体裁だけ整えられればそれで良いという
> 思いだけが伝わってしまいます。ほんの少しでも良い。
> 身銭を切ったもの、丹精込めて作り上げた一番美味しく出来たものを
> 相手の為に届けてあげたいという思いを受け取った時は、こちらも
> 本当に有難い。。という感謝の念が浮かんで来るものです。
> 相手を思いやる気持ちは、ひいては自分の所へすべて返って来るものです。
> そういうほんの小さな思いやりや、相手を思う気持ち。
> 忘れかけていた日本人としての誇りを今一度思い出してみることが
> 今後の日本の課題でもあるように思います。
>
> 長々と大変失礼致しましたm(_ _)m

我が妻の実家も農家です。
仰る通り丹精込めて作られたものはどんな形であれ、自然が育てた貴重な
産物であり、その恵みに感謝していただかないといけないと思います。
ものをあげる方の気持ちはとても大事で、貰った方にもその思いは必ず伝わりますね!

やはり相手の気持ちを思えば、取り立ての新鮮なところと思うのが普通です。
また、ハネモノと言っても形や大きさで市場に出せないものでも、相手にさしあげる
時の気持ちに真心がこもっていないと、貰った方も感謝していただくということができなくなりますね!

相手の立場に立ったものの考え方ができない人、自分が良ければ周りはどうでも良いという
行動や言動が多くなった気がします。
この国の人作りがどこかで間違った教育により歪められ、自己中心的な人を生んでしまったのだと思います。
ここで軌道修正しないと、世界からも尊敬される人は生まれてこないように思います。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かつて日本的経営は世界から注目され、戦後の高度成長ともあいまって世界のバイブルとまで評価されていた。ところがバブルが崩壊し、その後長らく経済停滞が続いた結果、その手法に疑問が持たれるようになった。日本企業はそれまで築き上げてきたよさを失い、一時的な利益...
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ