FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

変えられない過去から変えられる未来へ
今年は障害福祉施設で仕事をする機会が増えた。

いろいろな障害を持った方に接したり、その方達を介護したり自立に向けての支援をしている人たちと交流することは、今迄に経験したことのない世界があることを改めて実感している。

そんな環境のなかで心理学という学問も大きな要素を占め、大学時代(ちょっとかじっただけです!)の眠っていた記憶がほんの少し目覚める。


欧米の心理学の巨頭の一人にアルフレヅド・アドラー(1870~1937)という人物がいた。

アドラーは約140年前、オーストリアのウイーン郊外で生まれている。

子供の頃からくる病などを患い劣等感に悩みながらも精神科医となり、1901年からは精神分析の開祖ともいえるジークムント・フロイト(1856~1939)とともに共同研究に取り組むが、考え方の違いから約10年後に決別している。

以来、フロイトとは正反対の理論を構築し、その理論は「個人心理学」と呼ばれ、アメリカを中心に大きな広まりを見せた。


アドラーは市井(しせい)の精神科医であり心理学者であった。

そして、アドラー心理学は未来志向型といわれている。

大学の研究室に籠もって学問を究めるのをよしとせず、積極的に教育現場に足を運び、教師や子供たちの声に耳を傾ける。

世界で初めてとなる児童相談所を開設したり、健常者の心理的・教育的支援に従事している。


アドラーは従来の心理学とは異なり一人の人間を細かい要素に分けて考えず、一人の人間全体が、備えられた機能を伴って目的に向かって行動していると考えた。

そのアドラー心理学の根幹となる理論の一つに「目的論」がある。

人間の行動には必ず目的があるという考え。


それまでの心理学は、人間の行動の原因を探り、人間を要素に分けて考え、環境の影響を免れることができない、と捉えてきた。

しかし、アドラーは環境的な要因を認めつつも、それを変革するのは本人次第であり、本人が未来に向かっていかに主体的に目標を設定していくかに重点を置いた。

視点を180度転換し、新たな風を吹き込み、人間は死ぬ一日、二日前までは性格を変えることができると語っていた。

大切なことは、変えられない過去(原因)に目を奪われるのではなく、これから何に向かって努力していくか(目標)を考えることなのです。



アドラー心理学 シンプルな幸福論 (ベスト新書)
アドラー心理学 シンプルな幸福論 (ベスト新書)岸見 一郎

ベストセラーズ 2010-04-09
売り上げランキング : 69111


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

仰るとおり、亡くなる数日前にそれまで頑固一筋で
人に頭さえ下げたことが無かった人物が、人が変わったように
急に笑顔を見せて、今までありがとう、色々とすまなかったと
家族にお礼を言いながら、亡くなっていった人の話を伺った事が
何度かありましたが、人はそれまでの自分の性格、考えを
悔い改めて変える事が出来るんだと思いますね。

応援凸
No title
障がいを持った人も誰かに必要とされながら、人生の目標があるから生きていける。未来があるからこそ生きていける。と・・・東田直樹さんもよく言葉にしています。

障がいがあるないに関わらず、人が生まれながらに持つ役割を見出すことができるかどうかで進む道が見えてくるのでしょうね。

ニックさんのいつもの教えが色々なことに繋がり、心に響きます。
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 仰るとおり、亡くなる数日前にそれまで頑固一筋で
> 人に頭さえ下げたことが無かった人物が、人が変わったように
> 急に笑顔を見せて、今までありがとう、色々とすまなかったと
> 家族にお礼を言いながら、亡くなっていった人の話を伺った事が
> 何度かありましたが、人はそれまでの自分の性格、考えを
> 悔い改めて変える事が出来るんだと思いますね。

人は努力して自分を変えようと思うか思わないかによって、
人生の最後の瞬間も大きく変わっていくようです。
死ぬまで努力を積むことで人生は大きく変わります。
人生も折り返しを過ぎ終盤に来ると、自分の人生を振り返り、
これから先、世のため人のため何かをしなければと思うこの頃です。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
Re: No title
こまり@さん、こんばんは ♪

コメント有難うございます。

> 障がいを持った人も誰かに必要とされながら、人生の目標があるから生きていける。未来があるからこそ生きていける。と・・・東田直樹さんもよく言葉にしています。
>
> 障がいがあるないに関わらず、人が生まれながらに持つ役割を見出すことができるかどうかで進む道が見えてくるのでしょうね。
>
> ニックさんのいつもの教えが色々なことに繋がり、心に響きます。

人はこの世に使命を持って命を授かってきています。
意味のない命など一つもないし、どの命も大切であり尊いものです。
命も縁なくしては生まれてはこないし、人生も縁なくして道は拓けません。
その縁は自身の足元にあり、その足元から未来も開けていくのだと思います。

ではまた、お邪魔いたします!!

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ