FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

人生の長短は自分次第

われわれは短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。
人生は十分に長く、その全体が有効に費(ついや)されるならば、最も偉大なことをも完成できるほど豊富に与えられている。
けれども放蕩(ほうとう)や怠惰(たいだ)のなかに消えてなくなるとか、どんな善いことのためにも使われないならば、結局最後になって否応(いやおう)なしに気付かされることは、今まで消え去っているとは思わなかった人生が最早すでに過ぎ去っていることである。
全くそのとおりである。
われわれは短い人生を受けているのではなく、われわれがそれを短くしているのである。
われわれは人生に不足しているのではなく濫費(らんぴ)しているのである。

中略

何ゆえにわれわれは自然に対して不平を言うのか。自然は好意をもって振舞ってくれている。
人生は使い方を知れば長い。
だが世の中には飽くことを知らない貧欲に捕われている者もいれば、無駄な苦労をしながら厄介(やっかい)な骨折り仕事に捕われている者もある。
酒びたりになっている者もあれば、怠けぼけしている者もある。
他人の意見に絶えず左右される野心に引きずられて、疲れ果てている者もあれば、商売でしゃにむに儲(もう)けたい一心から、国という国、海という海の至るところを利欲の夢に駆り立てられている者もある。
                               『人生の短さについて』― セネカ ― 



人生は短いのではなく、我々自身が短くしているのだという。

いつまでも命は長らえるものでもなく、本当にやりたいことがあったら即刻日常を絶ち切って自分の道を進めと。

これが終わったらこの後で、連休に計画を立てて、定年になったその後で・・・・

いまこの現実の中で思っている本当のことをやらなくして、無駄なことに時間を浪費しているのならば、いま即刻本当のことをやりなさいとセネカは言っている。


人の命も、企業も、社会から必要とされなければこの世から消えていく定め。

あれこれと無駄に悩んでいることや、地位や名誉への欲やプライドが無意味だと言うことを教えている。

本来無一物、生まれた時も死ぬ時も裸。

何も身にまとわず、肩にしょうものがなければ、人にはそこに強さが宿る。

何もなければ生きている全てのことに感謝が生まれ、人にも好かれる。

日常の小さな楽しみや喜びに幸せがあると思えるかどうかで、人生の長短は決まるのではないかと思うのです。



人生の短さについて
人生の短さについてセネカ 浦谷 計子

PHP研究所 2009-02-21
売り上げランキング : 157025


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。

 
スポンサーサイト



テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

>何も身にまとわず、肩にしょうものがなければ、人にはそこに強さが宿る。

この一文で、思い出した事があります。
人間の体というのは実によく出来ているものだなと、思った事があるのですが、
中年以降、どうしてもお腹が出てきてしまう現象は、多かれ少なかれ
誰にでもあることですが、
では、どうしてお腹が出来てきてしまうのか・・・。
中年以降になると筋力も次第に衰えてくるので、当然お腹の筋力も弱くなります。
お腹には人間の体の中では大切な内臓が収まっているので、特にその部分は
外部から手厚く守らなければいけません。
本来、筋肉が付いていて、内臓を支えていくだけの力があれば文句はありませんが、
それが無くなってくると、体は防御手段として、脂肪層を厚くして内臓を守ろうと
します。中年以降、運動をする機会が次第になくなってくると、筋肉の代わりに
脂肪を必死に溜めて、体を守ろうとする体自身の働きには
感謝したいとは思いますが、やはり努力して筋肉を付けていった方が
見栄えは断然良くなりますよね(^^ゞ

すみません。ニックさんが人間のメンタル面の大切さを説いてくださっているのに、
身体的な話にすり替えてしまったことにお詫び申し上げます。
もちろん、今日のお話は、私にとってとても為になるお話でした。
思い立ったが吉日。
今日も一日、頑張って行きたいと思います。
いつもありがとうございますm(_ _)m

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。
一日遅れのコメントになってしまい、申し訳ありません!

> おはようございます!
>
> >何も身にまとわず、肩にしょうものがなければ、人にはそこに強さが宿る。
>
> この一文で、思い出した事があります。
> 人間の体というのは実によく出来ているものだなと、思った事があるのですが、
> 中年以降、どうしてもお腹が出てきてしまう現象は、多かれ少なかれ
> 誰にでもあることですが、
> では、どうしてお腹が出来てきてしまうのか・・・。
> 中年以降になると筋力も次第に衰えてくるので、当然お腹の筋力も弱くなります。
> お腹には人間の体の中では大切な内臓が収まっているので、特にその部分は
> 外部から手厚く守らなければいけません。
> 本来、筋肉が付いていて、内臓を支えていくだけの力があれば文句はありませんが、
> それが無くなってくると、体は防御手段として、脂肪層を厚くして内臓を守ろうと
> します。中年以降、運動をする機会が次第になくなってくると、筋肉の代わりに
> 脂肪を必死に溜めて、体を守ろうとする体自身の働きには
> 感謝したいとは思いますが、やはり努力して筋肉を付けていった方が
> 見栄えは断然良くなりますよね(^^ゞ

知りませんでした。
人間の体には意味があって変化していくものだと改めて感じました。
しかし、これからの季節薄着になる時期なので、お腹だけでもひっこめたいものですね!
運動不足や暴飲暴食など分かっているのですが、なかなか直すことができない、この意志の
弱さ、今年はどうにかしないと・・・・
>
> すみません。ニックさんが人間のメンタル面の大切さを説いてくださっているのに、
> 身体的な話にすり替えてしまったことにお詫び申し上げます。
> もちろん、今日のお話は、私にとってとても為になるお話でした。
> 思い立ったが吉日。
> 今日も一日、頑張って行きたいと思います。
> いつもありがとうございますm(_ _)m

いえいえどういたしまして、ためになるお話が聞けて感謝しています。
一つの話題を別の観点から話してみることは、とても重要なことだと思います。
そして、そういう話を文章にできるぴーちさんの才能にも脱帽です。
そこに人としての厚みや深さができ、魅力ある人になるのだと思います。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

われわれは短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。 人生は十分に長く、その全体が有効に費(ついや)されるならば、最も偉大なことをも完成できるほど豊富に与えられている。 けれども放蕩(ほうとう)や怠惰(たいだ)のなかに消えてなく...
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ