FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

夢の扉の奥にある志
人生の目的意識を形にする時に、多くの人は「夢」という言葉をつかう。

しかし、偉業を成し遂げた人は「志」という言葉を使って自分の夢を実現している。

夢と志ではイメージに大きな違いが有るように思う。

それは具体的にどんな夢を見るのか、何を志すのかという中身の問題ではなく、むしろそれを目的として意識している自己の姿勢や佇(たたず)まいに違いが生じてくるのではないでしょうか。


言葉には、ある種の厳しさや力強さが人物の姿勢や構えとして表現されていく。

その力強さや厳しさはただひたすら外に向かっていくエネルギーではなく、その目的に向かおうとする自分が何者なのか、どうあるべきなのかという、むしろ自らに向けた問いの厳しさであるといえる。

夢を持つことは素晴らしい。

しかしその夢が、自分の志であると言えるかどうか?

内に秘めたる志とは、冬の間にじっと耐えて生気を蓄えることや、欲の穴を塞ぎ、志を磨いたりすることを求めているのだと思うのです。


(や)むを得ざるに薄(せま)りて、而(しか)る後に諸(これ)を外に発する者は花なり
                                           ―『言志録』より―

花が花開くのは、人に見せるためではない。

誰かに見せるために花開くのではなくて、命を得て、花を開かせる時期に花を開かせるのである。


自分の心の中から湧き上がるもの、これが志であり、これがあるかないか?

そしてその志とは「古今第一等の人物」になろうとすることである、と佐藤一斎はいう。

現代のみならず、過去のどんな人物にも引けを取らない究極のナンバーワンを志せと一斎は説いた。


ナンバーワンを目指すという志の果てに実現するもの、つかまえられるものとは、自分が他の誰でもない自分としてあることの尊さであり、自分をオンリーワンであると自覚できる瞬間なのです。

本当の勝負とは、単に他者を蹴落としたり、相対比較で優位に立つことを目的にするものではない。

真の意味で勝つためには、自分自身や己の欲に克つということがなければ、相手に勝つことはできない。

相手に勝つためには、自分自身の心や技術を磨くという、孤独な努力が絶対不可欠なのです。


生気を湧き出させる契機として、向かい合う他者を凌(しの)いだり、困難や障害に立ち向かう、そして究極的には自己自身に打ち克つんだという気構えが要求されている。

そしてそういう心を、人間は一つの種として誰もが持っているはずだと思うのです。



人が動くリーダーの座標―佐藤一齋『言志四録』に学ぶ
人が動くリーダーの座標―佐藤一齋『言志四録』に学ぶ新井 恵理

グラフ社 2006-03
売り上げランキング : 479500


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

確かに「夢」を抱くのは良いとは思いますが、私のイメージ的には
やはり「夢」とは空をつかむような漠然とした印象があります。
人の夢と書いて、儚いと読むと言われるように、
夢だけでは、儚く消え去ってしまう事が多いのかも知れません。
そこには確固たる意志の強さがこもっていないようにも思います。

そうですね。他者と競いあってナンバーワンを目指しても
確かに一刻は、頂点に立てたとしても、夢同様、脆くも直ぐに足を掬われたり
自らが崩れてしまったりと、非常に不安定な状況を強いられますものね。
その点、オンリーワンは、その人物にしか出来ない事を身に付けるので
周りの状況がどんなに変化しようと、慌てふためく事なく、
いつでもどんな時にでも、活躍し続ける事が出来る訳ですものね^^

戦々恐々とした人生を歩むよりも、堂々とした精神的にも安定した人生を
歩んでいく事を選択した方がより人間らしい生き方に通じるのかも知れませんね!


応援凸
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
秘コメさん、こんばんは ♪

ひとまずは安心しました。
気苦労からの疲れがどっとでる時期です。
ゆっくり休んで、マイペースで行きましょう!

ではまた、お邪魔いたします!!
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

> おはようございます!
>
> 確かに「夢」を抱くのは良いとは思いますが、私のイメージ的には
> やはり「夢」とは空をつかむような漠然とした印象があります。
> 人の夢と書いて、儚いと読むと言われるように、
> 夢だけでは、儚く消え去ってしまう事が多いのかも知れません。
> そこには確固たる意志の強さがこもっていないようにも思います。

人生を有意義なものにするためには、強い意志とぶれない信念が大事です。
その信念を支える一つに志があり、志が強いほど夢も実現するようです。
>
> そうですね。他者と競いあってナンバーワンを目指しても
> 確かに一刻は、頂点に立てたとしても、夢同様、脆くも直ぐに足を掬われたり
> 自らが崩れてしまったりと、非常に不安定な状況を強いられますものね。
> その点、オンリーワンは、その人物にしか出来ない事を身に付けるので
> 周りの状況がどんなに変化しようと、慌てふためく事なく、
> いつでもどんな時にでも、活躍し続ける事が出来る訳ですものね^^

オンリーワンになる為には、人と争わず、競わずコツコツと己の道を
どんな時でも飽きることなく進んでいかなくてはならない。
そして、それに耐えて生き抜く姿勢に、人は心を打たれる。
>
> 戦々恐々とした人生を歩むよりも、堂々とした精神的にも安定した人生を
> 歩んでいく事を選択した方がより人間らしい生き方に通じるのかも知れませんね!

苦難を乗り越えた数だけ人に優しくなれるといいます。
人生とは案外単純なもので、人が難しくさせているだけのような気がします。
>
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ