FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

道をひらくのも閉ざすのも自分
松下電器の創設者である松下幸之助の発想の特徴は、たとえマイナスと捉える事情でもすべてプラスに捉えているところにある。

松下幸之助は自分が成功した理由を、学歴がなかったこと、病弱だったこと、家が貧しかったこと、と言っていた。


松下幸之助は晩年、生活の拠点を京都の真々庵(しんしんあん)に移し、その庭園につくった神社に自筆の「根源」という木札を納め、毎朝祈りを捧げていた。

その祈りとは、「生かされてありがたい」「素直でありたい」この二つだった。

松下幸之助は死ぬまで「素直でありたい」と言い続けていた。

それは人様に対して素直でありたいと言うことだけでなく、万物を生成発展させる宇宙根源の力に対しても素直でありたいと祈り続けていたようです。


宇宙根源の力はすべてを生かそうと働いている。

その力に素直に従えば万事うまくいくようになっている。

松下幸之助は些事(さじ)をゆるがせにしない人でしたが、大局的には「物事はうまくいかないはずはない」と大きく楽観していたという。

だからこそ、自らの身に降りかかったことのすべてを「天から与えられたもの」と受け止め、生かそうとしたのである。


逆境も苦難も、必ず次の発展へとつながる。

だから自分の努力で乗り越えようとするのではなく、この逆境をどう生かそうかという視点で捉える。

物事すべてを生かすには、嘆いてもどうにもならんことは、受け入れることで道はひらけてくる。

なぜこんなことになったのだろう、どうしてこんな目に遭うのだろうと嘆いているうちは、拒絶しているから生かすことはできない。


困っても、何か道があるはずだと思うところから道はひらける。

そして道は無限にあり、その道をひらくのも閉ざすのも自分の受け止め方次第。

断崖絶壁と思うような苦境にあったとしても、必ず道はひらける。

終生世のため人のためと考えて生き抜いた松下幸之助が、逆境の時の生き筋を指し示してくれているような気がする。



道をひらく
道をひらく松下 幸之助

PHP研究所 1968-05
売り上げランキング : 510


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

貧乏バンザイ
おはようございます!

何故か偉業を成し遂げた人物の生い立ちは貧しさが
原動力になって、それをバネにし大きく飛躍していくお話が、
多く聞かれますが
違う解釈をさせていただくと、その人の人生は
最初の地点から試されているのでは無いかと思います。
スタート地点で貧乏との戦いは、ある意味、幸福では無いでしょうか。
生まれ持って、目が不自由であれば、それが当たり前の人生だと
生き抜くことが出来ても、それまで与えられていた光りがある日を堺に
突然失われる事になる悲劇を味わうとなると、その精神的なショックは
計り知れません。いきなり不自由な生活を突き付けられて、そこから
大きく転換せざる負えなくなる負担を考えると、スタート地点が不自由で
ある方が、その後の人生を創作しやすいのでは無いでしょうか。
何事も人生の始めの頃に困難を経験することが出来る人生の方が、
恵まれているのではないかと思いますし、それを有りのままに受け止め、人生を大きく
変えていきたいと願ったものだけがいつのまにやら気づくと人よりも
大きく成長しているものなのだと思います。

応援凸
Re: 貧乏バンザイ
ぴーちさん、こんにちは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 何故か偉業を成し遂げた人物の生い立ちは貧しさが
> 原動力になって、それをバネにし大きく飛躍していくお話が、
> 多く聞かれますが
> 違う解釈をさせていただくと、その人の人生は
> 最初の地点から試されているのでは無いかと思います。
> スタート地点で貧乏との戦いは、ある意味、幸福では無いでしょうか。
> 生まれ持って、目が不自由であれば、それが当たり前の人生だと
> 生き抜くことが出来ても、それまで与えられていた光りがある日を堺に
> 突然失われる事になる悲劇を味わうとなると、その精神的なショックは
> 計り知れません。いきなり不自由な生活を突き付けられて、そこから
> 大きく転換せざる負えなくなる負担を考えると、スタート地点が不自由で
> ある方が、その後の人生を創作しやすいのでは無いでしょうか。
> 何事も人生の始めの頃に困難を経験することが出来る人生の方が、
> 恵まれているのではないかと思いますし、それを有りのままに受け止め、人生を大きく
> 変えていきたいと願ったものだけがいつのまにやら気づくと人よりも
> 大きく成長しているものなのだと思います。

「貧乏バンザイ」このタイトル★10個です。
お金はなくてはならないものですが、お金だけの人生では
人間の真の幸福を味わうことはできないようです。
貯めるばかりで世の中に還元しないお金は、死んだお金です。

日々おこる出来事や身に降りかかる苦難は、起こるべくして起こる自然の摂理と同様、
人間が試されていることであり、その時、一所懸命取り組む姿勢で自らの人生を切り拓く
ところに人としての生き方の本質があると思います。
お金のない貧乏よりも、心が貧乏にならない人生を歩みたいと切に願っています。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ