FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

運命に耐えて生きること
私たちは人生でいろいろな現実に直面しながら「駄目だ駄目だ」「こうしなきゃ」と言って人や自分を責め裁いたり、現実を素直に受け入れられなかったりすることが多くある。

そして、それが苦しみのもとになっている。

しかし、起こってくる一つひとつの出来事には、よい面も悪い面もあって、たとえいまは美しいとは思えなくても、そこに何か意味があることを信じて生きることが大事だという。


「運命は苛酷だが、摂理は温かい」という言葉がある。

現実がどれほど苦しくても、神様は大きな摂理の中で一人ひとりを大事している。

自分の考えが絶対ではないということ、非連続の連続こそ人生だと信じ続け、いいことと悪いとは常にセットだという考えで歩んでいく。


病気であっても、それを受け止めて耐える人と、自暴自棄になって逃げ出す人とでは、その後の人生の価値と意味は全く違ってくる。

つまり苦悩から逃げて、刹那(せつな)的な生き方を選んでしまう人は、自分の人生の価値と意味をそこで捨ててしまうことになる。


自分の運命に耐えることは、何かの行為をすること以上に価値がある。

苦悩してこそ人は自らの内面を探究するようになり、優しくて人に安心感を与える人になれるのです。

大切なのは、自分が置かれた環境にどれだけ大きな意義を見出すかということなのかもしれない。


「この時が幸せだった」というよりも、一日一日を精一杯生きて、そこに充実感や喜びのようなものを得てきたような思いを共有する人生でありたいと願う。

端から見たら小さなことかもしれないけれど、いま目の前にあることを、やれる範囲で精一杯やっていく。

その積み重ねが達成感を生み、天から賜ったその人の生を輝かせる。

幸せというのは、それに尽きるのかもしれない。


人は往々にして、何かいい出来事が起きたから幸せと思う。

しかしそうではない。

目の前に起こる出来事をしみじみと味わうというような、当たり前の日常の中に幸せはあるものなのです。

一所懸命生きるとは、演技でなく自分に正直に生きること。

何事も本気で一所懸命やったら過去を捨てて未来に羽ばたくことができる。

逆に演技をしながら後ろ向きに生きていると、その結末は不幸になるだけ。


人は年を取ると、自分の弱さを受け入れながらだんだん正直に生きられるようになるという。

私もその境地にだんだん近づきつつあるのかも知れないと最近思う。

何事にも挑戦しながら諦めない自己の確立を目指して、日々精進していきたいと、決意を新たにした日となりました。



運命を拓く 天風瞑想録
運命を拓く 天風瞑想録中村 天風

講談社 1994-01-20
売り上げランキング : 40602


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

仰るとおり、苦労から逃げてばかりいては、優しい人になれないというのは
本当だと思います。自分は優しい人間かは自分ではよくは分かりませんが、
私も子供たちには、若い時の苦労は買ってでもしろという思いを常に
発信しています。息子はもろに歯向かって来ますが、もがいても、苦しんでも
今ならまだ間に合うと信じて見守る事にしています。
全ては子供の為に親は盾になったり、鬼になったり・・(笑)
親にならないと判らないこともようやく知ることが出来ました^^
まだまだこれから、人としてのひと通りの苦労を経験するまでは
頑張らなければいけないと思います^^

応援凸
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
秘コメさんこんばんは ♪

コメント有難うございます。

桜の開花とともに新学期が始まりましたね!
わが家でも、また大学4年になる息子の弁当作りが始まるようです。
今日は暖かいというより熱くて、車では冷房をONにして移動していました。
桜もだいぶ咲きましたね!

ではまた、お邪魔いたします!!
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 仰るとおり、苦労から逃げてばかりいては、優しい人になれないというのは
> 本当だと思います。自分は優しい人間かは自分ではよくは分かりませんが、
> 私も子供たちには、若い時の苦労は買ってでもしろという思いを常に
> 発信しています。息子はもろに歯向かって来ますが、もがいても、苦しんでも
> 今ならまだ間に合うと信じて見守る事にしています。
> 全ては子供の為に親は盾になったり、鬼になったり・・(笑)
> 親にならないと判らないこともようやく知ることが出来ました^^
> まだまだこれから、人としてのひと通りの苦労を経験するまでは
> 頑張らなければいけないと思います^^

自分が辛い経験をすると、人の辛さや痛みが分かる分だけ優しくなれるようです。
しかし、最近は人の嫌がることを平気でする人がいます。
独占欲と自己顕示欲が強く、上司には媚びへつらう反面、下位の者には自分の鬱憤の
はけ口であるかのような態度をとる。
どうにもならないような人が増えたことに、ちょっとびっくりしています。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
Re: No title
秘コメさん、こんばんは ♪

コメント有難うございます。

外で仕事のストレスを抱えて帰ってきたところで、身近な人からの
きつい一言は誰でもカチンとくるものです。
わが家でも孫の世話をやく祖母に対して、息子がキレている時があります。
そんなとき、私も母にかまわずそっとしとくようにといいます。

親子であっても、それなりの距離を保つことも家族としてのルールだと思います。
唯一、疲れを癒せる場所がわが家であり、わが家でストレスが溜まるような行為は
してはいけません!

ではまた、お邪魔いたします!!
Re: No title
秘コメさん、こんばんは ♪

コメント有難うございます。
拙いブログに温かいコメントをいただき有難うございます。
人生は苦難の連続であり、それを一つ一つ乗り越えるうちに
かすかな希望が見え、進むべき道が開けて行くようです。

有りにままのあなたで良いと思います。
泣いて笑って落ち込んで、それが人間の姿です。
私もあなたの人生、応援させてください。

ではまた、お邪魔させてください!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ