FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

日々雑感 - トップの自覚 -
この時期何かと飲む機会が増えている。

年末の忘年会シーズンではあちこちから誘われ、当然のごとくお酒の消費量と反比例し財布の中身は減っていきます。

3月という月は移動や退職をする人が増えるため、年末に引けを取らず送別会と称して飲む機会が増えた。


企業の中では企業の活性化をはかる目的とやらで組織の再編や、役付の昇格降格といった人事での移動はつきもので、また定年で退職する人もいる。

退職の理由は様々であるが、退職率の高い企業や部署は内部に問題があることが多い。

特に人間関係では、パワー・ハラスメントやモラル・ハラスメントといった行為を感じて退職して行く人は意外に多い。

自分に合った仕事などない。

たまたま巡り合った仕事を、自分に合うように努力して変えていく。

毎日努力することで、気が付いたらその仕事が天職になっていた、という話は珍しくない。


しかし、どうにもならない職場や企業もある。

社員のモラルの低下が職場の規律を乱し、まともで良い人と言われる人が辞めていき、モラルのない社員が残って行く。

職場のトップや企業のトップがその事に無関心でいると、その企業の未来はない。


企業は組織の集団であり、組織は人の集まりである。

その人を束ねるリーダーの器量いかんで、人としての道にそむかない社員ができあがるのです。

腐った黒い一粒の豆があるだけで、その納豆はあっという間に黒く変わっていく。

組織もそれと同じで、間違った行いを正さない時間が長ければ長いほど、黒く変色した豆の粒は蔓延していきます。


誰もが希望に胸を膨らませ、一度はその企業の門をくぐる。

その希望に満ちた人も入社半年の間に、仕事に対するモチベーションを下げ、50%以上が辞職を意識しながら働いているという。

3ヶ月、1年、3年と勤め上げていくと、その仕事が見えてくるという。

希望が持てる企業になること、働くことで人としての人格を育てること、そして法人たる企業の人格もゆるぎないものにして行く責務は、トップ次第であるということを自覚する時期でもあると思うのです。



チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ! (はじめて読むドラッカー (マネジメント編))
チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ! (はじめて読むドラッカー (マネジメント編))P・F. ドラッカー Peter F. Drucker 上田 惇生

ダイヤモンド社 2000-09
売り上げランキング : 3811


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

仰るとおり、上に立つものの器量次第でその組織の行く末も
決まっていくと思います。
我が息子の大学の教授の態度を息子からたまに聞くと
抗議に値する様な言葉を投げかけている教授もいて
疑問に思うことが多々あります。学内では勿論アカハラを
訴える機関もあるようですが、誰もイチイチ逆らう生徒も居ないようで
余計に教授の態度を助長しているのかも知れません。
それはきっと4年間限定のお付き合いだから我慢しよう・・・という思いが
あるためなのかも知れませんが、企業はたった4年間では済まされませんものね。
その先、何十年間のお世話になるやもしれない場所でのパワハラは
お先真っ暗な状態だと思います。
もっとも、その教授の言い分は、
企業へ就職すれば、上司からのパワハラや、理不尽な事で悩まされる事が
多いので、今のうちに免疫を少しでも付けさせておくために
自分は厳しく対応しているだけだと言うそうですが、
そのことを大義名分にして、自分のストレスを学生にぶつけているだけ・・・
では無いことを祈るばかりです。

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 仰るとおり、上に立つものの器量次第でその組織の行く末も
> 決まっていくと思います。
> 我が息子の大学の教授の態度を息子からたまに聞くと
> 抗議に値する様な言葉を投げかけている教授もいて
> 疑問に思うことが多々あります。学内では勿論アカハラを
> 訴える機関もあるようですが、誰もイチイチ逆らう生徒も居ないようで
> 余計に教授の態度を助長しているのかも知れません。
> それはきっと4年間限定のお付き合いだから我慢しよう・・・という思いが
> あるためなのかも知れませんが、企業はたった4年間では済まされませんものね。
> その先、何十年間のお世話になるやもしれない場所でのパワハラは
> お先真っ暗な状態だと思います。
> もっとも、その教授の言い分は、
> 企業へ就職すれば、上司からのパワハラや、理不尽な事で悩まされる事が
> 多いので、今のうちに免疫を少しでも付けさせておくために
> 自分は厳しく対応しているだけだと言うそうですが、
> そのことを大義名分にして、自分のストレスを学生にぶつけているだけ・・・
> では無いことを祈るばかりです。

往々にして、自分を自慢し自分が一番偉いと錯覚している人がいます。
そういう人にかぎって、○○のためにと恩着せがましく自分の感情を
そのままぶつけている。
役職や地位を持たされると、どうも勘違いし、自分は偉いと錯覚してしまう。
大した仕事もできず、さりとて教えることができるほどの知識もなく、
人前で威張ることしかできない。

そんな人が確かに増えましたね!
今までの教育のあり方が、このような人を育ててしまったのだと思います。
利己主義で、自分勝手、人に迷惑をかけていることも分からない人が
組織をだめにしていくのだと思います。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ