FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

悔しさをのりこえて ES2
自宅から病院までは、雨の土曜日ともなると到る所で渋滞に捕まり、1時間半で行くところが2時間ちょい掛かってしまった。

夕方5時に市民病院に着き、総合受付で救命救急の場所を聞き、息子と付き添ってくれた先輩に会うことができました。

2ラウンドの途中で相手のパンチが口の辺りに当たり、歯で唇の下が切れ、傷口は口が開くほどの亀裂で出血もひどく病院の手当てが必要と判断されたようです。

梅の花2
付き添いの先輩が申し訳なさそうに「すいません。怪我をさせてしまい申し訳ありません。相手が強くパンチの当たったところが悪く唇の下の一部が貫通するほど切れてしまいました」と、説明を受けた。

ヘッドガードやマウスピースをつけていても、縫うほどの怪我にあってしまうことにちょっと驚く。


唇の下にガーゼを充てがわれた息子は、縫合も終わり麻酔が効いているらしく、さほどの痛みもないようでした。

唇の下、外側10針、内側4針縫ったと聞いてさらに驚く。

「親父、傷の跡が少し残るみたいだ」という息子に、「大学時代の男の勲章だと思えば、それもまたいい思い出になるよ」と返す。


帰りの車では、切れていく麻酔に変わって痛みも増し、コンビニで飲料水を買って、病院から渡された痛み止めを飲みながら試合の悔しさを語る息子。

試合途中でレフリーになぜ止められたのか分からないほど、良い試合だったようです。

勝ちたかった気持ちと悔しさが伝わり、何とも掛ける言葉もなく、無言の針が2分3分と・・・

「いつから練習できるのかな?」

最後の試合に掛ける息子に、「一週間もすれば練習できるさ・・・最後は頑張ろうな!」とエールを送る。


今日18日も後輩の試合のため、腫れた唇をマスクで覆い主将としての務めを果たしに出掛けた。

4月最後の試合は是非勝たせてやりたいと、出掛ける息子の背中を見ながら願っていました。

母や愛妻からは、息子の体を心配し「最後の試合は止めた方が・・・・・」と言われていたが、「最後まで主将として頑張るように」と、親父は息子の見方に回った。

泣き言や弱音を吐かない息子が、大学時代の人生のひとコマに懸けた思いを貫き通すには、親父が盾になり応援するしかない。

応援できる息子になってくれたことに感謝です!!



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

ニックさんのお気持ち、親としてのご心情が私にもよく判ります。
父親が盾とならなければ・・そうなんですよね。
ニックさんのお子さんは、家族に甘えること無くしっかりと自分の足で
立っていこうと頑張れるお子さんの様ですが、やはり、家族が甘やかしてしまうと、
どうしても楽な方へ流されてしまいがちですものね。
人間誰しもそうですが、そこであえて父親が「また頑張ってみろ!」と背中を
押す役目というのは子供にとってはありがたい存在だと思いますし、
その言葉に促されて、また頑張れるのだと思いますね。

私の近所の方の話ですが、息子さん3人に恵まれ、長男さんが社会人に
なられた時に、体の不調の為に会社を休んだ際に、そのお父様は
「男はいちいち、お腹が痛いだのなんだのと言う理由で仕事を休むな!」と
一喝したという話を耳にした時に、父親とは凄い存在だなと
改めて思ったものでした。
私も今、息子に対しては、きびしい母親だと思われているかも知れませんが、
子供の盾に成ることも親の役目と言い聞かせ、心では心配し、口では憎まれ口を
ききながら、成長を見守りたいと思っています。

それにしても、格闘技はやはり凄まじいですね・・
ボクシングは映画などで何度も観賞させていただいたり
しますが、流血したり、歯が折れたり、耳が打たれすぎて変形したりと
激しい打撃がつきものの様ですが、それでも相手に立ち向かっていく
精神は本当に感動を覚えます。相手との戦いでありながら、自分への挑戦でも
あり続けるのでしょうね。
息子さん、今回はかなり深手を負ってしまわれた様ですが、一刻も早く回復なされますように・・・・
お大事になさってください。

応援凸
No title
こんにちは。

息子さん!お疲れ様でした!!!
とても熱い試合になったのですね。
怪我・・・大変でしたね。でも、次をしっかり見据えている息子さんの姿勢、
素敵だな。と、思いました。
父親として、後押しする、ニックさんの姿も・・・(^-^*)
息子さんにとっては、とても心強く、そして父の大きな包容力と
その、存在を強く感じたことでしょうね。とても良い関係ですね。

お怪我、お大事に。
最後の試合も頑張ってください!
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつも心に響くコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> ニックさんのお気持ち、親としてのご心情が私にもよく判ります。
> 父親が盾とならなければ・・そうなんですよね。
> ニックさんのお子さんは、家族に甘えること無くしっかりと自分の足で
> 立っていこうと頑張れるお子さんの様ですが、やはり、家族が甘やかしてしまうと、
> どうしても楽な方へ流されてしまいがちですものね。
> 人間誰しもそうですが、そこであえて父親が「また頑張ってみろ!」と背中を
> 押す役目というのは子供にとってはありがたい存在だと思いますし、
> その言葉に促されて、また頑張れるのだと思いますね。

私は我が子なのですが、一人の人格のある男子として子供に接しています。
親のエゴや我儘で彼の人生を曲った方向に進ませてはいけないと考えています。
男である以上、一人で立ち向かっていかなければならない時が必ずあり、
自分で考え行動し、責任は最後まで取るという基本を教えています。

父親が20歳を過ぎた子にできることは限られているのですが、
父親として息子を信じ盾になることが出来れば、父親として嬉しい限りです。
>
> 私の近所の方の話ですが、息子さん3人に恵まれ、長男さんが社会人に
> なられた時に、体の不調の為に会社を休んだ際に、そのお父様は
> 「男はいちいち、お腹が痛いだのなんだのと言う理由で仕事を休むな!」と
> 一喝したという話を耳にした時に、父親とは凄い存在だなと
> 改めて思ったものでした。
> 私も今、息子に対しては、きびしい母親だと思われているかも知れませんが、
> 子供の盾に成ることも親の役目と言い聞かせ、心では心配し、口では憎まれ口を
> ききながら、成長を見守りたいと思っています。

母親はわが家も同様(わが家ではもう一人祖母がいました)、女性陣はかなりきつい口調で
息子に憎まれ口を言っているようです。
たまに耳に入ると、私が息子の肩を持ち、まあまあとなだめ役に回ります。

しかし、母親はそのくらい厳しくないとだめだと思いますよ。
いくら父親が頑張っても、子供に注がれる母親の愛情に勝つことはできませんから。
>
> それにしても、格闘技はやはり凄まじいですね・・
> ボクシングは映画などで何度も観賞させていただいたり
> しますが、流血したり、歯が折れたり、耳が打たれすぎて変形したりと
> 激しい打撃がつきものの様ですが、それでも相手に立ち向かっていく
> 精神は本当に感動を覚えます。相手との戦いでありながら、自分への挑戦でも
> あり続けるのでしょうね。
> 息子さん、今回はかなり深手を負ってしまわれた様ですが、一刻も早く回復なされますように・・・・
> お大事になさってください。

有難うございます。
今日の診察では順調に回復しているようで、週末には抜糸ができるとのことで一安心。
4月の最後の試合に向けて、またトレーニングを始めています。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
Re: No title
ひいちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> こんにちは。
>
> 息子さん!お疲れ様でした!!!
> とても熱い試合になったのですね。
> 怪我・・・大変でしたね。でも、次をしっかり見据えている息子さんの姿勢、
> 素敵だな。と、思いました。
> 父親として、後押しする、ニックさんの姿も・・・(^-^*)
> 息子さんにとっては、とても心強く、そして父の大きな包容力と
> その、存在を強く感じたことでしょうね。とても良い関係ですね。

今まで怪我という怪我もなく試合をこなしてきたので、
今回の怪我は本人もそうですが、家族も少し動揺しました。
格闘技である以上、怪我は付き物ですが、いざ身に降りかかってみると・・・・
この試合は、本人も相当悔しかったようで、その悔しさが感じ取れる空間は
親としても辛かったです。
>
> お怪我、お大事に。
> 最後の試合も頑張ってください!

有難うございます。
最後は勝ってもらいたいと願うばかりです。
今日から、いつものように筋トレを初めて最後の試合に備えています。

ではまた、お邪魔いたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ