FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

学問のすすめ ― 学問を進化させること ―
人生ここぞという時は発奮しなくてはいけない。

「なにくそ」「まけてたまるか」という奮い立つ心がなければ、学問を進化させることもできない。


学問にしろ仕事にしろ、寝食を忘れるくらいに熱中して取り組めば、心は楽しく、憂いも忘れられるという。

確かに何事においても力の限りをことに当たれば、その後の結果は自ずとついてくるもの。

またこのように一心に打ち込んでいると老いることも知らない。

そこまで熱中しなければ、学問も仕事も真にものにすることはできないようです。

人生でその喜びを知ることができた人は幸なのです。


では、いかにすれば憤する自分になることができるのか?

  学は立志より要なるは莫(な)し。
  而(しこう)して立志も亦(また)(こ)れを強(し)うるに非(あ)らず。
  只(た)だ本心の好む所に従うのみ。

                            ―『言志録』より―


学問を行うには、志を立てることより大事なものはない。

しかし、志を立てることを外から無理に強制してはいけない。

学ぶということは、単に知識を増やすために行うのではなく、自分の実践に結びつけて働きに変えるところに学ぶことの本当の目的がある。

そのためにも大事なことは、まず志を立てること。

そして目標を立てて心を奮い起こすことが立志なのです。

他人から言われてそうするのではなく、自分の本心がやる気になった時に本当の志というものが立ち、憤、すなわちやる気が出てくるということなのです。


学問は、物知りになったり、出世をするために行うものではない。

物事が行き詰まったり心配事があったりしても、心が萎えてしまわない自分をつくるために行うのであり、物事の道理を知って心惑わされないために行うのが真の目的なのです。



佐藤一斎「言志四録」を読む
佐藤一斎「言志四録」を読む神渡 良平

致知出版社 2011-09-16
売り上げランキング : 129129


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

最後の3行の言葉、その通りだと思いました。
いつも心穏やかに平静を保っていられる方などはきっと
様々な知識を会得し、それに従って生きているからこそ
冷静沈着に過ごす事が出来るのでしょうね。
そういうものになりたいと思いますし、日々努力していきたいですね・・。

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 最後の3行の言葉、その通りだと思いました。
> いつも心穏やかに平静を保っていられる方などはきっと
> 様々な知識を会得し、それに従って生きているからこそ
> 冷静沈着に過ごす事が出来るのでしょうね。
> そういうものになりたいと思いますし、日々努力していきたいですね・・。

自分の人生を豊かにするために、学ぶということが必要ですね。
その中でも人間学を学ぶということが重要なようです。
人としての生きる基本が出来ていなければ、学んだ知識も生かせません。
学問とは、自分の身につけ生かされてこそ価値があるものです。
残された時間を有意義なものにしたいと思っています。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ