FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

論語と渋沢栄一
5歳の頃から読書に傾倒し、四書五経や『日本外史』を学ぶ一方、剣術は、大川平兵衛より神道無念流を学んでいtた渋沢栄一。

渋沢栄一は「大正維新の覚悟」という講話の中で「今日の状態で経過すれば、国家の前途に対し、大いに憂うべき結果を生ぜぬとも限らぬ」との危惧を述べている。

大正デモクラシーという市民社会の基盤ができつつあった時代に渋沢栄一は、こんな状態ではダメだと苦言を呈していた。

渋沢栄一は昭和6年、91歳で亡くなるが、彼の憂慮どおり日本はその後、暗黒の時代へと突入していった。

現代を生きる我々も豊かな生活を享受していますが、守ることばかりでリスクをとろうとはしていない。

このまま、いまの生活が快適だからいいじゃないかという考え方でいけば、子や孫の代に大いに憂うべき事態が起こるかもしれない。


渋沢栄一は『論語と算盤』という講演集録の中で、こう説いている。

「正しい道理の富でなければその富は永続することができない」
「論語と算盤という懸け離れたものを一致させる事が今日のきわめて大切な務めである」


渋沢栄一はお金儲けが悪いことだとは一言も述べていない。

しかし、自分の私利私欲にのみに走り、金儲けのみが目的になっている事を肯定していない。

「自分たちだけが富豪になってお金を持ったとしても、その利益が社会に還元し循環しないようであれば、富も幸福も永続させることはできない」と言っているはずです。


算盤に長けていれば、確かにお金儲けはできるかもしれません。

でもそれだけでは富は長続きしない。

逆に『論語』を読んでいても、行動を起こさなければ何事も始まらない。

どちらが偉いというのではなく、両方とも必要なのです。

それが「右手に算盤、左手に『論語』」の言葉に込められた意味のようです。



渋沢栄一『論語と算盤』が教える人生繁栄の道
渋沢栄一『論語と算盤』が教える人生繁栄の道渡部 昇一

致知出版社 2009-03
売り上げランキング : 276355


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

既に5歳の時から読書に傾倒していたんですか!(゚д゚)!
やはり彼のご両親の影響も大きかったのでしょうね。
育つ環境によって子供が向かうべきベクトルも随分と違ってくるものです。
食べ物などもそうですが、それまで全く違う土地で違う食べ物を食べていた
人間が他の土地へ移り住んだとして、慣れない食材を口にし、最初は体が受け付けずに
お腹を壊したりしても、次の代が生まれたときにはその食べ物に対する
抵抗力や免疫力が付き、また次の代にはその食材を受け入れる事が出来るようになる。
そして体に完全に馴染むようになるまでには3代掛かると言われていますが、
教育に関しても自分の子供の代で何とか大物にしようと焦らず、欲張らず、親として
やるべき事を最大限尽くした後は、自分のやってきた事に自信を持ちながら
次の代にその思いを委ねるくらいの心の余裕を持ちたいと思います。
今日も記事から少々脱線してしまい、申し訳ありませんm(_ _)m
応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 既に5歳の時から読書に傾倒していたんですか!(゚д゚)!
> やはり彼のご両親の影響も大きかったのでしょうね。
> 育つ環境によって子供が向かうべきベクトルも随分と違ってくるものです。
> 食べ物などもそうですが、それまで全く違う土地で違う食べ物を食べていた
> 人間が他の土地へ移り住んだとして、慣れない食材を口にし、最初は体が受け付けずに
> お腹を壊したりしても、次の代が生まれたときにはその食べ物に対する
> 抵抗力や免疫力が付き、また次の代にはその食材を受け入れる事が出来るようになる。
> そして体に完全に馴染むようになるまでには3代掛かると言われていますが、
> 教育に関しても自分の子供の代で何とか大物にしようと焦らず、欲張らず、親として
> やるべき事を最大限尽くした後は、自分のやってきた事に自信を持ちながら
> 次の代にその思いを委ねるくらいの心の余裕を持ちたいと思います。
> 今日も記事から少々脱線してしまい、申し訳ありませんm(_ _)m
> 応援凸

そんなことはありません。
いつも貴重なコメント感謝しています。

小さい時の環境は、人生で大きな意味を成すといいます。
最初に目にした物や体験した事に影響され、それが原点となり人生の方向性を
決める人もいます。
そういう人ほど大きくなって大成しています。

それは仰る通り、前世や先祖の方々が創ってくれたレールを進むようにしてくれた
からだと思います。
しかし、そういう方は稀であり、ほとんどの方は人生を迷いながら、苦悩しながら
進む道を探しているのだと思います。

人様に迷惑のかからない人生を歩むことが、これから残されていく子孫にとって
一番大事なことだと思うのです。

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ