FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

お釈迦様の教え
今から約2500年前、お釈迦様は亡くなる前にこんな言葉を遺したという。

「私の教えは1000年の間は正しく、誤解されないで伝わる。これが正法(しょうぼう)の時代。そして1000年から2000年の間はよく似た教えが伝わる。これが像法(ぞうぼう)の時代。2000年を過ぎた頃からは誤解されて正しく伝わらなくなる。これを末法(まっぽう)の世という」

ここまでは教科書に載っているので良く知られているが、この先があることを知る人は少ない。


末法の世からさらに500年ほどすると、インドの遥(はる)か東方にジャブトーバーという国があって、その国は夜でも昼のように明るく、道は平坦で、裸足で歩いても傷つかず、遠くにいる人も近くにいる人のように話ができる。

その国の人々は、競うこと、比べること、争うこと、戦うことがとても嫌いな民族で、その人たちの平和な思想によって、自分の教えが2500年ぶりに正しく解釈され直す。

そして1000年単位の平和王国を築くであろう。


お釈迦様はそう言って亡くなった。

このジャブトーバーというのは、どうも日本のことを言っているらしい。


そしてお釈迦様が亡くなって約2500年後の日本の仏教文化のレベルも高くなったが、最近の日本の仏教は単なる祈願仏教になり下がっているという。

僧侶たちも合格祈願をしなさいとか、良縁祈願をしなさいというふうにリードするようになり、神社仏閣がお願い場所になってしまった。

夢や希望を持つのはいいことのように教えられてきた。

しかしそれを神社仏閣で祈願するということは、いまの自分の状態が不満であることを言いに行くようなもの。

あれをよこせ、これをよこせと不平不満を神仏にぶつけることと同じ。


本来お釈迦様がいっていたのは、執着をなくせ、そうしたら楽になりますよ、と言うこと。

すべて受け入れて笑顔で生きていくと悟れますよ、ということだったはず。


では神仏に手を合わせに行くのはなんのためかというと、お礼を言いに行くためなのです。

神社仏閣というのは、本来ありがとうと感謝をしに行く所。

目が見えることがありがたい、耳が聞こえることがありがたい、話せることがありがたい、食べられることがありがたい、歩けることがありがたい・・・・・

普段誰もが当たり前だと思っていることも、よく考えたら決して当たり前ではないことばかり。


私たちは日々無限の恩恵を受けて生かされていることに気づくべきであり、私たちの人生で起きる出来事に意味のないものはない。

すべてのことに感謝して受けるだけなのです。

意味のないものはないと受け入れて感謝する時に、すべてが好転していく。

人様に喜ばれることは、自分自身の励ましになり、生きがいにもなる。

よい言葉を投げかけ合うことで、お互いが豊かになり、よりよい人生を築いていくことが出来るのです。



釈迦の教えは「感謝」だった
釈迦の教えは「感謝」だった小林 正観

風雲舎 2006-05
売り上げランキング : 6567


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!
仰る通り、今度は日本から全世界を救うべく指導者となる
人物が現れ、日本が世界の危機を救うべく存在になるであろう。。という
事を私も以前ある本で読ませていただいた事があります。
そこにはその前に色々な不幸が訪れる事も記述されていましたが
(戦争や、自然災害など)最後にまた人々を救うべき存在が日本から
現れると聞いて、その時からこの素晴らしい国に生を受けた事に誇りを持ったものでした^^
今はその末法の世の中、何が起きても不思議では
ない時代です。しっかりと心して生きていかなければいけないと思いますが
やはり人間としての根本的な生き方に立ち返り、今後して生かされている事に感謝し、
神仏に感謝し、人に感謝しながら
生きることが大切ですね。
応援凸
No title
こんにちは。
本日の記事も身に沁みました。

夫の腰がもう少し良くなったら、家族でおまいりに行って、
お礼をしてこようと思います。
日々、こうやって平穏に生活できる事を感謝感謝ですね(^-^)
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
> 仰る通り、今度は日本から全世界を救うべく指導者となる
> 人物が現れ、日本が世界の危機を救うべく存在になるであろう。。という
> 事を私も以前ある本で読ませていただいた事があります。
> そこにはその前に色々な不幸が訪れる事も記述されていましたが
> (戦争や、自然災害など)最後にまた人々を救うべき存在が日本から
> 現れると聞いて、その時からこの素晴らしい国に生を受けた事に誇りを持ったものでした^^
> 今はその末法の世の中、何が起きても不思議では
> ない時代です。しっかりと心して生きていかなければいけないと思いますが
> やはり人間としての根本的な生き方に立ち返り、今後して生かされている事に感謝し、
> 神仏に感謝し、人に感謝しながら
> 生きることが大切ですね。
> 応援凸

人生に苦難があるように、国難と呼ぶにふさわし状況が今の日本のように思います。
間違った行いをすれば、必ず天罰が下ると言われています。
この国は神仏を重んじる国であると同時に、幾多の国難を乗り越えてきています。
歴史が動くときには必ず動かしたリーダーがいて、そのリーダー国を変えていく。
そんな力のありリーダーの出現を誰もが願っています。

ではまた、お伺いいたします!!
Re: No title
ひいちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> こんにちは。
> 本日の記事も身に沁みました。
>
> 夫の腰がもう少し良くなったら、家族でおまいりに行って、
> お礼をしてこようと思います。
> 日々、こうやって平穏に生活できる事を感謝感謝ですね(^-^)

人は宿命は変えることはできませんが、運命は変えることができるといいます。
自分の運命を徳のある人生に変えることが、子孫の幸福につながる。
全てのことに感謝し、ありのままを受け入れることが明徳の第一歩であり、
人生を悔いなく過ごす法則があるとすれば、
それは身近なものに対する感謝の念に尽きるように思います。

ではまた、お邪魔いたします!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ