FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

平常心でいること
禅でいう「平常心」とは、普段の心がすべてであり、日々の暮らしの細々としたことの中に仏の心がある、それを日常から感じ取ることが大事だという意味です。

曹洞宗を開いた道元禅師は、『春は花夏ほととぎす秋は月、雪さえてすずしかりけり』と詠んだ。

春には花が咲き、夏になるとホトトギスが鳴く。

それこそが平常心ということにようです。

春夏秋冬、自然の風物に心を開いて自然と一体となって楽しみ、心に引っかかることが何もなくなるなら、そういう人こそ良好の日々を過ごしている人だといえる。


人間、生きている間は悩みや恨みつらみはあるもの。

そういうものがなくなったら風物を楽しむ心境になるだろうと思っていても、年を取ったからと言ってそういう機会が訪れる訳でもいな。

悩みを持っているいま、その心境にならなくてはならない。

何の衒(てら)いもない当たり前の、素直な心に立ち返ること。


私たちは日頃からいろいろな欲に巡らされて、様々な計算に翻弄されている。

そんな心の中の陳腐なものを放り投げ、本性のありのままに暮らすことが大切なのです。

社会がどんなに変革しようが、これが人間として正しい生き方であると誰もが思える根底の生き方が、本当の人生ではないでしょうか。

自分の中に相手と響き合える一体感、異質なものを一つにする心を持つことで、自分の周りが光明に輝いてくる。

そのときに、執着心のない真っ白な心になるほど、平常心に近付いて行くようです。



ふっと心がかるくなる禅の言葉 (コスモ文庫)
ふっと心がかるくなる禅の言葉 (コスモ文庫)永井 政之

永岡書店 2006-05
売り上げランキング : 96448


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

私もそう思わされた経験があります。子供たちが幼稚園の時ですが、
たまたま運動会に撮られた写真を販売する機会があり、プロの写真家さんが
撮ってくれた運動会のヒトコマを選んで購入する事になっていたのですが、
お友達のお母さんと連れ立って出かけた会場で、ただ空に打ち上げた風船だけが
写された写真をそのお母さんは一緒に購入するというのです。
私は「え?自分のお子さんが写ってない写真も買うの?」と尋ねました
するとそのお母さんは「だって。アルバムにこういう風景の写真も一緒に
貼っておくのもいいじゃない?」と答えました。
その時、離婚仕立てで何もかも余裕が無くなってしまっていた自分の心の狭さを
思い知らされた気がしたのを覚えています(^^ゞ
綺麗なものを素直に綺麗と言える心・・取り戻していきたいものです^^

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 私もそう思わされた経験があります。子供たちが幼稚園の時ですが、
> たまたま運動会に撮られた写真を販売する機会があり、プロの写真家さんが
> 撮ってくれた運動会のヒトコマを選んで購入する事になっていたのですが、
> お友達のお母さんと連れ立って出かけた会場で、ただ空に打ち上げた風船だけが
> 写された写真をそのお母さんは一緒に購入するというのです。
> 私は「え?自分のお子さんが写ってない写真も買うの?」と尋ねました
> するとそのお母さんは「だって。アルバムにこういう風景の写真も一緒に
> 貼っておくのもいいじゃない?」と答えました。
> その時、離婚仕立てで何もかも余裕が無くなってしまっていた自分の心の狭さを
> 思い知らされた気がしたのを覚えています(^^ゞ
> 綺麗なものを素直に綺麗と言える心・・取り戻していきたいものです^^

ぴーちさん同様、私も去年は平常心という言葉とは程遠い心で生活をしていました。
全くの余裕も無く2次元の世界(左右)を見ているだけで、上下を視野に入れた3次元を見ていませんでしたね。
空の青さや花の移り変わり、変わりゆく四季を鑑賞するゆとりも無く働いていたように思います。
ブログを書く思考力がなくなるほど疲れきる毎日でしたが、そのがむしゃらに突き進んだおかげで
今日があるように思います。

ピーチサンも感じていると思います。
形振りかまわず一生懸命生きる瞬間がなければ、見えないものの世界、感じることのできない世界を
享受することは不可能だということを。
そういう経験を積んだ方の言葉は重く心に響き、人を引き寄せ、周りを幸せに包むことが出来るということを!
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ