FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

はやぶさの軌跡 ES5
「はやぶさ」の7年に及ぶ宇宙旅行ではいろいろな挑戦があった。
はやぶさ4
一番の挑戦は「イトカワ」への着陸だった。

「イトカワ」に到着しなければ何も始まらない。

到着した瞬間は胸をなでおろしたと川口さんは語る。

小天体への着陸はNASAに先を越されたが、一度着陸し離陸して帰ってくるのは世界で初めてだった。

あの瞬間はこの分野ではNASAを越えていた。


それから先は本当にいつ死ぬかという、まさにそういう戦いだった。

離陸直後に姿勢制御に用いるロケットエンジンが燃料漏れを起こし、「はやぶさ」は姿勢を崩して7週間行方不明になる。

地球周辺を回る人工衛星でも行方不明になったらなかなか復旧は難しい。

3億キロも離れた場所では、その見通しははるかに厳しい。

仮に発見できてももう一度動けるかどうかは未知の世界だった。

周囲も半ば絶望視していた。


外野では「イトカワ」に行けただけでも日本の宇宙科学にとっては十分大きな成果じゃないかという人もいた。

しかし自分たちのゴールは地球なんだと再三目的を確認し合って、なんとしても地球に帰ってくるよう粘り強く交信し続けようと皆で誓い合った。

そうして通信が回復した後は、イオンエンジンを駆使して姿勢制御を可能にし、2007年に再び地球帰還に向けた運転を開始する。
はやぶさ2
しかし、とうとうイオンエンジンが寿命を迎えてしまう。

絶体絶命な状況だったが、地球に戻るために何か方法はないかと知恵を出し合い、生き残った機能をフルに使い、運転を再開することができた。

地上では実験できない事が次々と起こる。


飛んでみるまで分からないところがたくさんあったが、帰還できたのは実力かといえば、まだまだ運ですよと語っている。

しかし運でいい、よろめいてでもコールすることが大事なのです。


次に続く!



はやぶさ、そうまでして君は〜生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話
はやぶさ、そうまでして君は〜生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話川口 淳一郎

宝島社 2010-12-10
売り上げランキング : 5476


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。

スポンサーサイト



テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
自分たちが作ったものに自信を持ち、それを頑なに信じて帰還を待ち続けたことも
素晴らしい執念だと思いました。結果、良ければ全て良しと言いますが、
その間のプロセスでのご苦労があったからこその成功だったのですね^^

Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> 自分たちが作ったものに自信を持ち、それを頑なに信じて帰還を待ち続けたことも
> 素晴らしい執念だと思いました。結果、良ければ全て良しと言いますが、
> その間のプロセスでのご苦労があったからこその成功だったのですね^^

「はやぶさ」はプロジェクトチームの熱き思いと高い志が、成功に導かせたのだと思います。
単なる探査機の成功ストーリーではなく、人生のドラマと夢を諦めずに進んだ執念を感じます。

この日本の未来を担う若者に、感動と勇気を与えるという単純な表現ではなく、
心の底から諦めずに思うことの大切さと、可能性を求めてやり続ける努力の尊さを教えている。
成功した偉人は、皆そうやって人生を行きぬいてきている。
このチームのスタッフもくじけずに「はやぶさ2」のプロジェクトを成功させてほしいと願っています。

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ