FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

人生の三福
心の安らぎ、おだやかな心、不満のない気持ち、これを三の福と言った人がいる。

"一つ怒れば一つ年取り、一つ笑えば一つ若返る"という中国の諺がある。

よく、人間は感情の動物、喜怒哀楽は人の常、と怒ることも人間の資格と考えている向きも少なくない。


子供のころ、誰しもが一度は母親から「そんなに腹を立ててどうするの。少しは我慢しなさい」と叱られたことがあるのは、私だけではないと思う。

そのころの怒りは相手に怒ったのではなく、自分に不満があっての癇癪 (かんしゃく) と思われる節もあるのだが?


仕事の環境や自身の地位、年齢とともに怒ることもだんだん減っていく。

また、怒らぬ心が身についてくるに従って怒ることが無意味であるとわかってくる。

管理者の中には部下に声を荒げて叱りつけている者もよくいる。

教育指導のための怒りと考えてのことだったろうが、部下教育の決め手は褒めることが先決なのである。

"やってみせ 言ってきかせて させてみて 褒めてやらねば 人は動かじ"と、ある経営評論家はいっていた。


失敗、過失を他人のセイにするから怒りたくなる。

自分のセイにすれば怒る相手もいなくなる。


家庭生活でも同じ。

自分の不満を女房や子供にぶつけてうっ憤をはらしている向きもあるようだが、それより自分の顔を平手で叩いてみるとそのバカさ加減がわかってくる。

家庭の問題まで職場に持ち込み、朝からまともな挨拶も出来ない幹部社員を見るほど、気分の悪いものはない。

さらに職場の怒りを家庭へ持ち込む心の狭い者もいるようです。

『論語』に次の一節がある。

一朝の怒りに、
(そ) の身を忘れて、
(もっ) てその親に及ぼすは惑いにあらずや

一時の怒りのためにわが身を忘れ、その怒りにまかせて近親に及ぼしてしまうことは迷いではないか、という意味。

心の底から湧いてくる怒りにじっと耐え、ひたすら進む道にのみ志は養われていくのだと思うのです。



怒りのセルフコントロール
怒りのセルフコントロールレッドフォード ウィリアムズ ヴァージニア ウィリアムズ Redford Williams

創元社 1995-05
売り上げランキング : 70980


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日の”ありがとう”が、明日の未来のあなたを・・・・。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ