FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

人生と立命
現在の元号である「平成」の考案者としても知られ、陽明学者として戦後数多くの総理が折に触れて教えを求めたといわれる安岡正篤。

彼は東洋思想の真髄を明らかにし、知識主義の上にたった人間としてのあるべき根本の精神を修養すること、これを第一の学問と考えていた。


その安岡正篤が運命と立命に関してこういっていた。

「運命とは宿命にあらず、我より立つる立命でなければならない」と。


「運命」を「変わらざるもの」、すなわち「宿命」と捉えて、人生を諦めてしまうような生き方をしてはいけない。

人間というものは、「自ら命を作(な)す」ものである。

誰もが天から授かった命を立てる、すなわち「立命」に生きることができる。


どんな人にも必ず「運命」はある。

人が与えられた運命に埋没して流され、翻弄(ほんろう)される生き方が“宿命”であるならば、自らの使命を自覚し、その使命を全うするため、自らの手で運命を果敢(かかん)に変えていこうとする積極的な生き方こそ人生であり“立命”である。

人は自らの純粋で澄んだ意志の力によっていかようにも運命を好転させ、切り拓くことができる。

人として生まれた以上、自分を究尽(ぐうじん)し、修練すること、艱難辛苦(かんなんしんく)を乗り越えて徹底して自分の力を尽くし、よいことを思い、よいことを実行することこそが「立命」に生きるということなのです。



公園の隣りで開催されていた菊の品評会。

毎年よりすぐりの腕自慢が見事な花を咲かせています。

今年も見事でした!

菊



今日の”ありがとう”が、明日の未来のあなたを・・・・。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
秘コメさん、こんばんは ♪

返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
何より嬉しくく、再会に勇気をいただきました。

こちらも12月からやっと以前の状態に戻りつつあります。
まだまだ脳や体の疲労が残っていますが、なんとか頑張るつもりでおります。

12月からはお伺い出来る時間も増えると思いますので、また宜しくお願いいたします。
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ