FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

生まれたものの淋しさ
人道的詩人として知られた千家元麿(せんげ・もとまろ)に小鳥の歌と題した詩がある。


  俺はきいた
  空をすぎゆく小鳥の歌を
  その合唱をきいていると
  自分は涙ぐんだ
  神のために歌われている気がした
  自分は心に喜びを得て歩いた
  静かな静かな空に
  その歌は喜びを伝えていた
  自分はこの無窮の天地に
  生まれたものの淋しさと喜びを味わった


元麿は千家尊福と画家であった小川梅崖(本名・豊子)の次男として、明治21年東京市麹町区の父の別邸で生まれている。

武者小路実篤らの白樺派文学運動の中にあって、肯定的な人道主義の詩風をうちたて、白樺派の代表的詩人として活躍した。


この詩は何気ない日常に目を向けた時に、喜びは私たちの周りに盗れていることを詠 (うた) っている。

末尾にある「生まれたものの淋しさと喜びを味わった」とは何を意味するのか。

私たちは人生に喜びを見出した時、それを永遠に持ち続けたいと願う。

しかし、喜びはいつの間にか消えてしまう。

誰かを愛すれば愛するほど、余計にその距離感を覚えるということは、誰にでもある一つのできごとです。

どのようなできごとの世界でも一緒で、自分の未熟さを思い知らされるものなのです。

このような「生まれたものの淋しさ」をも一緒に味わっていくところに、人生の醍醐味を見つけ、自分の夢に邁進して欲しいと願うのです。



白樺派の作家たち―志賀直哉・有島武郎・武者小路実篤 (和泉選書)
白樺派の作家たち―志賀直哉・有島武郎・武者小路実篤 (和泉選書)生井 知子

和泉書院 2005-12
売り上げランキング : 1116109


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日の”ありがとう”が、明日の未来のあなたを・・・・。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!
仰る通り、喜びを本当の意味で味わえる瞬間というのは
最初だけで、その思いは次第に薄れてきますよね。
一つの喜びを感じると、もっと喜びを感じていたいという欲が生まれ
欲求が次から次へと絶え間なく心を支配していく気がしていきますし、
その喜び以上のものを求めてしまう傾向に陥ったりします(^^ゞ
人間の欲とは呆れるほど罪が深いなとつくづく感じます・・

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
> 仰る通り、喜びを本当の意味で味わえる瞬間というのは
> 最初だけで、その思いは次第に薄れてきますよね。
> 一つの喜びを感じると、もっと喜びを感じていたいという欲が生まれ
> 欲求が次から次へと絶え間なく心を支配していく気がしていきますし、
> その喜び以上のものを求めてしまう傾向に陥ったりします(^^ゞ
> 人間の欲とは呆れるほど罪が深いなとつくづく感じます・・

身近な所に人生があるといいます。
草木の成長や季節の変わり目の中に喜びを見出すことができる、
そんな心を常に持っていたいと思います。

人混みと自己が忙殺される世界で生きなければならない現代人には、
その瞬間の喜びは分からないものだと思います。
そして、その世界にどっぷり浸かっている自分を、どうにかしたいと
皆思ってもいるのですが・・・・
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ