FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

与えられた命の尊厳 ES2
人生には、燃え盛る焔のように勢いづき、何を行っても円滑に事が運ぶ時がある。

その逆に、ものを燃やす火種すら消え、何一つうまくいかない時がある。

そんな時はじっと自己に沈潜 (ちんせん) し、時がめぐってくるのを待てと。

この言葉によって68歳までの10年間で自分が立ち上がっていくための計画書を作り、人生の再起を図ろうと決意した。


「蜘蛛の糸」は、知人の経営者らが相次いで自殺したことがきっかけで設立したが、中小企業の経営者や自営業者には、家族にも弱みを見せず、問題を一人で抱え込んでしまうタイプが多い。

自殺に踏み切るのを引き延ばすため、相手の話を一通り聴き終わると、「来週、○月□日にまた会いましょう」と約束をする。

そして帰っていった後も、「元気ですか?とまめに電話を入れ、次の週、また次の週というように、面談を3回、4回と重ねていく。

すると次第に問題点が整理されていき、目の前にうっすらと希望のようなものが浮かび上がってくる。

毎週数時間の面談、それを3年間続ければ、ほとんどの問題は解決し、自らが命を絶つこともない。


誰の人生にも、炎の時と灰の時がある。

たとえ灰の時期があったとしても、そう長くは続かない。

人間の運命とは糾 (あざな) える縄のようなもので、どんな苦しみであっても、それほど長くは続かない。

いくら死にたい時があったとしても、その反動で「生きたい」という強い気持ちが誰にも必ず湧いてくるのが人生。


苦しみから逃げることなく、時間をかけてじっくり自分と向き合っていけば、必ず事態は回復していく。

大半の自殺をしてしまう人の多くは、そのことに気がつかない。

事業の倒産とは、あくまで財産の清算を行うことであり、命の清算までをする必要は決してない。

嵐の中でも、必ず時はたち、人生のやり直しはきく。

そして、やり直せた人生ほど、この世に生かされてきた意味を深く感じる時はない。

人はそうして人生を全うすることが、与えられた命の尊厳に応える唯一の道なのだと思うのです。



死んではいけない―経営者の自殺防止最前線
死んではいけない―経営者の自殺防止最前線佐藤 久男

ゆいぽおと 2006-12
売り上げランキング : 613485


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日の”ありがとう”が、明日の未来のあなたを・・・・。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : NPO
ジャンル : 福祉・ボランティア

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

仰る通り、自殺を考える方の大半は、自分自身で問題を抱え込んで
他の方に弱みを見せたがらない方が多いですよね。
そういう時こそ、他の方の温情を受け入れる事が再び立ち上がる原動力になると
思いますね。。ただ、なかなかそういう時は自発的に助けを求めたがらないでしょうから
周りの人が積極性をはっきして、手を差し伸べてあげられると良いですよね^^

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、おはようございます。

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 仰る通り、自殺を考える方の大半は、自分自身で問題を抱え込んで
> 他の方に弱みを見せたがらない方が多いですよね。
> そういう時こそ、他の方の温情を受け入れる事が再び立ち上がる原動力になると
> 思いますね。。ただ、なかなかそういう時は自発的に助けを求めたがらないでしょうから
> 周りの人が積極性をはっきして、手を差し伸べてあげられると良いですよね^^

自分の体験をもとに、自殺者を減らそうと努力する行動には、企業人として頭が下がります。
彼はマスコミにも出ていましたが、どん底を体験した者で無いと分からない優しさと、
自殺という行為に正面から立ち向かう姿勢があります。
自ら命を絶ってしまう人は、必ず前兆があるといいます。
それを分かる人が周りにいないのが、毎年自殺者が増えている原因でもありますが、
この社会では人とのかかわり合いは毎年減っているように思います。
>
> 応援凸

ではまた!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ