FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

自分の中のある喜び
コスモス
自分のしたことに対して他者から評価を求めようとする。

日々の生活の中でそういう感情が出てくるのは、ごく自然なことのように私たちは感じている。

そのことを、特別な感情で不思議に感じない人も多い。

しかし、無意識のうちに湧き上がる本能的な欲も、乗り越えていかなくては、後々の人生で大きくつまずく。

いわば人間の業 (ごう) の深さというものにしっかり目を向けながら、人生の道筋をあまたの先人たちは指し示してくれている。


「そんなことはできない」「きれいごとだ」と反論したくなる人もいる。

しかし、たとえできないとしても、欲に振り回されないで生きる世界を目指していく意味はとても大きなものがある。

大切なのはできる、できないではなく、目指すか目指さないかということなのです。

目指し続けることで、人間の生き方は大きく変わっていく。


人から褒められたり評価されたりしなくても、その人の行いはすでにその善行を神様は認めている、ということです。

自分の行いがたとえどんなに小さなものであったとしても、「これができて本当によかった」と自分の中に静かに喜びを留めておくことが大切なのです。


私たち人間は褒められれば喜んで動くし、貶 (けな) されたら沈んでしまう。

しかし、心の中に静かに思いを留める訓練を続けることで、人の評価に一喜一憂しない生き方ができるようになる。

人に認められないような時でも、天は善行を認めてくださっていると思いを切り替えれば、周囲の評価に心を奪われることなく、「小さなことでも自分にはこんなことができたんだ」と満足を得ることができる。


その習慣は、いつしかあなた自身の大きな力として蓄えられていく。

あなたの中には弱さもあるし、人と違った欠点があるかもしれない。

しかし、それでいいのです。

自分は自分でいいんだという考えにしっかりと立脚しながら善行を心に留める訓練をしていけば、人の言動に左右されることなく、自分の人生を自分の力で真っ直ぐに生き抜くことができる。


あなたの中には、あなたにしかない尊さがあり、あなたにしかない個性がある。

私たちの社会は、そういう多様性によって成り立っている。

社会を構成する一人ひとりの良さが集積された時、世の中は素晴らしいものへと変わっていき、あなたの人生も喜びを感じることができる。


だかから、私たちは生きている限り、その良さを存分に発揮しなくてはいけない。

感情に振り回されず、小さなことでも誰かのために尽くす喜びを感じ続けることは、人生を生き抜く大きな力になるはずなのです。




今日の”ありがとう”が、明日の未来のあなたを・・・・。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

私の知人で、何かというとすぐに誰々さんに買って行ってあげるんだとか、
何かを手作りしては、誰々さんに食べてもらうんだとそうすることがまるで生きがいであり、
人に施す事が喜びであるかのようにしている方がいて、そういう思いは大切だなと感心していた所、ある時その方がふと「私が何をしてもお返しが来ないのよね・・。こんなにしてあげてるのに」という言葉を聞いて、ちょっとがっかりした記憶があります。
「そうか。。この人は見返りが欲しくて、そういうことをしていたのか。」・・
愛情の押し売り的な行動で相手は困惑しているのだろうなと、相手様の顔が浮かぶものの、このかたもそういうキッカケでお友達として付き合いたいとか、交流していきたいという欲が根底に存在していて、そこからなかなか発展出来ない関係に苛立ちを覚えてつい漏らした愚痴だったのだなと感じました。
本当に心から相手に喜んで貰えたら。。という気持であるなら、見返りが無くても満足感は得られるはずですものね^^
今日のお話は本当に素晴らしいお話ですね^^
私も心にしっかり書き留めさせていただきます(*^_^*)
応援凸
No title
v-22ニックさん、おはようございます。
私、執着を取ろうとがんばってます。
取っても取っても煩悩は出てくるのですが、以前より少なくなりました。
自分が軽くなった気がします。
もっともっと軽くなりたいです。。。
No title
欲に振り回されないで生きる世界を目指していく・・・
目指し続けることで、人間の生き方は大きく変わっていく。

この言葉にまたまた胸がいっぱいになりました。

それでいいのだよ。って、自分で肩の力を抜ける自分になりたいです。

↓記事の原爆ピアノのお話・・・
私は息子が夏休みの読書カード用の本に選び、初めてその存在をしりました。
矢川さんが生き返らせたピアノの音色が広く広く広がる事・・・
忘れてはいけない事を思い出す大切な活動ですね。
Re: No title
ぴーひさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 私の知人で、何かというとすぐに誰々さんに買って行ってあげるんだとか、
> 何かを手作りしては、誰々さんに食べてもらうんだとそうすることがまるで生きがいであり、
> 人に施す事が喜びであるかのようにしている方がいて、そういう思いは大切だなと感心していた所、ある時その方がふと「私が何をしてもお返しが来ないのよね・・。こんなにしてあげてるのに」という言葉を聞いて、ちょっとがっかりした記憶があります。
> 「そうか。。この人は見返りが欲しくて、そういうことをしていたのか。」・・
> 愛情の押し売り的な行動で相手は困惑しているのだろうなと、相手様の顔が浮かぶものの、このかたもそういうキッカケでお友達として付き合いたいとか、交流していきたいという欲が根底に存在していて、そこからなかなか発展出来ない関係に苛立ちを覚えてつい漏らした愚痴だったのだなと感じました。
> 本当に心から相手に喜んで貰えたら。。という気持であるなら、見返りが無くても満足感は得られるはずですものね^^
> 今日のお話は本当に素晴らしいお話ですね^^
> 私も心にしっかり書き留めさせていただきます(*^_^*)
> 応援凸

人の行いはその行為の代償を、言葉であれ物であれ求めるべきものではないようです。
しかし人間とは我ままなな生きもので、つい口に出して言ってしまうことがあります。

その時は気付かなくても、心のどこかでそれを求めているとなると、その行いは自己満足の
世界だけになります。
小さなことでも誰かのために尽くす喜びや感動を得るために、精進していきたいと思っていますが・・・

ではまた、お伺いいたします!!

Re: No title
フローレンスさん、こんばんは ♪

コメント有難うございます。

> v-22ニックさん、おはようございます。
> 私、執着を取ろうとがんばってます。
> 取っても取っても煩悩は出てくるのですが、以前より少なくなりました。
> 自分が軽くなった気がします。
> もっともっと軽くなりたいです。。。

小さなことでも、人のために尽くす喜びが人生の喜びになるよう頑張りたいものです。
執着を取ろうとしているフローレンスさんには頭が下がります。
体に付いた無用な煩悩も捨てないといけませんね!

ではまた、お邪魔いたします!!
Re: No title
ひいちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> 欲に振り回されないで生きる世界を目指していく・・・
> 目指し続けることで、人間の生き方は大きく変わっていく。
>
> この言葉にまたまた胸がいっぱいになりました。
>
> それでいいのだよ。って、自分で肩の力を抜ける自分になりたいです。

自分を見失いがちな世の中だからこそ、やり遂げるという思いを強く持たないと行けませんね!
小さな、些細な行いが人のためになるということ、それを積み重ねることで心が豊かになるという
人生を歩みたいものです。
>
> ↓記事の原爆ピアノのお話・・・
> 私は息子が夏休みの読書カード用の本に選び、初めてその存在をしりました。
> 矢川さんが生き返らせたピアノの音色が広く広く広がる事・・・
> 忘れてはいけない事を思い出す大切な活動ですね。

世界で唯一の被爆国であるこの国と、亡くなった多くの人たち、戦争というものを後世にずっと
伝えていかなければならない使命が我々にはあるのだと思います。

ではまた、お邪魔いたします!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
秘コメさんこんばんは ♪

コメント有難うございます。
その様子ではリキ君まだまだ大丈夫ですね!
リキ君の生命力は、家族の愛情のたまものだと思います。
これからも大変な時があるでしょうが、頑張ってください。

では、また!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ