FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

スティーブ・ジョブズ氏
スティーブ・ジョブズ
米アップルのスティーブ・ジョブズ前最高経営責任者(CEO)が10月5日亡くなった。56歳だった。 (ジョブズ氏の過去記事)

1976年にアップルコンピュータ(現アップル)を友人のスティーブ・ウォズニアックらと創業した。

「Apple II」や「Macintosh」などをヒットさせ、個人がコンピューターを所有する「パーソナル・コンピューター」の時代を切り開いた。


私がMacを知ったのは30年以上前に遡る。

当時、仕事上で使っていたDTPがMacのOSで動いていた。

5インチFDでパソコンが動いていた大学時代からすれば、マウスを使って自由に線が引け、文字が書け、表組という発想があり、図面がドラフターで描くようにでき、修正も簡単とあって感動したことを覚えている。
アップル

設計事務所やデザイン会社には、必ずといって良いほど、かじったリンゴのマークが沢山並んでいた。

最初は何のマークかわからなかったが、アップルと聞いて頷けた。

85年には社内対立で会社を追われ、倒産の危機に瀕したアップルに96年末復帰したが、その頃は誰もが、アップルの地代は終わったと思ったに違いない。

その後半透明デザインの「iMac」や「Mac Pro」など洗練されたデザインで復活の足掛かりを創った。


2000年代以降は、携帯音楽プレーヤー「iPod」や、スマートフォンの「iPhone」、タブレット端末の「iPad」などを立て続けにヒットさせ、アップルを株式時価総額で世界最大のIT企業に育てあげた。

WindowsはMacのコピーだと豪語していたが、ここ数年は、体調の不安に悩まされ続けていた。

04年に膵臓(すいぞう)がんの手術を受け、肝臓移植をしたことも明らかにしていた。

8月24日には、同社CEO(最高経営責任者)の職を辞し会長に就任していた。

新型iPhoneの発表を見届けるようにして逝ったスティーブ・ジョブズに、アップル取締役会は、「スティーブの輝くような才能と情熱、およびエネルギーは、我々の生活を豊かにし、改善するはかりしれないイノベーションの源泉だった」と追悼のコメントを発表した。

彼が生前スタンフォード大学卒業式の祝辞で語っていた言葉を紹介し、スティーブ・ジョブズ氏のご冥福をお祈りいたします。




一番大事なのは、自分の心とひらめきに従う勇気を持つことです。
自分は本当にどうなりたいと思っているのか、
それを教えてくれるのが自分の心とひらめきなのです…
ハングリーであれ、バカであれ。
分別くさくなるな。


時間は限られています。
他人の人生を歩んで時間を無駄にしないでください。
世間の常識にとらわれないでください。
それは、他の人々の考えに従って生きることに等しいのですから。
周りの意見に惑わされ、自分の内なる声を見失わないでください。



スティーブ・ジョブズ 神の遺言 (経済界新書)
スティーブ・ジョブズ 神の遺言 (経済界新書)桑原晃弥

経済界 2011-09-23
売り上げランキング : 27


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日の”ありがとう”が、明日の未来のあなたを・・・・。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
秘コメさん、こんばんは ♪

コメント有難うございます。
私はアップしようとした瞬間、FC2側の問題でアクセス不能となり
書いた記事やコメントがなくなりました。

楽しい一日で良かったですね!
明日は少しのんびりですか?

ではまた!!
No title
こんばんは!
今朝は新たな記事が投稿される前にお邪魔してしまった様で
応援のみの訪問で、お許しくださいね(^_^;)

iMac。私が一番最初に購入したパソコンです。
やはり洗練されたデザインに惹かれました^^
その後、Windowsに直ぐに切り替えてしまいましたが、
彼のその後の功績をこうして伺っていると、本当に惜しい天才を
亡くした思いがより一層感じられますね。
心よりご冥福をお祈り致しますm(_ _)m

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> こんばんは!
> 今朝は新たな記事が投稿される前にお邪魔してしまった様で
> 応援のみの訪問で、お許しくださいね(^_^;)

とんでもありません。週末の土曜日は記事のアップを遅らせていますので
気を使わせてしまったみたいで申し訳ありません。
>
> iMac。私が一番最初に購入したパソコンです。
> やはり洗練されたデザインに惹かれました^^
> その後、Windowsに直ぐに切り替えてしまいましたが、
> 彼のその後の功績をこうして伺っていると、本当に惜しい天才を
> 亡くした思いがより一層感じられますね。
> 心よりご冥福をお祈り致しますm(_ _)m

私もWindowsを長年使用していますが、息子がMacBookを使っています。
今度自作で作るPCには、MacのOSを使ったマシンを組んでみたいと思っています。
年と共に、新しい操作を覚えることが苦になり始めているので、決意がないと
なかなか新しいOSを使おうとは思いませんが、彼の足跡に触れてみたいと思いました。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
No title
v-22ニックさん、こんにちは。
Sジョブズの言葉、胸にグンときました。
考えさせられます。

この言葉、紹介してくださってありがとうございます。
Re: No title
フローレンスさん、こんにちは ♪

いつもコメント有難うございます。

> v-22ニックさん、こんにちは。
> Sジョブズの言葉、胸にグンときました。
> 考えさせられます。

彼の言葉は名言としていくつか紹介されていますが、
スタンフォード大学卒業式の祝辞は有名です。
彼が亡くなり改めて聞き直してみると、胸に詰まるものがあります。
世の中を変える偉大な人物は、残す言葉にも重さと鋭さがあります。
>
> この言葉、紹介してくださってありがとうございます。

自分にとって感動したり、心に染み込む言葉に出会うと、
人生を変えることができるという喜びが湧いてきます。

ではまた、お邪魔いたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ