FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

人間の魅力
最近訪問する企業のなかには、お客様からのクレームに対応し、社員教育を充実させようとする会社が多い。

そういう企業に限って、新入社員教育から手をつけたがる。

しかし、クレームの本質の多くは、幹部社員や役員に問題があることが多い。

トップの意に反して口先だけの建前の上位ある者の言葉は、OJTの中では通用せず、指示命令系統は動脈硬化を起こし、権力だけの虚しいしらけた言葉となっている。

そして、魅力のない役職だけがそれに気付かない。


人間の魅力は力ではなく思いやりの心である。

力ある者に心から服する者は少ないもので、思いやりのある人、悦びを与えてくれる人には心から魅かれるものである。

仕事一つにしても、上位ある者が下位の者を賞讃し、下位の者に悦びを与えた多くの困難を克服し偉業を達成した美談は多い。


唐の太宗 (たいそう) が忠臣魏徴 (ぎちょう) の死を惜しんだこんな言葉がある。

銅を以て鑑 (かがみ) と為 (な) さば、衣冠 (いかん) を正すべし

(いにしえ) を以て鑑と為せば、興替 (こうたい) を知るべし

人を以て鑑と為 (な) さば、得失を明らかにすべし

懲没して朕 (ちん) 一族を亡う


銅を磨いて鏡とすれば衣服や冠の乱れているのを正しくなおすことができる。

昔のできごとを鏡とすれば、世の中がなぜ盛んになったか、衰えたりしたかがよくわかる。

人を鏡として自分の行いを比較してみれば良いか悪いかがよくわかる。

魏徴が死んだので自分は一つの鏡を失ってしまった、という意味である


太宗の葬式には、太宗自ら碑文をつくって石に刻みこみ、永く彼の忠誠を伝えたという。

その後、朝鮮を攻めて失敗した時、「もし魏徴が生きていたなら諌めて遠征を中止させたであろう」と述べたという。

死んだ魏徴に主君太宗のこの心が通じたとしたなら、何ものにも代えることのできない感激を覚えたことであろう。

この感激は魏徴一人に限られることではない。

他の群臣たちへの感激となり太宗の臣を想う心は群臣にとどまることなく人民一人ひとりにまで伝わったに違いない。


企業の繁栄は、上位ある者が如何に身を正し、率先して行動することに徹するかで、会社を支える部下の数は決まる。

下位の者に悦びを与えられない役職者が、企業の衰退を招くという事実を企業のトップは学び、社内教育の有り方を根本から変えていく必要があるように思う。



チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ! (はじめて読むドラッカー (マネジメント編))
チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ! (はじめて読むドラッカー (マネジメント編))P・F. ドラッカー Peter F. Drucker 上田 惇生

ダイヤモンド社 2000-09
売り上げランキング : 9060


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




今日の”ありがとう”が、明日の未来のあなたを・・・・。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
「クレームの本質の多くは、幹部社員や役員に問題があることが多い。」
これ、本当にそう思います。

私・・・勤めていたときに、クレーム管理、対応もしており、
色々苦労しましたが、役員、現場、事務、そして一番大切なはずのお客様・・・
とにかく全員の思うところが全くかみ合わない部分が大変でした。

上に立つ人が、「ぶれない」で、しっかりと導いて欲しいですね。


Re: No title
ひいちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> 「クレームの本質の多くは、幹部社員や役員に問題があることが多い。」
> これ、本当にそう思います。
>
> 私・・・勤めていたときに、クレーム管理、対応もしており、
> 色々苦労しましたが、役員、現場、事務、そして一番大切なはずのお客様・・・
> とにかく全員の思うところが全くかみ合わない部分が大変でした。
>
> 上に立つ人が、「ぶれない」で、しっかりと導いて欲しいですね。

企業の誰もが”お客様の満足”をいの一番に掲げる。
そして今は、”お客様に感動を与える”というキャッチまで高めている。

それに対応する社員が、自社のものに満足や感動が持てないようでは、お客が満足や感動することは有り得ません。
社員が満足や感動を持てないということは、上司や役員がそう思っているからであり、社員にはそれが伝わってしまうのです。
それは言い変えれば、会社のトップが心から満足や感動を与えようとしていないからであり、そこにその企業の問題が潜んでいるのだと思います。
ぶれない志をもった気骨な人が少なくなりました。

ではまた、お邪魔いたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ