FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

生き切ること
人生を重ねていくと、知らず知らずのうちに重たい荷物を人は背負っている。

その荷物を背負い込んだままにしておくと、人生の真実を観る視界は狭くなっていく。


人生の区切りでは、ひらいた花もあれば枯れてしまった花もある。

一つの花をひらかせるには、捨てていくものが必要だということなのです。

捨てないと自分の道を最後まで歩いていくことはできない。


「大事なことは心の中に鈴が鳴るような涼しい風を持っていなさい」と、坂村真民はいっていた。

一遍上人のように、重たいものを脱いで軽くなろうという意志の表れです。

心で感じる風は人生を決めていく。

しかし、滞った風からは、人生を停滞させるものしか見えてこない。


重たい荷物が心をいつも押し潰していると、そこには鈴が鳴るような涼しい風ははいらない。

人生いろいろなことがあるかもしれないけれど、最後まで生き切ることが求められる。

人生を生き切る願いと努力を持つことが、この世に生かされている人の務めである。

それがなければこの世に生かされた意味などない。

大事なのは、その覚悟があなたにあるかないかということなのです。



愛蔵版 タンポポの本
愛蔵版 タンポポの本坂村 真民 殿村 進

春陽堂書店 2007-07
売り上げランキング : 596174


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日の”ありがとう”が、明日の未来のあなたを・・・・。
このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 生きるということ
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

ふと、徳川家康が言った名言を思い出しました。
「人の一生は重き荷物を負うて遠き道をゆくがごとし」
家康は人生で抱え込むいろいろな苦労や責任感などを
重い荷物と例えて、しっかり把握していたのでしょうか。。
そう思うと、その存在をまずは見据えて、そこから
家康はそれを上手に捨てながら、歩いた人間なのかもしれません。
やはり私の様な凡人には、どれを捨て去り、どれを背負っていくのかという
取捨選択の見極めがなかなかできそうにありません(^_^;)

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、おはようございます ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> ふと、徳川家康が言った名言を思い出しました。
> 「人の一生は重き荷物を負うて遠き道をゆくがごとし」
> 家康は人生で抱え込むいろいろな苦労や責任感などを
> 重い荷物と例えて、しっかり把握していたのでしょうか。。
> そう思うと、その存在をまずは見据えて、そこから
> 家康はそれを上手に捨てながら、歩いた人間なのかもしれません。
> やはり私の様な凡人には、どれを捨て去り、どれを背負っていくのかという
> 取捨選択の見極めがなかなかできそうにありません(^_^;)

仰る通り身についたものの中で、何を捨て去ればよいか迷うところですね。
しかし、そうやって迷いながらでも捨てていかないと、未来は開けないようです。
捨てて失敗しても、そこからやり直せば良いと考えるようにしていますが・・・・
>
> 応援凸

では、後ほどお伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ