FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

自利利他の教え
中国の唐代に百丈 (ひゃくじょう) という高僧がいた。

百丈は坐禅をすることだけではなくて、毎日時間を決めて労働する制度を決めた。

つまり、禅が観念論になることを避けて、修行として労働を課すことにしたのです。

この労働を禅では「作務 (さむ) 」というそうです。


百丈は80歳を過ぎてもなおこの作務をやめようとしない。

仏の務めとは何かといえば、自利利他です。

他のためにすることがそのまま自分のためになる。

だから大事な修行なので、百丈は80歳を過ぎても作務をやめない。


弟子たちは師匠の体を案じ「お休みになったらどうですか」と勧めるけれども、どうしてもやめない。

そこで弟子たちが苦肉の策として、作務で使用していた百丈和尚の農具を隠した。

道具を隠されて働くことができなくなった百丈和尚は、その日は部屋に戻った。


弟子たちは「やれやれ、これでよかった」と思って安心していたら、どういうわけか食事の時間になっても食堂 (じきどう) に百丈は顔をださなかった。

弟子たちが呼びに行って「お食事をなさったらどうですか」と言うと、百丈和尚は静かにこういった。


「一日作さざれば、一日食らわず」


一日仏のすべき自利利他の任務を全うすることができなかったら、食事を食べてはいけないのではなく、私は食べられないのだ。

食べろと言われても、頂戴できない、食べることができないのだ。


自利と利他とが2つあるのではなく、自利と利他が一つになっている。

人間は何かのために働くのではなく、「人だから働く」のです。

それが他のためになり、自分のためになるのだという。



生きることば あなたへ (光文社文庫)
生きることば あなたへ (光文社文庫)瀬戸内 寂聴

光文社 2009-06-11
売り上げランキング : 3887


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日の”ありがとう”が、明日の未来のあなたを・・・・。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
秘コメさん、こんばんは ♪

コメント有難うございます。

体の調子が悪いとどうしても前向きには考えずらいですね。
何をするにしても健康でないと、仕事はうまくいかないようです。

年を取ると、これまで苦労して積み重ねてきた名誉や栄光に考えが及び
ついつい愚痴もでてしまうようです。
特に一代で財を成した方に、その傾向が強いようです。

ではまた!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
秘コメさん、こんばんは ♪

コメント有難うございます。
楽になっても、また別のことをするような気がしますが?
カラダのメンテナンスも必要ですから、しばらくはそちらに・・・

ではまた!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ