FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

自殺と命
祈念花
今日は少しばかり重たい記事になりますが読んでいただければ幸いです。

総数18,821名 男性13,378名 女性5,443名(平成22年7月末現在)この数字、何の数字か分かりますか?

今年に入ってからの自殺者の数です。

今日のニュースでも、NHKの景山日出夫さんがNHK放送センター内のトイレで自殺を図り、今日午後死亡が確認されたとのこと。

7月はうつ病自殺と見られている日本テレビの山本真澄さん、6月は韓流スターのパク・ヨンハさんが自殺しています。

「何も死ぬことはない、死ぬ気になれば何でもできる。」と昔の人は良く言いました。

それは心身ともに健全な人だから言えるフレーズなのですが、心身とも疲れて自殺を考えている人は、孤独との闘いの中でふと自殺という言葉が浮かんでくるのです。

その時に誰か(誰でもいいのです)がいることで、自殺という道を外れ、生かされる道へと軌道修正が出来るのです。

私も10年前父から引き継いだ会社が倒産し、そんな思いをしたことがありますが、私はまだ生かされています。

東井義男さんの著書に『自分を育てるのは自分』という本があります。

その本の記述をもとに「命とは」「生きるということは」をもう一度考えていただきたいと思い、このブログを書いています。

そもそも、人は自分の意思でこの世に生まれてきたのではありません。

呼吸も心臓の鼓動も、食べた物の消化も、内蔵の動き、血液の循環も、全て自分の意思で行っているわけでありません。

目に見えない偉大な働きによって、私たちの命は今ここにあります。

自分の体、自分の命は自分のもの、と私たちは思っていますが、すべては天から借り受けたものなのです。

天から借り受けたものならば、粗末にせず、その価値を十分に発揮させて時期がきたらお返しをする。

それこそが天地の心にかなう生き方であろうと言っています。

私たちは「生きている」のではなく、「生かされている」のだと言うことを、もう一度考えてみてください。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます♪






スポンサーサイト



テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ