FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

素直な心と人生
人類が猿からだんだんと分かれていったのが200万年前、そこからホモサピエンスになったのが100万年前。

その頃はみんなドングリの実を拾ったり、あるいは動物を殺して肉を食べていましたが、そこから木の実に土を被せて栽培することを覚えたのが1万年前だという。

1万年前に栽培を覚えた人類が、1万年後にこれだけの大繁栄するほど加速度を増して進化するとは誰が想像したでしょう。


その繁栄に伴い人類は欲深くなった。

欲のみが先行する行動は自我を生み、人生にとって無縁なものを引き寄せてしまう。

物が豊かなことはありがたいことですが、そこで生きる人々の心が貧しくては、本当の平和、本当の幸せとはいえない。


幾多の険しい道を乗り越え、自分の目指す人生を全うすることは至難の業ですが、せめて素直な心で人生を全うしたいと願う。

人の心を豊かにし素晴らしい人生を送るには5つの大事なことがあるという。


感謝の心、慈悲の心、敬いの心、詫びる心、許す心。


誰もが頷く言葉です。

しかし、知識として知っているのと、本当に自分が実感できるか、そして実践できるかは違います。

特に「詫びる心」「許す心」ということは実に難しい。


だいたい人間関係のいざこざはそこから生じると言います。

詫びるほうも、許すほうも勇気のいることです。

現代の凶悪犯罪の犯人と被害者、またその家族の関係を見ても分かるように、自分の家族が殺されたら、自分が犯人を殺してやりたいと思うのは当然のことだと思う。

また、「謝罪の言葉もない。一生許せない」と怨んでしまう。


しかし、お釈迦様は「怨みに報いるのに怨みをもってしたらば、ついに怨みの息(や)むことはない。怨みを捨ててこそ息む」と言っている。

怨む気持ちもどこかで断ち切らなければ、結局怨んでいるほうも苦しみ続けなければならない。

詫びる心、許す心、そして感謝の心、慈愛の心、敬いの心、単に言葉で理解するのではなく、自分の生活で生かすことが大事なのです。


無欲無心の人生だけでは、変革・創造していくエネルギーは生まれない。

しかしだからと言って、自我が作った肯定的な原理や道徳を持たない欲望は、人生にとって大きな不徳を積むことになるようです。



「心豊かに」生きる知恵―人生に失敗はない、愚痴があるだけ
「心豊かに」生きる知恵―人生に失敗はない、愚痴があるだけ板橋 興宗

産能大出版部 1991-12-15
売り上げランキング : 178920


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日の”ありがとう”が、明日の未来のあなたを・・・・・。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
おはようございます!
本当ですよね。
人間は、物が豊か過ぎないくらいが丁度良いのかも知れませんね^^
物が豊富になると、物欲ばかり増えてくるし、物が足りていると人間同士の
間で共同で物を使ったりとか、貸し借りがなくなるので、自然に個人個人の生き方を
選ぶようになり、人との関わりも希薄になりますもんね(*_*;
そうすると、わざわざ人に感謝したり、詫びたりしながら接する気持ちがなくなり
孤独な人間、寂しい人間が増えてしまっているのかも知れませんね。
応援凸
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
こんにちは ♪

コメント有難うございます。

先ほど梅雨が明けたと言っていましたが、外の暑さは半端ではないです。
汗をかいてもなるべくお腹を冷やさないように心がけていますが、こう暑いと
ついつい冷たいものが欲しくなります。

今日もこの暑さで、冷房のない環境での仕事は地獄になりそうです。
ではまた!!
Re: No title
ぴーちさん、こんにちは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
> 本当ですよね。
> 人間は、物が豊か過ぎないくらいが丁度良いのかも知れませんね^^
> 物が豊富になると、物欲ばかり増えてくるし、物が足りていると人間同士の
> 間で共同で物を使ったりとか、貸し借りがなくなるので、自然に個人個人の生き方を
> 選ぶようになり、人との関わりも希薄になりますもんね(*_*;
> そうすると、わざわざ人に感謝したり、詫びたりしながら接する気持ちがなくなり
> 孤独な人間、寂しい人間が増えてしまっているのかも知れませんね。
> 応援凸

この震災では色々なことを教えられているように思います。
経済発展でものが豊富になり、お金を出せば何でも買える時代、
定職がなくてもフリーターで自由気ままに生活ができるような間違った社会が
人の心を病ませた要因のように思います。
感謝や誤ることを知らない若者も多くなり、人の絆や思いやりを考え直す
きっかけになればよいと思うのですが。

では後ほど、お伺いいたします!!
Re: No title
コメント有難うございます。

感謝の心、慈悲の心、敬いの心、詫びる心、許す心。

この中でも特に「詫びる心」と「許す心」は、相手の立場や主張を認めないと出来ない行為です。
相手を認めるという行為ほど難しいものはありませんが、相手を知り相手に溶け込む事が出来れば
自然と認めることができるといいます。

私も仕事柄、人と合う機会を多く与えてもらっていますが、毎回、自然に溶け込めるほどの相手に合うことも
少なくなりました。
この5つの言葉、自分を顧みるいいきっかけとなればと思っています。

ではまた、お邪魔いたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ