FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

禅が教える祈りの言葉 ES1
松原泰道師が亡くなられてこの7月で2年が経とうとしている。
「挨拶 (あいさつ) 」という言葉は、禅の言葉だと松原泰道師はいった。

「挨」には押す、「拶」には迫る、という意味がある。
つまり相手の心の中に切り込んでいくことだといいます。



いろいろ考えて推しはかることを「商量」といい、禅問答をする時に、師は弟子たちに向かって力をはかってみるのだといいます。
聴く人のほうは、師の言葉の中から禅の教えを引き出そうとし、そうした命と命のやりとりが、本来の挨拶の意味だったのです。
今日ではそれが儀礼的なものになっているが、「おはよう」や「こんにちは」という何げない言葉の中にも、心を込めて相手に何かを訴えていきたいという思いがある。

だから一つも無駄な言葉などないのです。



ところが現代は、家の中でも「おはよう」すら言わない人が増えてきた。
そうやって言葉が欠けてきた、挨拶が欠けてきたということから、人間関係が冷ややかになり、悲しい殺人事件が起こるといった事態にまで発展しているのではないでしょうか。
挨拶とは、何でもない言葉の中に心を込めて、相手の人間性を引き出していこうとする「祈りの言葉」でもあるという。


その祈りの言葉の中で「ありがとう、すみません、はい」の3つの言葉について、松原泰道師はこう語っている。




「ありがとう」という言葉

「感謝」と同義語になっているが、本来の意味は「有ること難 (かた) し」という。
滅多にないということ、稀有 (きう) の事実である。
いまお互いがここに生きているということは、考えてみれば稀有の事実なのです。

私なんか、後期高齢者も越えてしまって、もう末期高齢者です。
孫が挨拶代わりに「おじいちゃん、いつ死ぬんですか」なんてことを聞いてきます(笑)。

この頃、朝起きて着物を着せてもらう時にしみじみ思うのですが、ああ、きょうもまた生きていた、と。
100歳を越えて、何もかも人様のお世話になりながら、生きさせていただいているんだということが、本当に分かってまいりました。

有り得ないことが、いまここに有るんだという事実。
だから感謝の前に、まず、稀有の事実を知ることです。




「すみません」という言葉

この言葉は若い女性が嫌うんです。
何にもしないのに「すみません」なんて謝るのは侮辱だなんておっしゃるけれども、そんなふうに考えずにね。

すみませんとは、「謝る」という意味より前に、「すんでいない」ということなんです。
決済をしていない、未済だということです。

私たちは自分一人で生きていられるんじゃなく、大勢の人の力を借りて生きさせていただいている。
その恩返しがまだすんでいません、という深い反省の言葉なんです。

それを自分に言い聞かせる意味で「すみません」。
これなら気持ちよく言えるだろうと思います。




「はい」という言葉

単に人に呼ばれた時の返事だと思うから、なかなか声が出てこないんです。

「はい」と返事をすることは、自分が自分になるということ、自分自身を取り戻すことができるということです。
誰かに呼ばれた時にモゴモゴするよりも、「はいっ!」と、こう返事をしてごらんなさい。
気持ちがスカーッとして、自分に出会うことができる。

だからそういう何でもないような挨拶や言葉の中にも、これこれの意味が含まれているということを考えていただければと思います。


次に続く!


人間としての生き方―生きる喜びがわきあがる無上の知恵
人間としての生き方―生きる喜びがわきあがる無上の知恵松原 泰道

サンマーク出版 1998-07
売り上げランキング : 547830


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

仰る通り、挨拶を言葉に出して言うことは大切だと思います。
黙っていても判るはず。と思うのは甘えでもありますよね。
よく子供を甘やかして育てるなという戒めの中に、
子どもが欲しないうちに、親が先回りして何でもしてあげたり
子供の方から欲求しなくても、親が何でもそれを察して手を焼いて育てて
しまうと子供は自分から口に出して欲求しなくても、他人は自分の気持ちが
判ってくれるはず。あるいは、言葉に出さなくても通じるはずという勘違いな
思いを抱いたまま、成長してしまう場合がありますよね。
例え、親子であっても兄妹であっても、口に出して言わなければ相手には
気持ちが伝わらない事を教えてあげるのも、親の愛情ですね。
まさにどこぞのCMで「心は見えないけれど、心遣いは見える」では無いですが、
言葉や行動に出して初めてそれを相手へ伝わる事となり、また自分の中でも
その言葉によって律せられる部分が生じる。
命のやり取り、まさにそういう喜びを挨拶の中で感じていけたら幸せです!

応援凸
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 仰る通り、挨拶を言葉に出して言うことは大切だと思います。
> 黙っていても判るはず。と思うのは甘えでもありますよね。
> よく子供を甘やかして育てるなという戒めの中に、
> 子どもが欲しないうちに、親が先回りして何でもしてあげたり
> 子供の方から欲求しなくても、親が何でもそれを察して手を焼いて育てて
> しまうと子供は自分から口に出して欲求しなくても、他人は自分の気持ちが
> 判ってくれるはず。あるいは、言葉に出さなくても通じるはずという勘違いな
> 思いを抱いたまま、成長してしまう場合がありますよね。
> 例え、親子であっても兄妹であっても、口に出して言わなければ相手には
> 気持ちが伝わらない事を教えてあげるのも、親の愛情ですね。
> まさにどこぞのCMで「心は見えないけれど、心遣いは見える」では無いですが、
> 言葉や行動に出して初めてそれを相手へ伝わる事となり、また自分の中でも
> その言葉によって律せられる部分が生じる。
> 命のやり取り、まさにそういう喜びを挨拶の中で感じていけたら幸せです!

4人の息子を見ていると通った高校によって礼儀作法が違います。
私立に通った2人は、挨拶や礼儀作法はしっかりしていますが、県立高校の2人は
挨拶や礼儀作法は下手です。
たまたまなのかもしれませんが、息子が通った私立は校則も厳しく、親としてみれば
学費は大変でしたが良かったと思っています。

社会人は礼に始まり礼に終わるといいますが、挨拶がまともにできないような人を良く見かけます。
それも社会人となってうん十年も経った方が、礼儀も知らずにその会社の役職になっていたり・・・。
基本ができていない人が上に立つと、その部下も推して知るべしのようですね。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
Re: No title
秘コメサン、こんばんは ♪

コメント有難うございます。
四男は精神的なダメージからは立ち直りつつあります。
主将となり、それなりの責任感があるようで、自分が引っ張っていかないといけない身で
ありながら連敗したということが、かなりショックだったようです。

大学も節電で、毎日の授業は暑くて大変なようです。
先週も、教室移動中に雨(夕立ち)に合い、濡れて風邪をひいたこともあり、体自体も
疲れているようです。

今日の私は、昨日の睡眠不足で仕事中にあくびが出ることしきりでした。
いつもご心配いただき、本当に有難うございます。

ではまた!!
No title
こんにちは。

挨拶も全て自分自身のためなのですよね。
言葉に含まれる意味を知ることで、
ずっと、気持ちよく挨拶ができるようになるかも知れないですね!

挨拶の意味。
挨拶を嫌う人たちに教えてあげたいですね!
Re: No title
ひいちさん、こんにちは ♪

いつもコメントありがとうございます。

> こんにちは。
>
> 挨拶も全て自分自身のためなのですよね。
> 言葉に含まれる意味を知ることで、
> ずっと、気持ちよく挨拶ができるようになるかも知れないですね!

無駄な言葉などひとつもない、という深い意味に言葉の重さが現れているようです。
心からの挨拶ができるよう精進したいものです。
>
> 挨拶の意味。
> 挨拶を嫌う人たちに教えてあげたいですね!

挨拶は大きな声で聞こえるようにしないと、挨拶とは言えませんね。
それと、挨拶をしても返事がないのも困ったものです。

今日は午後から休みを取り、三男の引越し荷物の最終梱包と発送準備を終えたところです。
女性軍がいろいろ世話をやいていましたが、運送は会社で世話になっている運送業者を
使うので、梱包や出荷伝票の確認をすることに。
本人も今日しか有給もとれず大変なので、私の出番となりました。


ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ