FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

命の代償 ES1
早朝6時、北大病院の研究室でパソコンを立ち上げる。

モニターに映し出されたメールの画面には、何十通という受信メールが届いている。

相談者の多くは、脳腫瘍を抱えた患者とその家族。

「この子を助ける手立てはないものでしょうか?」「どうかよい知恵をお貸しください・・・・」


切迫感に満ちた長文のメールに、様々な配慮を巡らせた上で返事を出すと、続けざまに、2度、3度とメールがくることがある。

時にはチャットのような状態となり、パソコンの前にいる限り、何度もやりとりが交わされる。

送り主は患者だけではない。


全国にある脳外科や小児科の先生方からも、見てほしいとの依頼があり、メールに患者さんのMRI画像が添付されてくることも珍しくない。

彼はそれらのメールに対して、必ず返事を出す。

報酬は一切受け取らず土曜、日曜も一日の休みもなく、朝も昼も夜も、時間の許す限り、キーボードを叩いている。

小児脳腫瘍の治療において、日本を代表する名医と言われている澤村豊(さわむら・ゆたか)医師の話です。


小児がんの中でも、特に難しいとされる小児脳腫瘍の手術は、うまくいかなかった場合、命を落としたり、後遺症をつくってしまうことが多分にある。

家族にとっても精神的負担の大きい手術は、受ける前にできれば他の医者の意見も聞いてみたいと思うのが自然な感情なのだろう。

しかしどこに聞いてよいのやら分からないのが現実であり、彼が行っているのは、そうして困っている患者たちのセカンドオピニオンであり、相談内容に応じて、地元の信頼できる病院を紹介したり、知り合いの医師に対して紹介状を書く。

患者が負担する交通費や術後のケアのことなども考え、彼自身はめったなことでは手術を引き受けないという。

どこの病院へ行っても手の施しようがない、というケースに限って彼は受ける。


彼がそうした医療者としてのあり方を学んだのは、30代の頃、2年間スイス留学したときの医師ニコラ・ド・トリボレー医師の影響であるという。

トリボレー医師は非常に有能な脳外科医であると同時に、患者に対しても大変優しく、学者としても研究熱心で、医者の鑑のような人であった。

そしていつも、「手術を行う前に、本当にその手術が必要かどうか、本当に患者さんの体を切らなければならないかをまずよく考えなさい」と言っていた。


その判断と見極めをするためには、専門分野以外にも膨大な知識の蓄積が必要で、外科手術を学ぶことよりも、はるかに長い時間の勉強量が求められている。

“単に手術の仕方を覚えただけでは、本物の脳外科医とは呼べない”そのことをトリボレー医師は、自身の身をもって示してくれていた。


次に続く!


いのちの約束
いのちの約束板垣淑子

ポプラ社 2010-03-20
売り上げランキング : 145323


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
v-22ニックさん、おはようございます。
素晴らしいドクターですね。感動です。

ところで、「ザ・パワー」という本、やはり私にピッタリの本でした。
だんだんとパワーが蘇ってきているようです。v-42
No title
こんにちは。

素晴らしい医師はご自身の時間を削って、患者のため、救いを求める人のため、
頑張っていらっしゃいますね。大変なことだと思います。
メールの返信ひとつとっても、気軽にこたえられないものばかりなのでしょうね。

息子が2歳ごろ入院した時、同室に同じ年の女の子で、
頭に腫瘍ができているため緊急で入院してきた子がいました。
病院が手を尽くして、北大に紹介してくれ、転院してゆきました。

数年後、息子と同じ系列の幼稚園で、ニッコリ笑っているその子の姿を、
幼稚園からもらった冊子の中に見つけました。
とても嬉しかった事を思い出します。

医師という仕事。
私からは想像もつかないような困難なことにもたくさんあうのでしょうね。
それでも、一生懸命に手を尽くしてくれる。
とても、素晴らしく、嬉しいことですね。

Re: No title
フローレンスさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> v-22ニックさん、おはようございます。
> 素晴らしいドクターですね。感動です。

脳外科医は緻密な神経と繊細な技術が必要なのですが、子どもを担当する澤村医師には
私も感動しています。
私の姉の同級生が北大の医学部に行き、北アルプスで遭難したままになっています。
その友人も脳外科医を目指していたことを思い出しました。38年前の話になります。
>
> ところで、「ザ・パワー」という本、やはり私にピッタリの本でした。
> だんだんとパワーが蘇ってきているようです。v-42

だんだん元のフローレンスさんに戻りつつありますね。
私にとっても嬉しい限りです。
梅雨空や猛暑の影響で体調を崩す方も多くいますので、無理だけはしないでください!

ではまた、お邪魔いたします!!
Re: No title
ひいちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> こんにちは。
>
> 素晴らしい医師はご自身の時間を削って、患者のため、救いを求める人のため、
> 頑張っていらっしゃいますね。大変なことだと思います。
> メールの返信ひとつとっても、気軽にこたえられないものばかりなのでしょうね。

自分の経験から基づく言葉で助けを求める患者に応えなければならない澤村医師
には、計り知れないものを感じています。
>
> 息子が2歳ごろ入院した時、同室に同じ年の女の子で、
> 頭に腫瘍ができているため緊急で入院してきた子がいました。
> 病院が手を尽くして、北大に紹介してくれ、転院してゆきました。
>
> 数年後、息子と同じ系列の幼稚園で、ニッコリ笑っているその子の姿を、
> 幼稚園からもらった冊子の中に見つけました。
> とても嬉しかった事を思い出します。

そうでしたか。その子も澤村医師にお世話になったのでしょうか?
限りなく透明で純粋な命を一つでも多く助けられるよう願っています。
>
> 医師という仕事。
> 私からは想像もつかないような困難なことにもたくさんあうのでしょうね。
> それでも、一生懸命に手を尽くしてくれる。
> とても、素晴らしく、嬉しいことですね。

医師としての技術はもとより、人としての生き方を学ばせてもらいました。
よく名医の腕を喩えて”ゴットハンド”といいますが、医者はまさに神の精神を
持たないと出来ない職業だと思います。

ではまた、お邪魔いたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ