FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

節食と開運 ES2
一年の命ではなくなった南北は禅寺に入る必要はないと考え観相家を志し、諸国遍歴の旅に出ます。

南北21歳の時である。


南北は書物を読まなかったし、師にもつかず、もっぱら体験を積み重ねて観相の極意をつかもうとします。

その修業は、多くの人相に接するため3年間は髪床屋で働き、次の3年間は人体の相を観察するため風呂屋で働き、それからの3年間は骨の相を研究するため火葬場の人夫、隠亡 (おんぼう) になった。

このような実践研究によって人相見としての技備を磨き、高い評判を得るようになる。


しかし、南北には悩みがあった。

確かに彼の人相見はよく当たるが100%というわけにはいかなかった。

いい人相の人が不幸な目にあったり、悪相の人が意外な幸運に恵まれたり、ということが時々あり、この見誤りはなぜなのかと考えるようになる。


意志堅固で徹底しなければ気がすまない南北は、さらに研鎮 (けんさん) を続ける。

だが、この悩みを克服できないままに時は流れ、南北は50歳になっていた。


ある時、南北はお伊勢詣りに出かけ、五十鈴 (いすず) 川のほとりで21日間の断食と水垢離 (みずごり) の行を行う。

そして夢うつつの中、外宮 (げくう) で豊受大神 (とようけのおおかみ) の声を聞くのである。


「人の運は食にあり」

そうか、と南北は雷に打たれたように悟った。

自分は食事を麦と豆だけにすることで剣難の相を消した。

食は人相を変え、食のあり方で運命は切りひらけるのだ、と。


これを契機に南北は食のあり方を研究し、節食開運説に到達する。

それは南北の観相学の完成でもあった。

以後、南北の観相は「百発百中」といわれるまでになり、悪相の人には食のあり方の改善を指導し、多くを幸せな運命に導いたという。

節食開運説を南北は自ら実践したことで、南北の運は大きくひらけた。

名古屋に構えた屋敷は広さ一丁四方、蔵七棟が軒を連ねるほどの財をなし、人生50年といわれた当時にあって健康に78歳まで生きて天寿を全うした。


明日も関連記事をお伝えします。



だまってすわれば―観相師水野南北一代 (小学館文庫―時代・歴史傑作シリーズ)
だまってすわれば―観相師水野南北一代 (小学館文庫―時代・歴史傑作シリーズ)神坂 次郎

小学館 1999-11
売り上げランキング : 481739


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



一日も早い、復旧と復興を心より願っています。

今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
こんにちは!

確かに仰る通り、その人の好みの食べ物により
性格が判ると言われていますね。
辛いものが好きな方は、やはりすぐにカッとし易い性格であるなど^^

>いい人相の人が不幸な目にあったり、悪相の人が意外な幸運に恵まれたり、ということが時々あり、この見誤りはなぜなのかと考えるようになる。

これはその人の過去世からの因縁や、生き方も絡んで来たりしますので
一概にその時にすぐに結果が出るとは限らないものでしょうから、
長い目で見ると南北氏が言い当てた人相は当たっていたのかも知れませんね^^

それでは応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> こんにちは!
>
> 確かに仰る通り、その人の好みの食べ物により
> 性格が判ると言われていますね。
> 辛いものが好きな方は、やはりすぐにカッとし易い性格であるなど^^

食べる好みによって性格が分かるのですね。血液型でも性格が分かるといいますから
これらを組み合わせることで、その人の性格も分かってしまうということですかね!

>
> >いい人相の人が不幸な目にあったり、悪相の人が意外な幸運に恵まれたり、ということが時々あり、この見誤りはなぜなのかと考えるようになる。
>
> これはその人の過去世からの因縁や、生き方も絡んで来たりしますので
> 一概にその時にすぐに結果が出るとは限らないものでしょうから、
> 長い目で見ると南北氏が言い当てた人相は当たっていたのかも知れませんね^^

私も同感です。現在の幸運や不幸というものは現生のことだけではなく、過去の先祖の行いが宿命となって
現われるものです。今の自分がどんなに頑張っても、先祖の怨念や因縁が邪魔をし開運できないとも言います。
それゆえ、子孫に災いが及ばぬよう現生で徳を積む人生を歩むことで人相も変わっていくのだと思います。
>
> それでは応援凸

では後ほど、お邪魔いたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ