FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

思考の生理学
rodohipo_A.jpg
大学3年になった息子が、これからの自分の方向を決めるべくどの研究室に入るかで悩んでいる。

いままでの大学生活をみていると、部活&実習実験に追われかなりハードであることは間違いない。


これまでの日本の学校は、知識を詰め込むことに力を入れるが、自分の頭で考える訓練はおろそかにしてきたように思う。

先生と教科書に引っ張ってもらえるグライダー人間は増えても、自力で滑走路から飛び立つ飛行機人間が育たなかったことも頷ける。

ただ単位を取得するための勉強ではなく、未来に役立つ人生のための勉強に、残りの学生生活を謳歌してほしいと願っている。


現代は情報過多の社会であることは間違いなく、余計な情報が脳を占領していては、思考の妨げになる。

また対象を正視し続けることは、思考の自由な発想という観点から考えると思考を妨げる。


簡単に手に入る情報に引きずられることで、人間は考えることを忘れてしまうようです。

大昔は生き字引といわれる、知識の倉庫のような人が珍重されてきたが、今では情報の記憶はコンピューターの仕事になっている。

人間の脳は創造的な工場であるべきで、工場が手狭で散らかっていては、効率的な作業はできない。


情報が氾濫する現代社会では忘れる努力も必要で、人間の脳には自分にとって重要な情報だけをふるいにかける機能がある。

特に、睡眠や運動によってこの働きは高まります。

起きてすぐの「朝飯前」に仕事をしたり、そぞろ歩きながら思索すると、成果が上がりやすいのはこのためなのです。

忘れるというのは、コンピューター書にはできない、実はとても創造的な作業でもある。

すなわち「忘れ方」にこそ一人ひとりの個性がでる。

記憶の風化に耐えて残り、自分の中で十分に発酵した知識やアイデアこそが、独創的なものを生み出すための本当の力になるのです。

この本「思考の整理学」、現代社会がかかえる一つの問題点を解決するヒントが多く詰まっている。

日本独自の新しいものを生み出す考える力、日本人ならではの視点を培う意味では興味深い本でした。



思考の整理学 (ちくま文庫)
思考の整理学 (ちくま文庫)外山 滋比古

筑摩書房 1986-04-24
売り上げランキング : 443


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



一日も早い、復旧と復興を心より願っています。

今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
こんにちは!
お体の調子はいかがですか?

大学3年ともなると、また一段と将来の展望に悩みを抱える時期でも
ありますね。息子さんは理系に進まれていらっしゃるんですね^^
我が息子はまだ2年ですが、文系です。
最近は、プレゼンがどうの、レポートを提出しなきゃいけないとか、
市場調査をして来なければならないと、そういう方面の愚痴が増えて来ました(^^ゞ
外山氏の著書、以前読んだ事がありますが、題名を忘れてしまいました
そういうところをしっかりと覚えていないから、駄目なんですよねm(_ _)m
忘れ方ですか。。昨日食べたものはすぐに忘れるんですがね(^^ゞ
もうすこし今日のお話を参考にさせていただき、精進していきたいと思いました^^ありがとうございます!

それでは応援凸
Re: No title
秘コメさん、こんばんは ♪

コメント有難うございます。
政治屋はいても政治家はいないようです。
己の私利私欲で行動しているようでは、政治家ではありません。
国の収入が減っているのだから、議員定数も減らす事を考えるべきなのですが、
言っていることと行動が伴わない、そんな大臣ばかりで情けないです。

ではまた!!



Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> こんにちは!
> お体の調子はいかがですか?

有難うございます。バリバリの筋肉痛のようです。
昨日は、コンサルに出向いた会社で、あまりにもだらしない社員に整理整頓のカツをたら、社員もその気になり
職場の大掃除となりました。言いだしっぺの私が動かないわけにもいかず、汗まみれ(おかげで1.3Kg体重減)で5時間肉体労働に明け暮れました。
腰痛もさほど悪化もしていないようなので、これなら今週には映画も見に行けそうです。
>
> 大学3年ともなると、また一段と将来の展望に悩みを抱える時期でも
> ありますね。息子さんは理系に進まれていらっしゃるんですね^^
> 我が息子はまだ2年ですが、文系です。
> 最近は、プレゼンがどうの、レポートを提出しなきゃいけないとか、
> 市場調査をして来なければならないと、そういう方面の愚痴が増えて来ました(^^ゞ

3年生になると2年生以上に実験やレポート提出が多くなります。
私もそうでしたが理系の場合はどうしてもそうなります。勉強と部活以外に就活が加わりパニックになる日もあるようです。

> 外山氏の著書、以前読んだ事がありますが、題名を忘れてしまいました
> そういうところをしっかりと覚えていないから、駄目なんですよねm(_ _)m
> 忘れ方ですか。。昨日食べたものはすぐに忘れるんですがね(^^ゞ
> もうすこし今日のお話を参考にさせていただき、精進していきたいと思いました^^ありがとうございます!

この発想なるほどと思うところがあります。
限られたキャパの脳にはあれもこれも詰め込むとオーバーフローとなり、大切な情報が流れ出てしまいます。
であるならば、いま必要としていないものは忘れて空の容積を増やしておくことも大事なのです。
私も時々、インプットされた情報を全て忘れ、自由な発想で自分の人生を再構築したいと思うときがあります。
>
> それでは応援凸

では遅くなりましたので、明朝お伺いさせていただきます!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ