FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

徳で治める経営
企業を発展させていこうとするなら、まずは経営者が人間としての器、言い換えれば、自分の人間性、哲学、考え方、人格というものを、絶えず向上させていくよう、努力を重ねていくことが求められている。

少しばかり事業で成功を収めただけで、謙虚さを失い、傲岸不遜(ごうがんふそん)に振る舞い、私利私欲の追求に走ることで、せっかく手にした成功を失ってしまう経営者も少なくない。


組織をまとめていくには、「力」で治めていく方法「覇道」と、「徳」で治めていく「王道」の2つの方法があるという。

欧米の多くの企業では一般に、覇道つまり「力」による企業統治を進めていて、資本の論理をもって人事権や任命権をふりかざしたり、または金銭的な誘因 (ゆういん) をもって、従業員をコントロールしようとしたりする。

しかし、権力によって人間を管理し、または金銭によって人間の欲望をそそるような経営は、長続きするはずもなく、一時的に成功を収めることができたとしても、いつか人心の離反を招き、必ず破滅に至ります。


中国革命の父と呼ばれた孫文は「王道」について、「徳」に基づいた国家政策のことであり、「徳」とは、中国では古来、「仁」「義」「礼」という3つの言葉で表されると説いている。

「仁」とは他を慈 (いつく) しむこと、「義」とは道理に適 (かな) うこと、そして「礼」とは礼節を弁 (わきま) えていることです。

また、この「仁」「義」「礼」、3つを備えた人を「徳のある人」と呼んでいる。


企業経営においても「徳」で治めていくことが、長く繁栄を続ける企業をつくりあげていく一つの方法だといえます。

経営はトップの器で決まるとよくいいます。

会社を立派にしていこうと思っても、「蟹は自分の甲羅に似せて穴を掘る」というように、経営者の人間性、いわば人としての器の大きさにしか企業はならないものなのです。


小さな企業の経営で成功を収めた経営者が、企業が大きくなるにつれ、経営の舵取りがうまくとれなくなってしまい、会社をつぶしてしまうということはよくあります。

それは、組織が大きくなっていくにつれ、その経営者が自分の器を大きくすることができなかったからなのです。


企業経営もそこに携わる人の人生であり、「徳」ということの大切さを改めて理解することが大事であり、日本ではそのようなことを理解する経営者を多く排出したいものです。



経営の哲学 (ドラッカー名言集)
経営の哲学 (ドラッカー名言集)P・F・ドラッカー 上田 惇生

ダイヤモンド社 2003-08-01
売り上げランキング : 33891


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



一日も早い、復旧と復興を心より願っています。

今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : ビジネスに必要な心理学
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
v-22ニックさん、おはようございます。
友人にドラッカーの経営を学ぶ会に誘われています。
ドラッカーをしっかり学びたいと思っています。
私、器の大きな人になりたいと切に願っています。
No title
こんにちは!

それにしても中国もその昔は、ご紹介の「孫文」の様な政治家をはじめ、歴史に名高い「孔子」「孟子」
などの世界に誇れる優れた学者達が素晴らしい教えを説いているにも関わらず、近年の中国はニックさんが仰るような、「覇道」に傾倒してしまっているのが、非常に遺憾に思うところです。日本もその傾向に属していて、日本人特有の心ある経営者が数を減らしている事にも残念に思うところでもあります。
自分の長所、短所をよく把握し、短所は極力切り捨てて、長所を伸ばしていけた人間は成功出来るという意味合いでしょうか。
まずは自分をしっかりと見つめ、自分という人間が把握出来た人間が
人も会社も伸ばせる存在になるのでしょうか。

それでは応援凸
また、お邪魔させてくださいね!
Re: No title
フローレンスさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> v-22ニックさん、おはようございます。
> 友人にドラッカーの経営を学ぶ会に誘われています。
> ドラッカーをしっかり学びたいと思っています。
> 私、器の大きな人になりたいと切に願っています。

フローレンスさん、ぜひ学んでみてください。
あなたの人生にプラスになると思います。
自分の器を広げるには、先達の偉人に学ぶことが最も早い道であると思います。

ではまた、お邪魔いたします!!
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> こんにちは!
>
> それにしても中国もその昔は、ご紹介の「孫文」の様な政治家をはじめ、歴史に名高い「孔子」「孟子」
> などの世界に誇れる優れた学者達が素晴らしい教えを説いているにも関わらず、近年の中国はニックさんが仰るような、「覇道」に傾倒してしまっているのが、非常に遺憾に思うところです。日本もその傾向に属していて、日本人特有の心ある経営者が数を減らしている事にも残念に思うところでもあります。
> 自分の長所、短所をよく把握し、短所は極力切り捨てて、長所を伸ばしていけた人間は成功出来るという意味合いでしょうか。
> まずは自分をしっかりと見つめ、自分という人間が把握出来た人間が
> 人も会社も伸ばせる存在になるのでしょうか。

時代の変化と言ってしまえばそれまでのように思いますが、昔の中国や日本の名だたる偉人が作り上げた教えが、いまは近代化という名のもとに消え去っているように思います。
個人の私利私欲はもちろん、国としての常軌を逸した行動が人をだめにしているという事実を、国のリーダーは知る必要があります。
徳を積む政治を見てみたいと思うのですが、今の政権では・・・・?
>
> それでは応援凸
> また、お邪魔させてくださいね!

では後ほど、お伺いいたします!!
No title
おはようございます☆

「自分の器」は、大きくもなるし、小さくもなりますね。
やはり「全て自分次第」なのですよね。
大きなものを手に入れた時に、大きくしなければならない器を大きくすることができない。
それは、とても残念なことです。
様々な事にぴったりあわせることのできる「やわらかな器」でありたい。
そう思います。
「仁・義・礼」この3つ。簡単に自分のものにできるようで、
難しいことですね。
Re: No title
ひいちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。
今日は朝早くからコメントいただき感謝です。

> おはようございます☆
>
> 「自分の器」は、大きくもなるし、小さくもなりますね。
> やはり「全て自分次第」なのですよね。
> 大きなものを手に入れた時に、大きくしなければならない器を大きくすることができない。
> それは、とても残念なことです。
> 様々な事にぴったりあわせることのできる「やわらかな器」でありたい。
> そう思います。
> 「仁・義・礼」この3つ。簡単に自分のものにできるようで、
> 難しいことですね。

人道に外れるとなく、仁・義・礼を尽くし、高い志を持って世の中に貢献したいと
思っていますが、私もまだまだ精進しなければなりません。
多くの出会いが自分を変えるチャンスでもあり、そこに懐の深い器ができるようにも思います。

ではまた、お邪魔いたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ