FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

運をつかむ
18[1]512hanakatumi003[1]
蘇老泉(そろうせん)の「管仲論(かんちゅうろん)」にこんな一節がある。

功(こう)の成(な)るは成るの日に成るに非(あら)ず
けだし必ず由(よ)って起る所あり
禍(わざわい)の作(おこ)るは作る日に作らず
また必ず由って兆(きざ)す所あり



人が成功するのは、ある日突然成功するわけではなく、平素の努力の集積によって成功し、禍が起こるのも、その日に起こるのではなく、前から必ずその萌芽(ほうが)があるということです。


運をつかむのもまた、同じことだろうと思うのですが、宝くじを当てるのも運をつかむことだろうかと考える。

棚ぼた式に転がり込む幸運というのは、得てして泡沫(うたかた)のごとく消え去るものであり、ことによると身の破滅にもなりかねない。

運をつかむには、運に恵まれるにふさわしい体質や環境を作り、運を呼び寄せ、やってきた運をつかみ取るだけの実力を養わなければならない、ということのように思う。

そして、運をつかむための3つの条件が書かれていたものがあった。

第1は、強く生きること。
強く生きるとは、「主体的に生きる」ということで、状況に振り回されるのではなく、状況をよりよく変えていく生き方で、言い換えると「覚悟を決めて生きる」ということ。

第2は、深く見る。
強く生きることで初めて視点が定まり、深く見ることができるという。
深く見るとは本質や状況を見抜くことであり、そして知恵が生まれる。

第3は、巧みに表す。
巧みに表すとは、分野を問わず、技術、技巧を磨きものを作るということ。
しかしそれだけではよいものは作れない。
強く生きる信念、深く見る姿勢があって、初めて技巧は生きてくる。

「弱さと悪と愚かさとは互いに関連している。けだし弱さとは一種の悪であって、弱き善人では駄目である」哲学者、森信三の言葉である。

この言葉、運が付いていないと嘆く人は、ある種の弱き善人者なのかもしれない、と自分を振り返り思っている。



今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ