FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

孝の道
以前、母がよく言っていた言葉に“親孝行したいときに親はなし”という一節を思い出す。

父が亡くなり13年がたち、米寿になった母にも親孝行ができていない自分の不徳を恥じることがある。

後漢の学者、班固(はんこ)に"孝は道の美、百行の基なり"とある。

孝行は、人間として踏むべき道の基本であり、あらゆる行為の基本である。


また、五経の一つ『礼記(らいき)』には
"孝に三有り。大孝は親を尊ぶ。其(そ)の次は辱しめず。其の下は能(よ)く養う"

ひとくちに親孝行といっても、最も立派なのは親を敬い、次は親の名をけがさず、三番目が親を養う、とある。


また、『荘子(そうし)』は
"敬を以(もっ)て孝なるは易(やす)きも、愛を以て孝なるは難(かた)し。愛を以て孝なるは易きも、親を忘るるは難し"

親を尊敬する心から孝行するのはたやすいが、愛情を以て孝行するのはそれに比べて難しい。愛情から孝行するのはまだ易しいが、親のことをことさら意識せず孝行するのは難しいと説いている。


さらに『孟子』には
"貨財(かざい)を好み、妻子にのみ私(わたくし)して、父母の養(やしない)を顧みざるは、三の不幸なり"とある。

金を貯めるのを好み、妻子だけを可愛がり、父母の孝養を怠るのは三番目の不幸であるとある。


その他にも不幸は、働かないで父母の孝養に関心を持たない、ばくち・飲酒にふけり孝養に関心がない、女色・歌舞音曲に凝って父母を顧みない、勇にはやり、喧嘩・口論し、父母にまで言を及ぼす等がある。

親の心というものは、子から驚くほどの心遣いを受けるよりも、些細な心遣いが嬉しいものであるように思う。

寒い冬には暖かく、暑い夏には涼しく快適に過ごせるような気をくばり、夜は布団を整えてよく眠れるようにし、朝は体の良し悪しをたずねてみる、季節が変われば冷暖房を切り替え、冬の加湿器を備える。

これらの小さな気遣いは高級、高価な贈り物をするよりも、はるかに嬉しいものだといいます。

つまり親を思う小さな心遣いが嬉しく、人間というものは年を重ねるに従って孤独感、つまり、一人ぼっちになったという感じが強くなり、心細さだけが感じられるようになる。

周囲からの一言でも嬉しく感じるようになり、まして家族からの一言、一動作であれば強力な協力者を得た気持ちになるといいます。

この気持ちが活力となって老いを忘れさせてくれるのであれば、これほどの親孝行はないように思うのです。

誰にでもできる親孝行、始めてみませんか。



『礼記』にまなぶ人間の礼 (10代からよむ中国古典)
『礼記』にまなぶ人間の礼 (10代からよむ中国古典)井出 元

ポプラ社 2010-01-16
売り上げランキング : 306031


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ