FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

四つの心
NHKのテレビ放送でも放映されたことがある「足なし禅師」と呼ばれた小沢道雄師。

本名、小沢道雄、大正9年生にまれ幼年期に曹洞宗の専門道場で修行をしている。

第二次大戦のさなか20歳で召集を受け満州へ行くも、戦場で右肩の自由を失い、昭和20年、25歳で敗戦を迎えた。


敗戦でシベリアに抑留され強制労働を強いられる。

零下40度を越える極寒の貨車の中で凍傷におかされ、両足を膝から切断する。

その時の担当軍医は内科医で、麻酔薬もなく外科手術はそれが初めてだった。

メスを執った軍医がしばらく祈るように目を閉じた姿を見たとき、小沢師はこの軍医に切られるなら本望だと思い定めたが、想像を絶する激痛で前進が軋 (きしんで) 硬直した。

その後も激痛は一か月余続き、8月に突然の帰国命令を受けます。


牡丹江 (ぼたんこう) からハルピン、奉天 (ほうてん) を経て胡盧 (ころ) 島まで、1500キロを徒歩で、歩けない者は担架に担がれて行くことになったが、出発して3日目の朝、目を覚ますと周りには誰もいなかった。

満州の荒野に置き去りにされている自分に気付き、あらん限りの大声で叫んだ。

通りかかった北満から引き揚げ途中の開拓団に運よく救われた。


帰国した小沢師は、福岡で再手術を受け、故郷相模原の病院に送られ、母親と弟が面会に訪れた。

「こんな体になって帰ってきました。いっそのこと死のうと思いましたが、帰ってきました」と母に言うと、母は膝までの包帯に包まれた脚を撫で、小さく言った。

「よう帰ってきたなあ」母と弟が帰ったあと、小沢師は毛布をかぶり、声を殺して泣いたという。


懊悩 (おうのう) の日は続き、気持ちはどうしても死に傾くのですが、その果てにふつふつと湧き上がってきた思いがあった。

比べるから苦しむのであり、その比べる元は27年前に生まれたことにある。

27年前に生まれたことを止めて、両足切断の姿で今日生まれたことにしようと思うのです。

足がどんなに痛く、足がなく動けなくとも、痛いまんま、足がないまんま、動けないまんま、生まれてきたのだから、何も言うことはなし。

そして小沢師の心からの叫び「本日ただいま誕生!」と共に、58年間の生涯を貫いた四つの深い覚悟が残っている。

一、微笑を絶やさない
一、人の話を素直に聞こう
一、親切にしよう
一、絶対に怒らない

両足義足、右手不随であるにも関わらず、常に生き生き托鉢行脚 (たくはつあんぎゃ) の放浪生活に東奔西走した足なし禅師の人生である。

小沢師のバイタリティと微笑みは万人を魅了したという。

自分の与えられた環境に、不平不満を心に持つ人生が如何に愚かなものか、人生とはいかなる境遇においても、人様に与え続ける心が大切なのだと教えている。


続・本日ただいま誕生 (1980年)
小沢 道雄
柏樹社
売り上げランキング: 587675


一日も早い、復旧と復興を心より願っています。

今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
「自分の与えられた環境に、不平不満を心に持つ人生が如何に愚かなものか、人生とはいかなる境遇においても、人様に与え続ける心が大切なのだと教えている。 」

どうしても、不平不満って心の中に沸き起こって来てしまいますね。
こちらのブログを拝見するようになってから、
沸き起こってしまった、マイナスな気持ちをプラスに転換する事が、
以前よりすんなりと出来るようになりました。

強い心と、温かな心をもつたくさんの人たちの人生。
それが、私にも強く温かな力を与えてくれます。

いつも、こちらにくると感謝の気持ちでいっぱいになります。
今日もありがとうございます☆

No title
こんにちは!
戦争の為に出兵し、片腕、片足を失い、四肢さえも失って帰還された兵隊さんの話などを
伺うと、本当に痛ましい思いが去来します。
けれども、水木しげるさんのお話でもそうですが、命を持って帰れた
だけでも儲けもの。
命が奪われなかったということは、何らかの天命を全うするべく
再びチャンスをいただいた様なもの。
それに早く気づいて、自分の使命を果たせる事が出来れば、
その人の命は更に輝き、亡くなられた仲間達の無念も
晴らせることが出来るのではないかと思いますね。

私も仕事で辛い思いをした時、体力が持たないと感じた瞬間に
今からが仕事の始まりだと思いながら、自分を奮起させていたりします^^;

そういえば生前、手足が不自由である方はその使命が果たされ
あの世に旅立つ時が来たときに、自分が元々持っていた
手足が現れ五体満足な姿で旅立つ事が出来、自分は
今天に召された事を素直に悟る事が出来、迷わず
成仏への道へ進めると聞いた事があります。
私はその話を聞いた時に、
懸命に自分の命あるかぎり生きた者への
最後に貰えるご褒美の様に感じました^^


応援凸
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
ひいちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> 「自分の与えられた環境に、不平不満を心に持つ人生が如何に愚かなものか、人生とはいかなる境遇においても、人様に与え続ける心が大切なのだと教えている。 」
>
> どうしても、不平不満って心の中に沸き起こって来てしまいますね。
> こちらのブログを拝見するようになってから、
> 沸き起こってしまった、マイナスな気持ちをプラスに転換する事が、
> 以前よりすんなりと出来るようになりました。

良かったですね!
ひいちさんの前向きな考え方や自分を変えていこうという姿勢が、あなたにパワーを与えているのだと思います。
>
> 強い心と、温かな心をもつたくさんの人たちの人生。
> それが、私にも強く温かな力を与えてくれます。

一生に一度しかない人生は、実りあるものにするもしないも自分次第だと思います。
一人ひとりの出会いが人生を大きく実りあるものにします。
人生の機微もそんなところにあるように思います。
>
> いつも、こちらにくると感謝の気持ちでいっぱいになります。
> 今日もありがとうございます☆

こちらこそ、いつも訪問していただき感謝しております。
では、後ほどお邪魔いたします!!
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> こんにちは!
> 戦争の為に出兵し、片腕、片足を失い、四肢さえも失って帰還された兵隊さんの話などを
> 伺うと、本当に痛ましい思いが去来します。
> けれども、水木しげるさんのお話でもそうですが、命を持って帰れた
> だけでも儲けもの。
> 命が奪われなかったということは、何らかの天命を全うするべく
> 再びチャンスをいただいた様なもの。
> それに早く気づいて、自分の使命を果たせる事が出来れば、
> その人の命は更に輝き、亡くなられた仲間達の無念も
> 晴らせることが出来るのではないかと思いますね。

仰る通りで、私も同感です。
生かされている命は、何かの使命を全うするために生かされているのであり、
戦霊もそのために命を落としていったのだと思います。
>
> 私も仕事で辛い思いをした時、体力が持たないと感じた瞬間に
> 今からが仕事の始まりだと思いながら、自分を奮起させていたりします^^;

私も衰える体力との勝負で、自分を奮い立たせて気合を入れる時があります。
>
> そういえば生前、手足が不自由である方はその使命が果たされ
> あの世に旅立つ時が来たときに、自分が元々持っていた
> 手足が現れ五体満足な姿で旅立つ事が出来、自分は
> 今天に召された事を素直に悟る事が出来、迷わず
> 成仏への道へ進めると聞いた事があります。
> 私はその話を聞いた時に、
> 懸命に自分の命あるかぎり生きた者への
> 最後に貰えるご褒美の様に感じました^^

良いお話を聞かせていただき有難うございます。
心がなごみ、人の一生をあらためて思い直しています。
>
>
> 応援凸

では、後ほどお伺いいたします!!
Re: No title
秘コメさん、こんばんは ♪

コメント有難うございます。
そうなんですよね!
確かに父の日は、母の日みたいに盛り上がりませんから
華やかさも無く質素なものです。
それでもカレーパンのプレゼントがある父の日は嬉しいものですよね。
何事も貰えるるうちが華だと思います。

ではまた!!
No title
v-22ニックさん、こんばんは。
私、どうしても解決がつかず、悩み苦しんでいることがあったのですが
このブログで吹っ切れた気がします。
そうです。比べるから苦しむのです。
まさに「本日ただいま誕生!」です。
もともとそうだったのだと思えばいい。
それを受け入れて人生を謳歌すればいい!
そう思えてきました。
ここ3年間、どんなに押しても引いても開かなかった扉がやっと開いた気がします。
そして、その扉の向こうに仏が「ようやくここまでやってきたね」と、笑顔で待っていてくださった。。。
そんな気がします。
今日もニックさんに感謝ですv-238
Re: No title
フローレンスさん、おはようございます ♪

いつもコメント有難うございます。

> v-22ニックさん、こんばんは。
> 私、どうしても解決がつかず、悩み苦しんでいることがあったのですが
> このブログで吹っ切れた気がします。
> そうです。比べるから苦しむのです。
> まさに「本日ただいま誕生!」です。
> もともとそうだったのだと思えばいい。
> それを受け入れて人生を謳歌すればいい!
> そう思えてきました。
> ここ3年間、どんなに押しても引いても開かなかった扉がやっと開いた気がします。
> そして、その扉の向こうに仏が「ようやくここまでやってきたね」と、笑顔で待っていてくださった。。。
> そんな気がします。
> 今日もニックさんに感謝ですv-238

今日から全てが始まると思えば、なにも無いところからのスタートであり気持ちは楽になりますね。
過去のしがらみを引きずるからマイナス思考になり、良い決断もできないように思います。
全てが心の有り様次第で人生は開けるのだと思っています。

では本日も、後ほどお邪魔いたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ