FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

すべての出来事には意味がある ES1
あの事件からすでに11年の歳月が過ぎようとしている。

11年前のゴールデンウィーク5月3日、彼女にとって忘れようのない日となった。

春の花1
佐賀市内で幼児教育の教室を主宰され、子どもたちもお世話になった塚本達子先生と一緒に彼女はバスに乗っていた。

子どもたちは小学校に入る時点で先生の教室は卒業したが、人生に関する多くを学ばせていただいた彼女は先生から卒業できず、交流を続けていたのです。

この日は一緒に福岡にクラシックコンサートを聴きにいく予定で高速バスに乗った。

バスが高速に入ってしばらくすると、一番前の座席に座っていた少年が突然立ち上がり、牛刀を振りかざしてこういった。

「このバスを乗っ取る。全員荷物を置いて後ろへ下がれ」と。

声にすごみはなく、まだ中学生くらいのあどけない少年が本気でバスを乗っ取ろうとしているとは思わなかった。

乗客は少年の言うことに従い、後部座席へ移動するが、その時、一人だけ眠っていて事態に気づいていない人がいた。

「おまえは俺の言うことを聞いていない!」といい、少年は逆上し、その人の首を刺したのです。

その時初めてこの子は本気なのだと彼女は気づいた。

春の花2
しばらくすると、乗客の一人が「トイレに行きたい」と言い出し、少年はそれに応じて、バスは道路の路肩に止まった。

その人がおそらく通報したようで、バスの前に乗用車が何台か止まり始め、そのことに気づいた少年はさらに逆上し、「あいつは裏切った。これは連帯貢任です」と言いながら、一番近くに座っていた彼女の顔を牛刀で切りつけていく。

手や首を何ヶ所か刺された彼女の体は、通路へ転がり落ちていった。

しかし、その時彼女はこう思ったという。

『ああ、彼の心は、この私の傷と同じくらいに傷ついていたのだ。そんな少年を殺人者にするわけにはいかない』と。


そうして数時間が経過し、バスの速度が落ちたのを見計らって、2人の乗客が窓から飛び降りた。

すると少年は「連帯責任」という意味で、塚本先生を2回刺した。

崩れ落ちる先生を見ながら、彼女は直感的に「突っ伏したら死んでしまう」と思った。

「先生、起きて!」と心の中で何度も叫ぶのですが、自分の体もままならず、どうすることもできなかった。

これが当時17歳の少年が起こしたバスジャック事件に遭遇した山口由美子(やまぐち・ゆみこ)さんの回想です。

次に続く!



佐賀バスジャック事件の警告―孤立する家族、壊れた17歳
佐賀バスジャック事件の警告―孤立する家族、壊れた17歳町沢 静夫

マガジンハウス 2000-12
売り上げランキング : 388744


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 生きるということ
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ