FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

こども時間を届ける ES1
入院中の子どもたちを定期的に訪問し、遊びやユーモアを届け、子どもの笑顔を育(はぐく)む活動、それはクリニクラウン"臨床道化師とも呼ばれ、その活動に自ら参加している塚原成幸(つかはら・しげゆき)さんの話です。

クリニクラウン
1998年に公開された映画『パッチ・アダムス』により、道化師が病院を訪問する活動が広く知られることになった。

欧米の病院では1980年代から専門職として確立され、その重要性は社会的にも認められているが、日本ではほとんどその活動は知られていない。

クリニクラウンは道化師のシンボルである赤鼻をつけ、2人1組となり、子どもたちの前でおどけたり、思い切り遊んだりする。
                                                   
またステージに立つピエロとは違い一方的に演技を見せるということはしない。

例えば、ドア一つ開けられずに困っている道化師たちの様子を見て、子どもたちに「何かをしてあげなきゃ」と感じてもらうことで、彼らのほうから歩み寄ってくれる瞬間を待つのです。


彼が道化師の活動を始めたのは、大学を卒業して間もなくのこと。

一人芝居に打ち込んでいた学生時代、交通事故を起こし、生死の淵を彷徨(さまよ)う大怪我を負ったことがきっかけとなった。

まるで自由の利かなくなった身体で、来る日も来る日も天井を見上げる日々の中、幼い頃道化師に抱いた憧れの気持ちが蘇ってくる。


身体表現をもとにすれば、言葉の違いにとらわれず、人種や世代の壁を越えて世界中の人々と繋がり合えるかもしれない。

20代前半に生命と真剣に向き合えたのは今後の人生を占う上でのチャンスだと受け止め、卒業と同時に迷わず道化師の世界に飛び込む。

家族や友人など様々な人の反対を押し切り、道化師になる修業を一人始めるも、周囲の反応は「クラウン(道化師)?車のセールスを始めるのか」といったものばかりだった。

それでも海外に渡り本場の芸に触れるたび、この素晴らしいユーモアの文化を日本に根付かせたいという強い思いに駆られていく。


次に続く!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : NPO
ジャンル : 福祉・ボランティア

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ