FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

無財の七施
仏法に「無財(むざい)の七施(しちせ)」という教えがある。

財産がなくても誰でも七つの施しができる、喜びの種をまくことができるという教えです。

財産がなくて、どうして施しができるのか。何を施せるのか。

『雑宝藏経(ぞうほうぞうきょう)』は、「仏(ほとけ)説(と)きたもうに七種施あり。財物を損せずして大果報を得ん」として、七つの方法を示しています。

一は「眼施(げんせ)」
  慈しみに満ちた優しいまなざしで、すべてに接する。

二は「和顔悦色施(わがんえつじきせ)」
  いつもなごやかで穏やかで、慈愛に溢れた笑顔で人に接する。

三は「言辞施(げんじせ)」
  優しい言葉、あたたかい言葉。

四は「身施(しんせ)」
  自分の身体を使って人のために奉仕する。

五は「心施(しんせ)」
  他のために心をくばり、思いやりの心を持つ。

六は「床坐施(しょうざせ)」
  自分の席、地位を譲る。

七は「房舎施(ぼうしゃぜ)」
  風や雨露をしのぐ宿を貸す。


人は日常のささやかな行いによって喜びの種をまき、花を咲かせることができるとお釈迦様は教えている。

大きなことでなくともいい、そんな喜びの種まきの実話です。



ある高校で夏休みに水泳大会が開かれ、種目にクラス対抗リレーがあり、各クラスから選ばれた代表が出場した。

その中に小児マヒで足が不自由なA子さんの姿があった。

からかい半分で選ばれたのですが、A子さんはクラス代表の役を降りず、水泳大会に出場し、懸命に自分のコースを泳いだ。

その泳ぎ方がぎこちないと、プールサイドの生徒たちは笑い、野次った。

その時、背広姿のままプールに飛び込んだ人がいた。

それは校長先生だった。

校長先生は懸命に泳ぐA子さんのそばで、「頑張れ」「頑張れ」と声援を送った。

その姿にいつしか、生徒たちも粛然(しゅくぜん)となった。


すべて人の手を借りる暮らしをしている、寝たきりのおばあさんがいた。

そんな自分が不甲斐ないのか、世話を受けながらいつも不機嫌だった。

ある時一人のお坊さんから「無財の七施」の話を聞いたが、「でも、私はこんな体で人に与えられるものなんかない」と言った。

お坊さんは言った。

「あなたにも与えられるものがある。人にしてもらったら、手を合わせて、ありがとうと言えばよい。言われた人はきつと喜ぶ。感謝のひとひと言で喜びの種をまくことができる」と。

おばあさんは涙を流して喜んだ。



喜べば喜びが、喜びながら喜び事を集めて喜びに来る。

悲しめば悲しみが、悲しみながら悲しみ事を集めて悲しみに来る。

「人生善きことのみ想い、悪しきことは想わず」の人生を歩んでいると、この「無財の施」も自然と身につき、知らず知らずと徳をつむ人生になるのだと思う。



〈マンガ〉正法眼蔵入門―道元の「仏法」に迫る (サンマーク文庫)
〈マンガ〉正法眼蔵入門―道元の「仏法」に迫る (サンマーク文庫)白取 春彦 登 竜太

サンマーク出版 1998-04
売り上げランキング : 14399


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ