FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

歌の生命に炎を燃やして
10代半ばで発症し、50余年問糖尿病と付き合い歌い手として元気に活動している声楽家の馬場裕子(ばば・ひろこ)さんの話です。


宮本輝の「二十歳の火影(ほかげ)」いう著書の中に、「蜥蜴(とかげ)」という3ページほどの短編があります。

ある男が3年ほど住んだアパートを引っ越す際、棚を移動しようと裏を見たら、蜥蜴が挟まっていた。

壁と棚の間に打ち込んだ釘に身体を貫かれた蜥蜴は、驚いたことに生きていた。

悩んだ末、男は釘を抜く。

たとえそのために命を落とすことになっても、蜥蜴はこの釘を抜いてほしいだろうと信じて…。


馬場さんが初めてこれを読んだ時、衝撃が走ったといいます。

糖尿病以外にも網膜症や狭心症など約30の合併症を併発しており、通院中の病院は12か所、インスリンの注射は日に4回、さらに11種類もの薬を服用している馬場さんにとっては、常に死と直面して生きる自分の姿が蜥蜴と重なったのです。


糖尿病兆候は小学生の頃からあり、のどの渇きで水を大量に飲み、ひどい倦怠感に襲われていく。

高校生の時に糖尿病であることがわかり「もう普通の女の子のような生活はできない」と思ったという。

日常生活を送る上で制限があることに不自由を感じ、糖尿病は多額の治療費がかかるため、洋服を買ったり、旅行することなどは諦め、自分は人並みでないという劣等感に苛まれて思い悩んだことも多くあったといいます。


日々、病と向き合う生活の中で結婚して1年目、子どもができます。

出産に当たって医者からは「出産は難しい」と言われるのですが、子どもを産むことが自分の「女性としての証」と信じ、妊娠中毒症他を乗り越えて、帝王切開で元気な赤ちゃんを産むのです。

その後、次女も無事に同じく帝王切開で出産。

その時初めて、心に根を張っていた劣等感が溶けていくのを感じます。
幼い頃から歌が大好きだった馬場さんは、入退院を繰り返しながら声楽の勉強を続けます。

大学卒業後も働きながら声楽家への道を歩み、結婚・出産を経て、娘2人を育てながら演奏活動に精力を注ぎます。


そして41歳の時、ソ連公演に参加し、55歳で念願のCDを出します。

これまでの公演回数はのべ2000回以上になるといいます。


現在、馬場さんは地元で合唱指導をいくつかおこない、その中の一つに「歌う出産」の指導があります。

これは出産の際にいきむ代わりに歌を歌い、よりリラックスした状態でお産に臨める新しい出産の方法です。

ラマーズ法を取り入れている助産院の院長の話がきっかけとなり、そこの助産院に通う妊婦は臨月まで歌を歌うことで、腹式呼吸を身につけて半身の筋力を鍛えます。

胎児は妊娠9週目から耳が聞こえるので、母親が産む時に歌った歌はその子の一生の宝物になり、新しい生命の誕生は、まわりに大きな感動を与えてくれます。

世界中を旅行したり、イタリアに音楽留学したり、外国での定期的な演奏活動などやりたいことは山ほどあったが、いま振り返とそれでよかったと馬場さんは語ります。

極端に限られた条件の中で、目の前にあるできることを一所懸命やる中で今日に至る。

これまでどのような時も、自暴自棄になったり、薬を飲むことを放棄したりしたことは一度もないといいます。

それは馬場さんのそばには、いつも温かく見守ってくれる両親や、優しく励ましてくれる友人たちの存在があった。

満州で生まれ、戦後幼い弟を連れて日本に引き揚げ、死屍累々(ししるいるい)の道を逃げまわる中で、守ってくれた母の姿を忘れず、歌うことで多くの方々にお返しをしたいと、馬場さんは今日を生きています。


新装版 二十歳の火影 (講談社文庫)
新装版 二十歳の火影 (講談社文庫)宮本 輝

講談社 2005-10-14
売り上げランキング : 382639


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日も一日 笑って笑顔でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ