FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

あの声聴くとほっとする
NTTの時報や留守番電はサービス、銀行のATMなどで一度は聞いたことのある声の持ち主、ナレーターの中村啓子(なかむら・けいこ)さんの話です。

南京玉簾1
中村さんは富山の田舎町で生まれ、幼い頃は非常に口数の少ない女の子でした。

それが小学校三年の時に授業で朗読をすると、「いい声しとらね。アナウンサーになりゃいいがに」と同級生から言われたことをきっかけに、自分の声を意識し始め、高校時代も放送部の活動に熱中します。

今考えると、この同級生の一言が自分の人生の道を切り開いてくれたと語っています。


その後、横浜の短大に進学し都内のアナウンサー養成学校に通い、アクセント事典を本の横に置いて、友達に笑われながら正しい発音で話せるよう勉強します。

アナウンサーの採用試験は何百倍という倍率で見事に全部落ちますが、母の知人から「ナレーターという仕事がある」と紹介され、アナウンサーとなります。


仕事もどんどん増えていき、一日に4つも5つもスタジオを駆け回るような毎日でしたが、そんな39歳のある日、突然がんの宣告を受けます。

いきなり目の前に「死」というものを突きつけられ、もしこのまま死んでしまったとしたら、なんて薄っぺらな人生なのだろう、そして自分には本当の友達がいなかったと感じます。

誰にも心を閉ざし、「義理のお見舞いは嫌だ」と入院したことも周囲に告げずにいたため、孤独な闘病生活の中で、天井を見つめながら、自分が愛されていないのは、人のせいじゃなく、自分が本気で人を愛したことがないからだと気づきます。

神様、もう一度私に命が与えられたとしたら、「愛する」ということをさせてくださいと祈り、みごと復帰を果たした中村さんは、本当の愛を考える様になります。


そんなある時、友達に勧められて近所の教会へ行き、賛美歌の歌詞が投影機で映されている中の「ゆるし」という3文字が心に残ります。

その時のことを中村さんは「やっと本物に巡り合えたと思った」と言っています。

そして中村さんはキリスト教における「ゆるし」とは法的なものではなく、人間が持っている原罪だということを知り洗礼を受け、クリスチャンになります。



『聖書』にある「自分がしてもらいたいと思うように、他の人たちにもそうしなさい」という言葉に影響を受け、いつも、その人がどのような状態にいて、どんなふうに聴きたいのかな、ということを想いながら喋る、聴き手の思いに耳を傾けるということが一番大事なのだと言います。

本当の幸せって、いい状態がずっと同じように続いていくのではなく、ドーンと何かが起きてそこから新境地を見出したところに待っているものだと、中村さんは自身のがんの体験をもとに語ります。


そして、病気に対する認識を自分の中で変えて、「病気は自分が原因をつくったんだ」と考え、生活習慣を改善し、物事も常にポジティブに捉えるようにしたと言います。

中村さんの仕事は皆様から声がかからないと時間を持て余し、落ち込んだりすることも多く、何かの本に「将来のことが不安になったら、人のために何がでるかを考えればいい」と書いてあるのを目にします。


現在中村さんは、在宅ホスピスの医院を営む牧師さんの紹介で、在宅末期がん患者の方へ朗読ボランティアを始めています。

ご夫婦と三人でいる時間が、何かそこに光が当たっているようで、「楽しい」なんて言ったらいけないのかもしれないけれど、相手の方もそうおっしゃってくださるんですね。「癒やされるからまた来てください」って。

自分の声で癒やされると言っていただくことが、最高の喜びだと中村さんは語っています。

三浦綾子読書会朗読部門講師として朗読CDを発表したり、活動の場を広げていますが、「あの声聴くとほっとするよね!」と言われることが中村さんにとって一番似合っているように思います。



今日も一日 笑って笑顔でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ