FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

人生の仕組み ES2
越智さんは子どもの頃から感じやすく、よく霊を見たり、時には妖精(ようせい)と一緒に遊んだりしながら大きくなったという。

一方で、人ごみの中ではぐったりしてしまい、医師からは「自家中毒」と言われるパターンを繰り返していた。


副腎の難病もあり、病院とは縁が切れず、さらに幼い頃亡くなった弟の死が医師の誤診と聞いてから、彼女は自ら医師を目指します。

自身が副腎ステロイドホルモンを投与され、その副作用で苦しむのですが、精神科医になっても精神安定剤などの薬を使わない、心地よい治療を探求し続けていた。

ハンドヒーリング(手当て療法)、笑い療法と、いずれも薬を使わずに素晴らしい効果を発揮するのです。


しかし平成5年に過労で倒れて以来、もう一度患者の立場となって、あらゆる治療法を試みることにし、そこで別の癒しの世界、それまで知りえなかった精神世界の扉を開き、人生のしくみを深く知ることとなります。


まずアロマ(香り)セラピィにはまり、クリスタル(水晶)ヒーリングを受けた後、今度はヒプノセラピィという「過去生回帰の催眠療法」のセッションを受けます。

いわゆる自分の前世や過去生を知ることで、仏教用語としてしか知らなかった「輪廻(りんね)転生」を実感する体験です。

ヒーラーの誘導に従って過去生をイメージし、イメージの中で彼女は、3000年前のエジプトの舞台女優でした。

出てきた場面は、愛していた恋人の子どもを宿して、嬉しくて彼に報告しているところなのですが、彼に「子どもはいらない。堕ろせ」と言われ、大きなショックを受けている。

彼を失いたくない彼女は黒ずくめの老婆から怪しげな薬をもらい、堕胎。

その上、健康も、女優としての美貌も、スピリチュアル(霊的)な能力も失って、亡くなります。

そしてこの時の彼が、今世の彼女の最初の夫と教えてもらい、さらにびっくりしたのです。

今世でも子どもを産めないことで離婚になっていたからです。


過去生の書き換えとして、子どもを出産するイメージ療法もしましたが、どうやら今世では子どもを産めない病気をプログラムして、医師になるコースを彼女自身が選んだということらしいのです。

宗教ではこれを「カルマの解消」というそうですが、言い方を換えれば、「逆の立場になって、相手の気持ちを理解して魂が成長する」ということなのです。

つまり彼女は今世で子どもを産めない悲しみを味わうことで、過去生で子どもを産めたのに堕胎してしまった罪悪感を解放したのです。


人は全て自分でプログラムを組んで生まれ、両親との出会いも自分で選んできていると越智さんはいいます。

大リーグで大活躍のイチローは、おそらく野球選手として成功する夢を抱いて生まれ、彼はその夢を手助けしてくれる父親を選んで生まれたのです。

もちろん、世の中には逆に両親の反対を押し切ってチャレンジし、成功した人もたくさんいます。

それはそれで、逆境に負けない魂をつくるために、その両親を選んだということなのです。


次に続く!






 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ