FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

信條を持て
東京三鷹の玉川上水のほとりに、旧山本有三邸である「山本有三記念館」がある。
山本有三記念館
この記念館は大正末期の本格的な欧風建築であり、晩餐(ばんさん)客がくつろぐドローイングルーム(応接間)や、個性的にデザインされた3つのマントルピース(暖炉)があり、壁やドアにも装飾的なものが施され、三鷹市の文化財にも指定されている。

私は山本有三という名を聞いて『路傍の石』」『米・百俵『』という小説や戯曲が最初に頭に浮かんでくる。

栃木県で呉服屋の息子として生まれ、父親の命で東京浅草の呉服商に奉公に出され、東京府立一中を卒業した後、一高入学、1年落第を経て卒業し、東京帝国大学独文学科に入っている。

1920(大正9)年には、戯曲「生命の冠」でデビューをはたし、『嬰児(えいじ)殺し』では日本の新劇の基礎を固め、大正末期から小説にも手を染め、『波』などの新聞小説で成功を収めている。

その後は、ひたむきな女医を描いた『女の一生』、勤め人一家の愛と犠牲の日々を書いた『真実一路』、逆境をたくましく生きる少年を書いた『路傍の石』で国民的作家となった。

その山本有三がいった名言にこんな一言がある。

たった一人しかいない自分を、
たった一度しかない人生を、
本当に生きなかったら、
人間、
うまれてきたかいがないじゃないか。

人生を真剣に本当に生きるには、信條を持つことが大事なのです。

信條を持たない人は人生の途上に立ちこめる雲霧(うんむ)に道を失うことがあり、人は信條を持つことで、人生を軌道修正することは幾らでもできる。

禍(わざわい)が福となり、福が禍に一変することは、人間の私心でわかるものではなく、いつも正義を守り、陰徳(いんとく)を積むことを心がける。

窮困(きゅうこん)に処(しょ)するほど快活にし、窮すれば通ずる、また通ぜしめるのが、自然と人生の真理であり教えでもあるという。

そして、山本有三が訳したドイツの詩人ツェーザル・フライシュレンの詩に、この心理の一節がある様に思う。


『心に太陽を持て』

心に太陽を持て
あらしがふこうと ふぶきがこようと
天には黒くも 地には争いが絶えなかろうと
いつも、心に太陽を持て

唇(くちびる)に歌を持て
軽く、ほがらかに
自分のつとめ 自分のくらしに よしや苦労が絶えなかろうと
いつも、唇に歌を持て

苦しんでいる人 なやんでいる人には こう、はげましてやろう
 
「勇気を失うな 唇に歌を持て 心に太陽を持て」



心に太陽を持て (新潮文庫)
心に太陽を持て (新潮文庫)山本 有三

新潮社 1981-06
売り上げランキング : 41766


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ