FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

免許証更新
先週の金曜日、そろそろ運転免許証の講習会が近いのではと思い、更新手続きに貰った書類を確認してびっくり。

12月だと思っていたのが11月29日午前10:00~11:00となっていました。

ほんの2ケ月前、会社の前の道路に路駐していて駐禁のキップを切られ、講習会の対象者となりました。

あわてて仕事のスケジュールを確認、良かった何も入っていなかったのでホッと一息。

そして本日、講習と新しい運転免許証を取りに行くこととなり、講習会30分前からの受付ということで早目に出掛けました。

今回のような1時間の講習を受ける人も、それなりにいるのだろうと思って行ったのですが、会場の多目的ホールには50人ぐらいの人で、改めて違反者の少なさにチョット驚きました。

というのも20年以上昔、スピード違反で30日免許停止処分を受けた時の免許更新には、100人以上の人が来ていた記憶があり、今日も軽微な違反(駐車禁止、進入禁止、シートベルト装着、歩行者妨害等)をする人は、そこそこいるのだろうと思っていたのですが全く違っていました。

これだけ違反者が少ないと、改めて自分が犯した駐車違反の行為そのものを後悔させられます。

講習会で貰った教本は3種類で、その中で最新の道路交通法の改正をお伝えします。

◆高齢運転者対策
平成21年6月1日から、講習予備検査(認知機能検査)を導入し、同年12月1日移行に免許証の更新期間満了日を迎える75歳以上の方を対象に、高齢者講習の前に、記憶力・判断力に関する検査を行う。

記憶力・判断力が低くなっていても免許証の更新はできますが、信号無視、一時不停止、踏切不停止といった特定の交通違反を更新の前に行っていた場合または更新の後に行った場合は、警察から連絡があり、専門医の診断を受けるか、主治医の診断書を提出することになります。認知症と診断された場合には、免許が取り消されます。

◆車間距離保持義務違反の罰則強化
高速自動車国道(神奈川付近では東名高速と中央自動車道)または自動車専用道路(首都高速、小田原厚木道路、横浜横須賀道路等)における車間距離保持義務違反の罰則が強化されました。

高速自動車国道または自動車専用道路では、3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金

◆高齢運転者等専用駐車区間制度の導入
都道府県公安委員会は、多くの高齢者等(高齢者の他、障害者、妊婦も含む)が日常生活において利用する官公庁や福祉施設等の周辺の道路上に高齢運転者等専用駐車区間を設置することができる。

高齢運転者等専用駐車区間においては、高齢者等が運転しており、かつ都道府県公安委員会が交付する標章を掲示した晋通自動車に限り駐車することができる。

◆被害軽減対策
交通事故の際の被害を軽減するため、後部座席でのシートベルトの着用が義務付けられました。
自動車の運転者は、助手席以外についても、シートベルトを着用しない者を乗車させて自動車を運転してはいけない。

◆悪質・危険運転者対策
飲酒運転をはじめとする悪質・危険な運転を根絶するため、運転者に対する罰則を強化するとともに、運転者の周辺者に対する罰則も整備された。

・飲酒運転幣助行為に対する罰則を整備し、罰金や懲役刑の引き上げをしています。
 酒気を帯びて飲酒運転を行うおそれがある者に対し車両を提供する。
 飲酒運転を行うおそれがある者に対し酒類を提供する。
 車両の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、自己の運送の要求・
 依頼をして同乗する。

・運転者本人への対策
 飲酒運転等に対する罰金や懲役刑の引き上げ。

・救護義務違反に対する罰則を引上げ
 いわゆる「ひき逃げ」事故のうち、被害者の死傷がその運転者の運転に起因する
 ものである場合の罰則が引き上げ。

・危険防止措置として免許証提示義務を見直し
 違反行為を行ったり、交通事故を起こした運転者は、警察官がその運転者に
 運転を継続させられるかどうか確認するために運転免許証の提示を求めた
 ときは、提示しなければなりません。

◆飲酒運転等に対する行政処分の強化
酒酔い運転、救護義務違反などで免許の拒否・取消しを受けた場合に免許を受けることができなくなる期間が最長10年まで引き上げられました。また、酒気帯び運転等の基礎点数が引き上げられました。

◆中型自動車・中型免許の新設
貨物自動車の事故防止を図るため、中型免許制度が設けられた。

・普通免許を持っている人
 運転できる車の大きさは同じで、運転免許証の変更等も必要ありません。
 運転免許証の条件欄に「中型車は中型車(8t)に限る」と表記されます。
 今までどおり、乗車定員が10人以下の自動車や、中型自動車でも車両
 総重量8t未満、最大積載量5t未満のものであれば運転できます。

・大型免許を持っている人
 運転できる車の大きさは同じで、運転免許証の変更等も必要ありません。
 大型第二種免許についても同様です。ただし、21歳未満の方、
 経験3年未満の方は、新制度における大型自動車は運転できません。

◆聴覚障害者保護
これまで運転免許を取得できなかった聴覚に障害のある方についてワイドミラーの使用を条件として普通自動車免許を取得することができることになりました。

◆自転車利用者対策
自転車が関係する交通事故の多発や、自転車が無秩序に歩道を通行している実態などを踏まえ、自転車に関する道路交通法が改正されました.

・普通自転車の歩道通行可能要件の明確化
 普通自転車は、ある一定の要件を満たす場合に歩道の通行が可能となりました。
  道路標識などで指定された場所
  運転者が13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者、身体の不自由な人
  車道または交通の状況からみてやむを得ない場合

・乗車用ヘルメット着用努力義務の導入
 児童または幼児を保護する責任のある者は、児童または幼児を自転車に
 乗車させるときは、乗車用ヘルメットをかぶらせるように努めなければ
 なりません。

以上が最新の道路交通法改正の概略ですが、詳しい内容は最寄りの警察等でお確かめください。



今日も一日 笑って笑顔でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 交通安全
ジャンル : 車・バイク

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ