FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

勤労感謝の日
今日は「勤労感謝の日」ということで、改めてどんな日であるのかちょっと調べてみました。

ウメバチソウ
「勤労感謝の日」は明治以来、天皇制がなくなるまで、11月23日(第2卯の日)は「新嘗祭(にいなめさい)」という祭日でした。

これが1948年(昭和23年)の「祝日法」によりに「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という趣旨で「勤労感謝の日」に制定されました。


新嘗祭は古くからの国家の重要な行事であり「瑞穂の国」の祭祀を司る最高責任者である大王(おおきみ、天皇)が国民を代表して、農作物の恵みに感謝する式典でした。

「新嘗」とはその年収穫された新しい穀物のことをいいます。

律令制度のもとでは、季秋(9月)11日に神嘗祭(かんなめのまつり)、仲冬(11月)の最初の卯の日に相嘗祭(あいなめのまつり)、2番目の卯の日に新嘗祭(にいなめのまつり)を行うことになっていました。


この新嘗祭のうち、天皇が即位してから最初に行うものを特に大嘗祭(おおなめのまつり)といい、これが実質的にその天皇の即位を天下に知らしめる大規模な祭典となっていましたが、現在は新暦に移行したため、伊勢神宮では10月の15~25日に神嘗祭、11月23日に新嘗祭を実施しているそうです。

また、アメリカにも勤労感謝の日があり、「Labor Day」と呼ばれていますが、こちらは9月の第一月曜日に行われているもので、日本の勤労感謝の日とは直接の結びつきはないようです。


しかし11月の最終木曜日に「Thanks Giving Day」(感謝の日)というのがあり、こちらのほうがどちらかというと、結びつきが強いかもしれないということです。

祝日法で定めることにより、以前の農作物の恵みに感謝する日から、勤労をたっとぶ日と変更しましたが、これは、勤労の成果物が農作物だけでなく、物品や研究など、勤労で生み出される文化、精神、発展などを大きな意味をとったということらしいです。


働くことは素晴らしいことで、そこからは沢山のものが生み出されます。

人に感謝されるもの、喜ばれるもの、人の役に立つものなど、勤労により生み出されるものは、数限りがありません。

しかし、勤労の意味とは「肉体的な労働によって物品等を生産するということにのみ終始するものではなくて、精神的な方面においても一日一日を真剣に考え、物事の本質を見極め、創造し、生産し、また深めてゆく研究態度にも勤労の大きい意味は存在します。

働くこと、働けることのありがたさに感謝し、一年でこの日だけは、自分自身にご褒美をあげてもよい日だと思うのですが。




今日も一日 笑って笑顔でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ