FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

わが家の記念日
早いもので振り返ってみると、夫婦をやらせていただき30年が過ぎました。

この30年は子育てに追われた思いと感じるのは、私だけでなく愛妻も同様のようです。


結婚の1ヶ月前には仕事のトラブルで海外に出向しそうになったり、新婚旅行(北海道)では車に追突され、むち打ち症で旅行は全てキャンセル、毎日札幌市内の病院へ日参する羽目になったり、と波乱万丈のスタートでした。

そんなことがあったせいか、結婚後は1度の夫婦喧嘩(夫婦の危機)だけで収まっています。

そんな夫婦の週末の会話から。

愛妻
「スーパー○○で○○のつゆが限定250本○○○円、たまごが限定20,000パックで○○円。お父さん開店前に行かないとね。」

と言いながら、朝のコーヒーを飲み朝刊のチラシに目をやっている愛妻。


「こっちは良いけど、あなたは大丈夫なの?」

スーパーはわが家からは車で10分たらずなのですが、すでに9時半を回り、掃除に洗濯物を干すと開店時間の10時には間に合わないのですが、いつものお気楽女房は私を当てにしているようで。


「お母さん、もしかして掃除をおいちゃんにして貰いたいとか?」

愛妻
「そんなことないけど、おいちゃんがお掃除したそうにしているから?」


「掃除して欲しいの?」

愛妻
「お掃除したいの?」


「間に合って○○のつゆをゲットできたら、モンテールのロールケーキ1本でどう・・」

愛妻
「いいわよ、おいちゃん掃除の手抜きはだめよ」


こんな会話をしながら、分担作業で掃除と洗濯物を片付け10時13分にスーパー到着。

一目散でお目当ての○○のつゆ1本とたまご1パックをゲットし、カートを引きながらの通常の買い出しが始まるのです。

たまには波長の合わない時もあるのですが、お互い仕事を持っている以上、どこかで互いが頼り頼られる関係をボケとツッコミの会話で成り立たせてしまったように思います。

ともあれ30年という年月はあっという間の出来事でした。

母の88歳誕生日を迎えることが有り難いことと感謝しています。

父を亡くした後も、孫の面倒をみたり、働いている愛妻に代わって掃除や洗濯をしたりと、じっとしていない母も米寿になりました。

16本のローソクを一息で吹き消したおばあちゃんを見て四男が一言。

「おばあちゃん、その肺活量なら100まで生きるよ!」


今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 誕生日
ジャンル : 結婚・家庭生活

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ