FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

人生の芽を摘む
朝の花
どんな人間でも一生のうちに一度は素晴らしい花を咲かすことができるという。

しかし、自らが無意識にその芽を摘んでいるのかもしれない。


お寺の本堂で先祖の供養をしながら、先祖の歴史に思いを寄せ、その魂を肌で感じながら佇(たたず)んでいると、無限の可能性と明日の希望を思わずにはいられない。

それだけに、その芽を摘む人は誰でもない自分自身であり、決まって学ばない人なのだという思いがこみ上げてくる。

結果的にいつも他人の責任にし、自己責任を忘れた人間の姿が、いまの日本人に存在しているような気がする。


幾度となく困難に直面する人生で、その困難をプラスに変えて幾つ乗り越えられたのかとふと思う。

やはり、困難こそがまさに次に咲く花の芽となっていることを、過去のリーダーたちの歴史が物語っているように思うのは私だけなのか。

この時期、お寺の庭は寒気の中で完全に丸裸の木々たちが、紅葉の時よりも気高く美しく感じられる。

落葉の瞬間にすでに次の芽を出していることを思う時、人間よりも、自然の営みに学ばなければならないことがよく分かる。

枯れた葉が落ちる時に、そこにはすでに春の季節を待つ命が深く芽生えているように思う。

多くの人は、壁にぶつかるとすぐに自分を投げ出し、諦め、ひどい人はすべてを社会の責任にしてしまう。


自分のことはさておき、人を批判することで物事を推し進めようとしている人や組織がいかに多くなってきたかを痛感する。

そんな歪んだ社会に身を置いていると、自分もその渦の中に引き込まれ、次に咲く心の芽までがしぼんでいく自分を奮い立たせ、今年も一から仕事に励み、新たなことも学びたいとこの本堂で思う。

お寺行く途中、信号停止をし、ふと助手席に目をやった瞬間に飛び込んだ表札です。

何と読むのか分かりませんが、この表札を見た瞬間、今年はお金の福がくるような気がしたのですが。



今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ