FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

小さき自分 ES2
明治42年、東京に中央審議会ができた翌年に高知慈善協会が発足、孤児救済を目的にした高知博愛園が設立され、その園母として白羽の矢が立ったのが、当時教師をしていた42歳の菊栄でした。

要請を受けた菊栄は、子どもや村民から別れを惜しまれつつ、小学校を後にする。


園母に迎えられた菊栄は、「清潔で安全」であることは、子どもを育てる上での絶対条件との考えで、最初の仕事を園内全室の大掃除から始める。

菊栄はダニや蚤 (のみ) 、虱 (しらみ) などが集る中、長い廊下や広い床の間を這いずりながら、障子の桟(さん)一本に至るまで、消毒液を使って磨き上げていく。

菊栄は衛生に対するその徹底した姿勢を、終生にわたり貫いている。


預かった子の多くは孤児よりも貧困児が多く、呑んだくれの父親や蒸発した母親など、それぞれ家庭内に問題を抱えていた。

そんな中で、菊栄が貫き通した養育方針が2つある。


一つは「叩かない養育」。

「躾」と称する体罰がまかり通っていた時代に、菊栄は一度として子どもたちに手を上げることはなかった。

もう一つは「コンプレックスを抱かせない養育」です。

親から離れて他人と生活している子は、親元で暮らしている子には思いもつかないような心の寂しさを抱え、そのことを、心細いだけでなく、恥ずかしいとも感じているのです。

だから、どうしても背中が丸くなり、声も小さくなってしまう。

そんな子どもたち一人ひとりに菊栄は「大きな声を出しなさい」「胸を張りなさい」「顔を上げて歩きなさい」と指導した。


不安でおどおどしている子にあれこれと理屈を言うよりも、たった一言、その子が努力しやすい、大事なことを言ってあげればよいのです。

菊栄は、親のない子たちが社会に出て堂々と生きていくために、障子の開け閉めから立ち居振る舞いに至るまで行儀作法を厳しく教え、菊栄自身も背筋をシヤンと伸ばし、毅然とした姿勢を決して崩そうとはしなかった。


どんな子どもにも人間としての尊厳があり、その尊厳は自由で平等でありかけがえのない存在であることなのです。

そのためには堂々と生きていけるように、礼儀作法を身につけさせ、コンプレックスを持たさないようにすることが肝要なのだという信念で、菊栄はこまやかに一人ひとりの面倒を見ていた。


ある時、山中で動物と一緒に数年間暮らし、山猿同然だった10歳のサエ(仮名)が、村人に付き添われて入園してきた。

当時の彼女の様子を、菊栄は次のように綴っている。

「髪は玉蜀黍 (とうもろこし) の毛のごとくばさばさにみだれもつれ、伸んだ(伸びた)真黒い爪 (つめ) でぼりぼりかいては虱 (しらみ) を落し、泥と垢(あか)にまみれた着物は、もみほぐした渋紙のやう、いつもはだしらしい足は、傷跡で一杯、よごれた顔をうなだれて上眼づかひにぎゆっと人をにらむ眼の光は、どうして10歳の童女と思はれませう」と。

菊栄でさえ、初めは「よう触るじゃろうかと思った」というが、彼女はその晩サエを風呂に入れ、自分も一緒に入って体を洗ってやる。

絡みついた髪も一本一本解きほぐし、綺麗に洗ってやり、湯から上がると、糊の利いた寝巻きを着せ、髪を可愛いリボンで結んでやった。

サエは鏡に映る自分の姿をまじまじと見つめていたという。

その晩から菊栄はサエを抱いて寝るようになり、菊栄は食事の仕方や下駄の履き方、文字の読み書きに至るまで、サエに付きっきりで教え、彼女にも、周りの人に対しても「まっことサエはええ子じゃあ」と褒 (ほ) め続けた。

次に続く!



おばあちゃんはここぞね―岡上菊栄の軌跡
おばあちゃんはここぞね―岡上菊栄の軌跡武井 優

鳥影社 2003-11
売り上げランキング : 1012277


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 生きる力の創造
ジャンル : 学校・教育

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ