FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生の価値転換
幼いころから体が弱かった上に小さいこともありよく苛(いじ)められていた。

苛めるほうには何の益もないが、苛められるほうは、その苛めをばねにして成長してきたという思いがある。

3歳で母を亡くし三田の龍源寺から学校に通っていた彼は、ほぼ毎日苛めを受けていた。

僧侶を父に持つ彼は、担任から「坊主にろくな人間はいない」とまで言われ、教師からも差別をうけた。

学校の帰の坂道では、脇道に引き込まれては苛められ、泣いて帰る日々だった。

やがて彼の心には、何とか仕返しをしてやろうと胸に込み上げるものが湧いてくる。

そんな息子に気付いたかのように、父から釈尊の言葉を教えられる。

「恨みに対して恨みをもってするなかれ」


釈尊の教えは、厳粛(げんしゅく)、敬虔(けいけん)、邂逅(かいこう)の三つに帰依するという。

厳粛とは、いまはいましかないという稀有(きう)、ありがたさ、このいまを大切に生きること。

敬虔は、自分一人では生きられない、自分一人の力で生きているのじゃない、多くのご縁による邂逅のおかげ、ということ。

邂逅は、出会い、巡り合わせ。

自分が本当の自分に出会うことで、これを挨拶の言葉で言うと、「ありがとう」「すみません」「はい」になる。

釈尊の教えとは「ありがとう」「すみません」「はい」である、と。


人生とは、昨日まで見えなかったものがきょうは見える、これまで何も感じなかったものに驚きを覚える、感動する。

大切なのは、苦の連続の人生をプラスに価値転換させることであり、日々自分を形成して成長させることに気づくことだと、在りし日の松原泰道は語っていた。



人生をささえる言葉―松原泰道の禅語
人生をささえる言葉―松原泰道の禅語松原 泰道

主婦の友社 2001-05
売り上げランキング : 964645


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

相手に対して
報復するという気持ちは、自分はまだまだ
相手同じ次元であり、ひどい仕打ちをした
人間と同レベルであるという事を表しているということですものね。
結局、いじめられる側にも何らかの弱点欠点があるから
そうされるという事が分からないままでいると、
その先も同じように相手は変わっても、同じ事の繰り返しに
なるようですね。
報復する気持ちというのは、自分には絶対落ち度は無いという
自責の念が全く起こらない場合にも感じる感情だと思います。

酷い事を言われたり、酷い仕打ちをされた事を
自分の生きていく糧にし、更にそういう経験が出来た事に感謝出来る様に
なれば、イジメる側に加わった者たちよりも、一歩も二歩も
次元が高まるものと思います。
いじめを受けた時に、しっかりとそれについて深く悩み、自分にも落ち度は
本当に無かったのか、相手に対して曖昧な態度や、保身だけに傾倒していなかったか。。などなど
自分を見つめなおすことが
大きく成長できるチャンスなのかも知れませんね。

応援凸
Re: No title
> おはようございます!
>
> 相手に対して
> 報復するという気持ちは、自分はまだまだ
> 相手同じ次元であり、ひどい仕打ちをした
> 人間と同レベルであるという事を表しているということですものね。
> 結局、いじめられる側にも何らかの弱点欠点があるから
> そうされるという事が分からないままでいると、
> その先も同じように相手は変わっても、同じ事の繰り返しに
> なるようですね。
> 報復する気持ちというのは、自分には絶対落ち度は無いという
> 自責の念が全く起こらない場合にも感じる感情だと思います。

感情に任せて事を進めることは良い結果を招きません。
どんな時も感情を高ぶらせず、冷静に処することが人生を価値あるものにするようです。
私はまだまだそうなることができませんが・・・・・
>
> 酷い事を言われたり、酷い仕打ちをされた事を
> 自分の生きていく糧にし、更にそういう経験が出来た事に感謝出来る様に
> なれば、イジメる側に加わった者たちよりも、一歩も二歩も
> 次元が高まるものと思います。
> いじめを受けた時に、しっかりとそれについて深く悩み、自分にも落ち度は
> 本当に無かったのか、相手に対して曖昧な態度や、保身だけに傾倒していなかったか。。などなど
> 自分を見つめなおすことが
> 大きく成長できるチャンスなのかも知れませんね。

自分を鍛え直す時期は誰にでも訪れます。
それが苦しみや悲しみに遭遇した時であったりもします。
自分だけが不幸のどん底にいるような錯覚にとらわれがちですが、もっともっと苦難の道を歩んでいる人は世の中にはたくさんいます。
自分の人生、自分で生きるためには強くなければならないし、また優しくなければ生きる資格もない。
すべては自らが行動しないと自分を変えることも出来ないし、何も始まらないのです。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。