FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生は真心の言葉 ES1
昭和時代後期の政治家に佐藤義詮(さとうぎせん)という人物がいた。

真宗大谷派の僧であったが、昭和21年衆議院議員、翌年参議院議員となり、のちに大阪府知事となった。

その佐藤義詮が大阪・船場の問屋にいった時の逸話がある


義詮が問屋の玄関に立った時、大きな扁額(へんがく)があり、平仮名で「みてござる」と書いてあった。

上に上がった応接間にも「みてござる」、お手洗いにも「みてござる」、仏間にも「みてござる」の額が飾ってある。

それで義詮が主人に「珍しいですね。扁額はよう読まない難しい字が書かれてあるものなのに」と尋ねた。

すると問屋の主人は次のような話を始めた。


主人は飛騨高山の出身で、小さい時に父を亡くし貧乏のどん底だった。

母は「どうしてもおまえを養えないから」といって、当時13歳であった少年を大阪に奉公にだす。


いよいよ明日は見知らぬ大阪に出発という日の晩、2人ともなかなか眠れない。

母は「じゃあ、お話しでもしようか」と夜が白むまで少年にお話をする。

貧乏でおまえに何もしてあげられなかった。

何か饅別をしたいんだけど、それもできない。

物を買うお金もないので、火にも焼けないし水にも流れない言葉をあなたに贈ります。

そう言って母は平仮名で書いて、少年に手渡したのが「みてござる」という言葉だった。


次に続く!



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

ひらがなで・・ですか^^
どんな年代にも理解される言葉に
した方が、より多くの人々の胸に残るように思いますね^^
私も好きな「相田みつを」の作品にも言えることのように思いました♪
それにしても、父母の恩は山よりも高く海よりも深し・・とは
まさにこの事だと思いました。
子供が窮地に追い込まれた時に、救ってくれる魔法の呪文の様な
ものを与えられるようなそんな母親に私もなってみたいものですね。
それには、私自身が色々なものをもっと蓄えなければならないと
改めて思いました。
いつも素晴らしいお話をありがとうございますm(__)m

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメントありがとうございます。

> おはようございます!
>
> ひらがなで・・ですか^^
> どんな年代にも理解される言葉に
> した方が、より多くの人々の胸に残るように思いますね^^
> 私も好きな「相田みつを」の作品にも言えることのように思いました♪
> それにしても、父母の恩は山よりも高く海よりも深し・・とは
> まさにこの事だと思いました。
> 子供が窮地に追い込まれた時に、救ってくれる魔法の呪文の様な
> ものを与えられるようなそんな母親に私もなってみたいものですね。
> それには、私自身が色々なものをもっと蓄えなければならないと
> 改めて思いました。
> いつも素晴らしいお話をありがとうございますm(__)m

同じ言葉でも、その時の状況によって生きた言葉にもなれば死んだ言葉にもなります。
親の生き方とは、黙っていてもその姿や顔に表れるようで、こ子どもの心に響く言葉を
伝えられるよう精進したいと思います。
親として子どもに教える教育とは、これを言うのだと思います。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。