FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生は真心の言葉 ES2
少年はその言葉を持って大阪に出るのですが、やはり辛い船場での奉公に苦悩する。

ある時淀川の堤防を歩きながら「辛いなあ、母さん恋しいなあ。この川にはまれば楽になれるのに」と思っていると、ふと「みてござる」という言葉が頭に浮かんで少年を引き戻す。

それからも、先輩からいじめられたり、いろいろ辛い体験をするのですが、そういう時のお守りが常に「みてござる」だったという。


この主人はやがて船場で店を張るまでに成功し、75歳で亡くなります。

臨終の場に息子たちや番頭を集めてこう言った。

いろいろお世話になりました。

私はおかげさまで成功できたと思うけれども、それには、やはり目に見えない私を引っ張ってくれるものがあった。

それが『みてござる』という言葉なんや。

どうか子々孫々に伝えて長くわが家の家宝としてほしい、と言って息を引き取った。


この「みてござる」という言葉は、佐藤義詮が法話の中で幾度となく語っている。

一つの真実を語り伝える人の真心の言葉は、毛穴から入るように浸透して、それが燈火(ともしび)になっていく。


佐藤義詮が「伝えたかった」こと、「言わずにはおれない」こととは、人生における心の真髄からほとばしる止めようもない気持ちであった。

生かされている世界、毛穴から入るような真心の言葉に巡り合うためにも、感性を研ぎ澄まし多くを学ぶ、そんな人間でありたい。



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。