FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自らの心を高める人生
企業の大きさは経営者の器以上にはならないという。

それと同様、企業の組織も、上に立つ者の力量でその組織の力も決まってしまう。

上に立つ者が優柔不断であれば、その組織は活性化せず、その日のことに追われるだけの未来のないものになる。

そしてそんな上司ほど、人を育てる能力も退化している。


それらに人に共通しているのは、合理(自分の都合)と論理(机上の空論)である。

目に見えるものを追いかけ、目に見える者に愛されたいと思う時、人は感謝を忘れ、傲慢になる。

目に見えない世界から愛されていることを忘れると、すべては崩壊へと進んでいく。


この世に生きる人は、すべてが愛された経験のある人。

お父さん、お母さん、お祖父ちゃん、お祖母ちゃん・・・いつも愛して信じてくれる人があったからこそ、私たちは赤ん坊から大人になり、いまがある。

それを忘れ、自分ひとりで生きてきたと勘違いし、一人で生きていけると思う心に、人生を見失う核が潜んでいる。


人は愛されて生きる側ばかりではなく、愛する側にまわる人生でなければならない。

愛する心が人の痛みを感じ、愛することで人生の見えない世界も見えてくる。

人間はいくら知識が進んでも、科学技術で生命をつくり出すことも、愛を生み出すこともできない。

この事実を忘れ、己を利するために不必要なものをいっぱい背負いながら歩む道には、何も生まれない。


地位や名誉、お金、学歴、あるいは意地や恨み・・・・。

自分を等身大以上に見せたいという見栄や虚栄心があるうちは、人は苦しむ。

エゴのために、保身のために背負っていたものを、一度捨て去ることが必要なのです。

その時心は大きく開かれ、そこに真に自らが進むべき道が指し示される。


人は本物の誇りと覚悟を持って突き進む時、与えられた天運をまっとうできるという。


目に見えるものだけを信じ過ぎるあまり、それを見失ってしまう。

人生は求めるものではなく、与えるものであるという。

求めることしかできない人の言葉は軽く、心に響くこともない。

心のありようが人生を決めていくことを忘れてはならないし、自らの心を高める努力も怠ってはならないと思うのです。



心を高める、経営を伸ばす―素晴らしい人生をおくるために(PHP文庫)
心を高める、経営を伸ばす―素晴らしい人生をおくるために(PHP文庫)稲盛 和夫

PHP研究所 2004-04
売り上げランキング : 1390


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

仰るとおり、人が成人まで成長出来たということは、家族の愛情が
そこまで育ててくれたのだと思うべきだと思いますね。
勿論、家族からの愛情を受けること無く育ってしまった人生であっても
誰かがその人間に愛情を注いでくれたからこそ、そこに存在する
のであり、決して一人で生き抜いて来た訳ではありませんよね。
自分しか信じて来なかったから、これからも自分しか信じられないと
過去を恨む気持ちは自分の世界を益々狭くしていく事だと思いますので
意固地にならずに、客観的に自分という存在をみつめ、生かされている理由を
常に求めながら行動していきたいものですね!

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 仰るとおり、人が成人まで成長出来たということは、家族の愛情が
> そこまで育ててくれたのだと思うべきだと思いますね。
> 勿論、家族からの愛情を受けること無く育ってしまった人生であっても
> 誰かがその人間に愛情を注いでくれたからこそ、そこに存在する
> のであり、決して一人で生き抜いて来た訳ではありませんよね。
> 自分しか信じて来なかったから、これからも自分しか信じられないと
> 過去を恨む気持ちは自分の世界を益々狭くしていく事だと思いますので
> 意固地にならずに、客観的に自分という存在をみつめ、生かされている理由を
> 常に求めながら行動していきたいものですね!

最近、人を信じることができない人にお会いしたことがあります。
自分の主義主張を言うだけでその場をつくろったり、ころころ主張を変える
ような人は、自分だけで生きているという感が強いのだと思います。
またそういう人の晩年は、仕事の世界から離れると周りにはだれも寄り付かなくなっています。

自分の都合で物事を決断している人も、いつかは生かされている真の意味を悟る時がくるようですが、
人様がいての自分の立ち位置をどう判断して、それを人生に生かすかでその後の人生は天地の差が出る
ようです。
人生はあっという間に過ぎていきます。
その瞬間瞬間を真剣に生きることが大切なのだと思います。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。