FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生は楽しみを持って
心は楽しむべし、苦しむべからず
身は労すべし、やすめ過すべからず

心は楽しみ、苦しめてはいけない、からだは動かし、休ませ過ぎてはいけない、という意味。


わが愚を以て聖心おしはかりがたしといへども
楽しみは是(これ)人のむまれ付(つき)たる天地の生理なり
楽しまずして天地の道理にそむくべからず
つねに道を以て欲を制して楽(たのしみ)を失なふべからず
楽を失なはざるは養生の本也(もとなり)

何事につけ自制心を働かせることは大切なことだが、逆に自制心が強過ぎて人生の楽しみまで失う様では行き過ぎだ、という意味。


人生においては心を苦しめるようなことがあってはならないし、人生の楽しみはいつも持って生きていくことが大事だと説いた貝原益軒。

益軒は福岡・黒田藩の下級武士の家に生まれている。

幼少期から虚弱で、しかも5歳で母親を13歳で継母を亡くし、父親も益軒の生後間もなく失職し禄を失うなど家庭的には極めて不遇であった。

19歳の時に仕官したが、すぐ免職になり、7年間も浪人生活を送っている。

益軒はそういう中でも独学で医学や儒学を学び、27歳で黒田家に再仕官し、71歳までの44年間、藩士兼学者として勤め上げる。


驚くのは、『養生訓』『楽訓』などの書物を著したのは80歳を超えた最晩年という点である。

逆境を生き抜いた苦労人だけに、『養生訓』の文章は人々に対する思いやりで溢れている。

食事の方法から呼吸法、育児法、病の時の心構えまで、誰にでも分かる平易な和文で実に細かく具体的に書き記している。

虚弱な体で生まれ85年を生きた自身の人生経験を、あますところなく人々に伝えたいという気迫が伝わっている。


人間は学び続け、それを実践できなければ本物ではない。

あちこちに気を散らすことなく、目の前にいる人、目の前にある仕事を天職と捉えて大事にし、自分を少しでも磨き高め、感謝の心で生きていく覚悟が必要だと思うのです。



養生訓 現代文
養生訓 現代文貝原 益軒 森下 雅之

原書房 2002-05
売り上げランキング : 100251


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト

テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

私も本当に相手のために物事を考えられる人というのは、
小さなお子さんから、ご高齢の方まですべての世代の方が理解出来るような
平易な言葉を選んでお話をされる方だと思いますね。
わざわざ普段は使わない様な難しい言葉を羅列したり、カタカナ語を織り交ぜたりしながら
流暢に話をされる方がおりますが、相手への理解というよりも、自分を単に飾り立てるか、
或いは言葉で武装しているかのようにしか感じず、非常に距離感を感じるものですね。
自分を偉く、大きく見せる為の戦略なのでしょうけれど、人の心までは開くことは出来ません。
小さき人には膝を折り、相手の目線と同じように歩み寄って話をする姿勢という優しさというのは、言葉にも反映されますね。

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんにちは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 私も本当に相手のために物事を考えられる人というのは、
> 小さなお子さんから、ご高齢の方まですべての世代の方が理解出来るような
> 平易な言葉を選んでお話をされる方だと思いますね。
> わざわざ普段は使わない様な難しい言葉を羅列したり、カタカナ語を織り交ぜたりしながら
> 流暢に話をされる方がおりますが、相手への理解というよりも、自分を単に飾り立てるか、
> 或いは言葉で武装しているかのようにしか感じず、非常に距離感を感じるものですね。
> 自分を偉く、大きく見せる為の戦略なのでしょうけれど、人の心までは開くことは出来ません。
> 小さき人には膝を折り、相手の目線と同じように歩み寄って話をする姿勢という優しさというのは、言葉にも反映されますね。

人間はどうも他人と比較したがる生き物のようです。
比較するとそこには欲が芽生え、その欲が苦難を招きます。
人生と共に色々なものを身につけ過ぎて、それがかえって人生を狂わせる。

人生は楽しく過ごすことが大事だと言いますが、色々なしがらみやその時の気持ち次第で
楽しく過ごすことができない時が多いように思います。
どんなことがあっても前向きに明るく過ごしたいと願っていますが、人生そう簡単には行きませんね!

>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。